ちょっとひねくれていて、オシャレな音楽が好きな方にオススメ

ちょっとひねくれていて、オシャレな音楽が好きな方にオススメ 音楽

 

 

こんにちわ、もちこです。

今日もひねくれていますか?
私はぼちぼちです。

 

ちょっとひねくれていて素直じゃない方に大人気といえば、UKですよね。異論は認めません。

UKはオシャレな気難しさというか、洗練された静けさというか、とにかく独特のセンスを持つバンドが多いものです。
でも、不思議なことに「あ、これは多分UKだ」とすぐわかるので、何か共通しているものがあるんでしょうね。
洗練されていて、尚且つ根暗っぽくて、気難しくて美しい感じです。

 

音楽大国なので音楽を聴く機会も多く、自然と洗練された音楽になっていくんでしょうか。
北欧のメタルにはない洗練された何かがあります。(北欧のメタル大好きなんですけどね)

 

そんなわけで(?)、今回はオシャレかつ程よく暗くて安心するバンド、【Two Door Cinema Club】を紹介します。
ジャンルはエレクトロ・ポップ、ロックという感じです。

 

結構有名なバンドなので、ご存知の方も多いかもしれませんね。
現在ではUKを代表するといっても過言ではないバンドです。
サマソニにももう5回も出演していますよ。

 

TWO DOOR CINEMA CLUB | WHAT YOU KNOW

 

疾走感のある曲が多く、日本人好みの説明的なメロディーや分かりやすいサビもありつつ、やっぱり圧倒的にUKっぽさがあります。

 

何より、ヴォーカルの声が王道の美しさが聴きやすさを助長しているように思います。本当に透き通った良い声です。
この声でふわっと歌うだけで大分オシャレな感じします。
優しいような、残酷なような、無感情のような。

Two Door Cinema Club – Are We Ready? (Wreck) [Official Video]

こちらの曲は大分不穏な空気をまとっています。
ヴォーカルの声が良い感じに不気味でたまらないです。

バンドサウンドの曲もありますが、変わった電子音もよく使います。
それと、MVが面白いのが多いのも魅力です。

 

Two Door Cinema Club – Satellite (Official Video)

 

ややシュールな世界観です。
平和な雰囲気の曲もあるにはあるのですが、突き抜ける程の明るさはなく、どこか不穏な空気を残しています。

 

楽しいだけじゃつまらないとか、不幸が一滴も混じっていない幸せに違和感を覚えるタイプの方が好きそうです。
あくまで私の見ている範囲内の話ですが、意外とそういうタイプは多いと思うのですが、どうでしょうねw

 

 

ちょっとひねくれていて、でも果てしなくオシャレな空気に染まりたいとき、是非 Two Door Cinema Club をおそばにおいてくださいませ。

 

では、今日はこのへんで失礼します。

 

 

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘
(いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 押せ押せもちこ2

コメント