VWAPとは?初心者でもわかる使い方・見方をやさしく解説

VWAPとは?初心者でもわかる使い方・見方をやさしく解説テクニカル分析

 

VWAPとは【Volume Weighted Average Price】の略で、日本語にすると【出来高加重平均価格】といいます。

わかりやすく言うと、その日に取引された価格の平均値のことです。

でも、単純な平均値ではなくて、ある価格で取引された出来高も含めて計算するので、出来高加重平均価格と呼ばれるわけですね。

 

主に機関投資家達が使う指標であり、個人投資家にはあまり馴染みがないものかもしれません。

しかし、これを知れば株式市場の主役ともいえる機関投資家達の動きを予想できる可能性があり、大きな流れを読んで取引をする手助けになるかもしれませんよ。

難しいものではないので、ぜひ覚えてしまいしょう。

 

VWAPとは特定の期間の株価の平均のこと

まず最初にVWAPを根本から理解するために仕組みを解説しますよ。
ちなみに、【VWAP】の読み方は【ぶいわっぷ】です。
分かりやすいので大丈夫です。どうぞゴロゴロしながら読んでください。

 

冒頭で【VWAPというのは、その日の株価の平均値】とお伝えしました。
ここでまずは算数の基本の話になるのですが、平均値を計算するには【平均を求めたい数の合計÷個数】で求めますよね。

 

では、株価の平均を求める場合はどうでしょうか。

例えば、
その日に100円、200円、300円、という価格で3回取引されていたら、
(100+200+300)÷3=200なので、この日の株価の平均値は200になります。

でも、これはあくまで例えであり、現実にこんなことはほぼあり得ないですよね。

なぜなら、株取引では必ずしも100株(1単元)だけで取引されるわけではないから。

取引された履歴である歩値を見ても分かる通り、
100円で200株、101円で500株、100円で100株、101円で200株、102円で1000株…
という風に取引されています。

 

株価の平均には出来高なしには計算できない!

もうお気づきの方も多いと思いますが、その日の株価の平均を知るためには
取引された枚数である出来高が絡んできます。

例えば、
100円で100株(1単元)、110円で500株(5単元)、120円で300株(3単元)で取引きされた場合は、
価格とその数だけで計算する平均値は110円ですが、出来高を含めて考える場合は全く違う計算になります。

つまり、【特定の株価×量(出来高)の総量】ということが必要になりますが、
この要素はどこかで見たことがありますね。

投資家には毎度おなじみ、売買代金のことです。

ということで、出来高を含めた場合の計算式は下記のようになります。

【売買代金(取引された株価×出来高の合計)÷出来高の合計】

先ほどの例にあてはめて計算してみると、
(100×1)+(110×5)+(120×3)÷(1+5+3)
となり、答えは112になります。

その日の取引された株価の平均は112円、これがVWAPの数値です。

 

出来高×株価である売買代金を加えて考えているから、
【出来高加重平均】なんて大層な名前になっているわけですね。

 

VWAPの使い方~実践編~

VWAP値は一応オシレーター系のテクニカル指標の一つとされておりまして、実践的な使い方の例を考えてみましょう。

VWAPがどのようなものか、先ほどの例を思い出してください。
特定の期間に取引された価格とその量から、平均値を割り出していましたよね。

つまり、その特定の期間中は【VWAP値に近い金額で買った人が多い】ということが分かります。

 

ということは、
VWAP値よりも高い値段で買った人は含み損になっている可能性が高く、
VWAP値より低い価格で買った人は含み益になっている可能性が高い、
ということでもあります。

これを踏まえて、VWAPのラインはレジスタンスライン・サポートラインとして機能してくれるのです。

 

例えば、
現在の株価が90円だとして、それより上の100円付近でVWAPが推移しているとしましょう。

この場合、100円付近で買った人が多く、その人たちは現在含み損である可能性が高いわけですよね。
含み損の株が買値付近に近づくと「やっと含み損がなくなった!」と売りを入れてくる人が多くなるため、
VWAP値である100円付近になると売りが強くなる可能性があるんです。

逆に、現在の株価よりも下でVWAPが推移している場合も、それと真逆の現象が起きるためサポートラインとして機能するというわけ。

※後程解説しますが、機関投資はVWAP値付近で売買を行いたがる性質があるため、余計にレジスタンスライン・サポートラインとして機能しやすくなっています。

 

更に、非常に単純に市場の強弱を読むうえで便利です。
株価の↑でVWAP値が推移していると、売り目線の人が多い雰囲気
株価の↓でVWAP値が推移していると、買い目線の人が多い雰囲気
という風に読み解くこともできます。株の市場では雰囲気が大事です。

 

機関投資家がVWAPを重視する理由

VWAPの見方が分かったところで…冒頭でも少し出てきましたが、なぜVWAPが機関投資家達にとって重要なのでしょうか。

その理由は、機関投資家が【VWAP取引】という取引をしているからです。
VWAP取引とは何かというと、機関投資家が証券会社と直接株の売買を行う取引のこと。

 

機関投資家は個人投資家と比べ物にならない量の株を取引するわけですが、ザラ場中に大量の注文をしてしまうと、株価が大きく動いてしまいますよね。
これを避けるために、証券会社に委託して株を集めてもらい、それを直接証券会社から買うのです。
その際にいくらで売買されるのかというと、VWAP値なんですよ。だからVWAP取引と言われるわけです。

国内外の機関投資家がよくやる取引で、市場に与える影響を最小限に抑えつつ大量に売買ができる画期的な方法といえます。

 

ちなみに、個人投資家でもVWAP取引ができる証券会社もありますよ。
ただ、取引手数料がやや高いので、中長期で株数の多い取引をする際は検討してみても良いかもしれません。

 

大量の株を売買できる時間帯

ところで、一日の中で一番出来高が高い時間帯をご存知でしょうか?
そう、皆さんにとってはお馴染みかもしれませんが、寄り付きと大引け間際です。

実は、証券会社も寄り付きと大引け間際に機関投資家から注文の入った株を売買するべく注文を出しているのだそう。
なぜなら、寄り付きと引け間際には注文が殺到するので、一番取引がしやすいためです。

 

例えば、後場の13~14時には中だるみして出来高が減っているところをよく見ると思いますが、
あの時間は取引してくれる相手が少なく、希望する価格で売買することが難しくなります。
だから寄り付きと引け間際の沢山取引される時間帯を狙うということですね。

 

VWAP以前の問題で良い銘柄が見つからない!という場合

「VWAPを知っても、そもそもで良い銘柄が分からんのよ」
「VWAPで武装しても、活用する場がないんじゃ」
「シンプルに理解できないし、何も考えたくないから良い銘柄だけ知りたい」

という方は、こちらがおすすめ。

新生

私が見ている範囲でも、騰落率が+20、最大で+100%を超える銘柄まで紹介していたメルマガです。
無料で銘柄が見つかることもあるので、ご自由にどうぞ。

VWAPで機関投資家の動向に注視

私たち個人投資家と機関投資家は資金力も取引の方法も培ってきたノウハウも、何もかも違いすぎるものです。
機関投資家がシャチなら、私たちはスベスベマンジュウガニです。

ただ、彼らの動向や意図を知ることができれば、私たちも相場の中で上手く利益を出す方法もきっとあるはず。

そんなわけで、
【機関投資家はどのあたりの価格帯で売買しただろうか】
【今この銘柄を持っている多くの人は含み損なのか含み益なのか】
ということをVWAPから読み解いて、上手く相場の荒波を乗り切ってみてください。

 

では、あなたの取引が豊かで充実したものとなるよう、心から願っています。
今回はこのへんで失礼します。また今度。

 

 

🥰よく読んでもらえています🥰

💝無駄遣い代を稼ぐための銘柄

💝年収300万OLの悲惨すぎる貯金事情

💝もう無理…不満が大爆発した節約術

💝リピ確定!楽しくて大正解だった買い物一覧

💝後悔しかない…過去の大失敗だった買い物一覧

 

ランキングに参加しています! ブログが面白かったらぽちっとお願いします😘

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

「このブログの読者になってやるぜ仕方ないな」という男気溢れる方はこちらをぽちっと。↓

株初心者もちこのゆるゆる株日記 - にほんブログ村