年収300万OLの悲惨すぎる貯金事情5~言葉を失った初心者殺しの罠~

年収300万OLの悲惨すぎる貯金事情5~言葉を失った初心者殺しの罠~ 株の話

 

 

こんばんわ、深夜のもちこです。

最近の深夜の更新はいつもこのお話ですが、
今回は【年収300万に毛が生えた程度のOL、もちこ】がなぜ株式投資をはじめたのか? というお話の続きです。

【年収300万OLの悲惨すぎる貯金事情】の1~4話はこちら。

 

★前回までのあらすじ★
ごく一般的な年収300万のOL、もちこは三十路過ぎなのに貯金がないことに焦り節約を開始。
しかし、極端に我慢を重ねる過酷な節約を突然はじめたためか、開始早々に不満大爆発。
「うるおいが足りねえ。無駄遣いさせろ。さもなくば一揆だ」

そこでお金を【増やす】ことにシフト。
過酷な節約によってある程度貯金はできていたので、そのうちの10万円を使って株式投資を開始。

全てが順調に思える中、株式投資の世界に触れた途端、あまりの複雑さに早速の挫折を経験。
しかし、後にもちこの師匠となる株経験者の上司が「習うより慣れろ。まず取引しろ」というアドバイスにより、ひとまずもちこはブログと証券口座の開設を行う。

そしてついに、何気ない通勤電車の中でもちこは株取引を開始。
デイトレードにはまるもちこだったが、ある日悪魔のように魅力的な銘柄】と出会うが…。

 

前回は私が【悪魔のように魅力的な銘柄】と出会い、トレードを開始したところでした。

とんでもない大きさの陽線を引きながら推移し、SNSでも【これはもっと上がる】【今買わないと乗り遅れる】というトキメキを感じさせる言葉ばかりが踊っている銘柄で、とんでもない規模のフォロワーを率いるインフルエンサーと思しき方がすすめていました。
私はひらりと軽やかにエントリーして、ぐいぐい上昇する株価にうっとり。

 

かつてない利確の予感にドキドキしていたというのに、電車を乗り換えるために一瞬だけスマホから目を離した私は、
ドキドキどころか心臓が止まるような心地を味わいます。

私が電車の乗り換えで目を離したのはたった数分なのに、その間に株価は恐ろしく下がっていました。

 

時刻は大体9:45頃。寄り付きに伴う売買の一巡が終わる頃です。
デイトレをしている方にはおなじみの時間であり、初心者のデイトレーダーが損をしやすい時間でもあります。

私の買った銘柄は、買ったところがほとんど天辺で、そこから突然大陰線を引いていました。
呆然としながら何とか電車に乗って、真っ白になった頭で推移を見守ります。この時点で、それでも私はまだ期待していたんです。

「大丈夫、まだ上がるはず。だってさっきまであんなに上がっていたし、あのインフルエンサーはもっと上がると言っていた」

嫌な予感に頭の中がグルグルと回るような感覚を味わいながら、私はTwitterで銘柄名を検索していました。
【それ見たことか】【だから言ったのに】【逃げといて良かった】という言葉が並ぶなか、肝心のインフルエンサーの人は既に別の銘柄の話をしていました。

今思うと「おいもうやめろ」としか言いようがありませんが、当時の私は含み損になって、誰も話題にしなくなっても【まだ株価は戻る】と信じていたんです。
100株しか買っていなかったので、損失が数千円だったということも、含み損に耐えさせる原因にもなってしまいました。(逆に言えば強気になって100株以上買っていなかったことは運が良かったとも言えます)

 

しかし、私の期待をよそに、寄りから引いていた大陽線の8割程度を消化するほどの下落を見せて、その後は急激に出来高が少なくなります。
寄りからの暴騰ともいえる推移からの急落という目まぐるしい展開は、すっかり私の気力を奪い、その日は一日中ぼうっとしていました。

結局その銘柄は持ち越しましたが、上がることも下がることもなく、急落したところで緩い推移を繰り返すばかりで、数日後に呆然とした気持ちのまま売りました。
株価はインフルエンサーの人が言うよりもはるかに低く、むしろ暴騰する前の水準に戻り、そこからの動きはほぼなかったと思います

 

あとになって分かったことですが、その銘柄は【煽り銘柄】と呼ばれるもので、初心者を待ち受ける典型的な罠【はめ込み】に嵌まったことが分かりました。
SNSで見たインフルエンサーの正体は【煽り屋】で、一緒に煽っていた人たち煽り屋の信者、または面白がって参加している人、そして当時の私のように煽られた人も、あの暴騰と急落に参加した人は全てひっくるめて【イナゴ】と呼ばれることを知りました。

 

当時は衝撃でしたし、自己責任の意味も嫌というほど分かりました。
何より私は、【株取引が想像していよりもはるかに危険で、賢い人たちが参加していること】を知ったんです。

まず初心者ははめ込みに注意しなければいけないこと。SNSや掲示板に書いてある内容をそのまま信じてはいけないこと。
上級者の人たちは【煽り屋】や【イナゴ】を利用するもの、または避けるもの、あるいは余興として考えていることも。

そして煽り屋よりもある意味で恐ろしい、桁違いの規模の資金を動かす機関投資家という存在がいて、その人たちはアルゴリズム取引と呼ばれる、常人では絶対に勝てないようなツールを使っていること等等…市場参加者にはどんな人たちがいるのか、ということを知りました。

その件がトラウマになっているので、私はいまだに低位株はできるだけ取引したくないと考えています。特に、材料も出ていないのに唐突に急騰して、値上がり率ランキングに現れるような低位株です。
最近は以前より少しは知識も経験もついてきたので、少しだけなら挑戦してみたいですが、ロットの大きい取引はしないでしょう。

「もう株なんてやめてやる!」とその銘柄を歯ぎしりしながら見つめていましたが、結局馬鹿らしくてすぐに忘れることにしました。
お金が返ってくるわけでも、私の悔しさが取り返せるわけでもないことは分かっていたのです。

 

結局、取引をする気はなくともSBIのアプリを開いて株価の推移を眺める日が数日続きますが、私は電車の窓に流れる景色を見ながら考えました。
私は「あの煽り屋の言う銘柄に今度こそ上手く乗れる気がする」と考える程に純粋でもなく、誰かをアテにしていませんでした。自分以外をアテにすると同じ轍を踏むだろうという確信めいた予感だけはあったんです。
なので、逆に【煽り屋がいない銘柄】は何かと考えて、そこでもう一度取引をしてみたくなったのです。

そして私ががたどり着いたのは、今度は機関投資家達の主戦場、東証1部の大型銘柄でした。

 

目の付け処は悪くありませんでしたが、またしても私は壁にぶち当たります。
全く約定しない注文、あまりにも鈍い動き、日経と連動しすぎて引く値動き、大きく狙えない値幅……
私を待ち受けるのは、東証1部ならではの洗礼でした。

が、この話はまた次回!
今回も長々とお付き合い有難うございます。

次もまた読みにきてくれたら嬉しいです。

 

 

 

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

「このブログの読者になってやるぜ仕方ないな」という男気溢れる方はこちらをぽちっと。↓

株初心者もちこのゆるゆる株日記 - にほんブログ村

 

↑もちこがいつも参考にしているメルマガです。
お得情報を見逃さないように、無料メルマガをチェックしてみる?

無料なので受け取らにゃソンソン。