年収300万OLの悲惨すぎる貯金事情3~ドキドキの初取引~

年収300万OLの悲惨すぎる貯金事情3~ドキドキの初取引~株の話

 

 

こんばんわ、深夜のもちこです。

最近すっかりこの時間に更新することに慣れてしまいましたが、
【年収300万に毛が生えた程度のOL、もちこ】がなぜ株式投資をはじめたのか?というお話の続きです。

 

★前回までのあらすじ★

ごく一般的な年収300万のOL、もちこは三十路過ぎなのに貯金がないことに焦り節約を開始。
しかし、極端に我慢を重ねる過酷な節約を突然はじめたためか、開始早々に不満大爆発。
「うるおいが足りねえ。無駄遣いさせろ。さもなくば一揆だ」

そこでお金を【増やす】ことにシフト。
過酷な節約によってある程度貯金はできていたので、そのうちの10万円を使って株式投資を開始。

全てが順調に思える中、株式投資の世界に触れた途端、早速の挫折を経験。
「すべてが難解すぎる。クリアさせる気のないクソゲー。★1つ」と吐き捨ててやめるかに思われた。
しかし、後にもちこの師匠となる株経験者の上司が「習うより慣れろ。まず取引しろ」というアドバイスにより、ひとまずもちこはブログと証券口座の開設を行う。

そしてついに証券口座が開設され、運命のXデー。
もちこ初の株取引がはじまる…!!

 

 

前回と前々回のお話はこちら。

年収300万OLの悲惨すぎる貯金事情

年収300万OLの悲惨すぎる貯金事情
気付けば2周年でした。有難うございます。改めまして、私が株をはじめた理由を聞いてください。

 

年収300万OLの悲惨すぎる貯金事情2~勉強の始まりと挫折~

年収300万OLの悲惨すぎる貯金事情2~勉強の始まりと挫折~
貯金の一部を種銭に、株を始めることにしたもちこ。しかし早速、挫折を経験します。

 

今回ははじめての株取引をした時のお話です。

無事に証券口座を開設した私は、いつ取引しようか迷いながら、心のどこかで「もう少し勉強してから」と考えていました。
最低限のルールを覚えただけでは、まだ実際のは取引は早いのではないか、それに「怖い」「得体が知れない」「大きく負けたら嫌だ」という気持ちもあったんだと思います。
しかし同時に好奇心もあったので、いつでも取引できるように、証券口座には10万円だけ入れてありました。

 

そして運命の朝が訪れます。

私は通勤中の電車に揺られていました。何か特別なことがあったわけでもなく、本当に普通の平日の朝です。
いつもの電車で、いつもと同じ流れる景色を見ていて、取引する予定なんて全くありませんでした。

何気なくその日の星占いを見ようとスマホを開いたとき、時刻は丁度9時を過ぎた頃でした。
9時といえば、東京証券取引所で株取引が始まる時刻です。
「もう今日の取引が始まったんだろうな」と何気なく考えたとき、なんの前触れもなく「今株を買ってみようかな」と思いついたんです。本当に魔が差したともいえる唐突さでしたが、今始めないとずっとはじめないようにも思いました。

 

何の計画もなく、前もって銘柄を調べるということもせず、とりあえずSBIのアプリを開いてみると、多くの指数がチカチカとせわしなく推移していました。

当時は日経先物もマザーズ指数もTOPIXも、何のためにあるのか分からなかったので、「よくわからない数字がチカチカしてる」くらいにしか思っていなかったんです。
でも、その日は各指数が自分のために動いているように見えました。

指数の中で日経平均だけは知っていて、【日経平均株価は日本の景気を表す。この指数が上がっていると、みんな強気になれる】くらいの知識はあったので、一応日経だけは確認したかもしれません。

それ以外は何も確認しないまま、適当に目についた値上がり率の高い低位株のチャートを確認して、長い陽線を連続で引いている様子から、これにしようと決めました。
今思うと危ういことこの上ありません。笑

 

銘柄は覚えていませんが、値上がり率ランキングにいた当時700円くらいで推移していた低位株だったと思います。
証券口座には10万円しか入れていなかったので、低位しか取引できなかったこともありました。

通勤する電車の中で吊革につかまった手が少し震えていて、大して見方も分からない板を何とか読んで、注文画面から思い切って指値を入れました。
出来高の多い銘柄だったのか1分もかからずに約定して、私ははじめて株取引をして【株主】になったんです。
たった100株しか保有していませんが、私はその会社の価値を買ったんです。

株取引をする前はあんなに偉そうに遠くに見えた【株式投資】は、あっけない程小さな規模ではじまり、私の手のひらの中で数字となって推移していました。
「たったこれだけだったんだ」と思うと、とても嬉しかったことを覚えています。

 

ドキドキして推移を見つめていると、3~4円上昇した後に動きが止まり、1円下がったり上がったりを繰り返していました。
1円上がれば嬉しくて、1円下がると売ることを考える。たったの1円で気分でグラグラと揺れます。
まだ使い方が覚束ないSBIのアプリで、自分の保有している株の損益を確認する画面を見つけ出し、5分足チャートと損益の画面を交互繰り返し見ていました。
なぜか気分は【カイジ】です。あの瞬間だけ私の周囲には【ざわ…ざわ…】という擬音が飛び交っていたことでしょう。

 

値動きに集中するあまり降りる駅を間違えてしまいそうで、いつもの電車なのに定期的にきょろきょろしていました。
乗り換える時は流石にスマホを見ているわけにはいかなかったので、ずっと不安で挙動不審だったと思います。

そして無事に次の電車に乗って空いている席に座ったところで、やっと株価を確認できました。
はやる気持ちを抑えて見てみると、買ったところから5円上がっていたのでほっとして、けれどこの段階で相当ドキドキして疲れていたんです。
なので、「今日はもういい…」とすぐに売り注文を出して、はじめての取引で500円の利確をしました。
緊張したけれど嬉しくて、その日はじめて私は株の楽しさを知ります。
そしてすっかり味をしめて、その日から私は通勤する電車の中で少額のデイトレを始めることになったのです。

が、しかし。

そこから数週間後、またしても私は壁にぶち当たります。
どうしたらいいのか分からず、途方に暮れ、やはり株なんて人類の1%、本当に一部のブルジョワジーな賢人たちの玩具なんだ…と絶望します。

が、この話もまた長くなるので、また次回に続きます!
今夜もお付き合いくださり有難うございます。また今度。

 

前回と前々回のお話はこちら。

年収300万OLの悲惨すぎる貯金事情

年収300万OLの悲惨すぎる貯金事情
気付けば2周年でした。有難うございます。改めまして、私が株をはじめた理由を聞いてください。

 

年収300万OLの悲惨すぎる貯金事情2~勉強の始まりと挫折~

年収300万OLの悲惨すぎる貯金事情2~勉強の始まりと挫折~
貯金の一部を種銭に、株を始めることにしたもちこ。しかし早速、挫折を経験します。

 

 

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

「このブログの読者になってやるぜ仕方ないな」という男気溢れる方はこちらをぽちっと。↓

株初心者もちこのゆるゆる株日記 - にほんブログ村

 

↑もちこがいつも参考にしているメルマガです。
お得情報を見逃さないように、無料メルマガをチェックしてみる?

無料なので受け取らにゃソンソン。