話題のテーマ株の特徴とメリットデメリットをわかりやすく解説!

話題のテーマ株の特徴とメリットデメリットをわかりやすく解説! 株の基礎知識

 

 

テーマ株とは、現在の市場で話題になっている材料の関連銘柄群を、ひとまとめにして分類したものです。
テーマごとに関連する銘柄をまとめて【●●関連銘柄】と呼びます。

各テーマは、需要の高まりから注目されている技術やモノ、サービス、社会問題に関係するもの、更にマーケットスケジュールに関係するものなど、様々なものがあります。

 

その中でも特に話題になるものは、例えばEVやAI、または国策や企業決算など強力な材料によって注目される】というのが特徴です。
そして【このテーマが注目されている】【需要が見込める】という期待と思惑だけで、同じテーマに所属する銘柄群が一斉に売買され、株価の推移が似ることがあるんです。

 

直近のマーケットで話題となっているテーマを挙げれば、新型コロナウイルスや5G、そしてEVやAIなどの先端技術に注目が集まっており、これらのテーマの関連銘柄はまさに【旬のテーマ株】と言えるでしょう。

旬のテーマ株は資金が集まりやすく、投資家から非常に人気のある銘柄群ですが、実は初心者さんにとって少し扱いづらい特徴があったりします。
ここでは旬のテーマに関連する銘柄の特徴と、そのリスクをわかりやすく解説したいと思います。

 

 

旬のテーマ株とは何か?

現在注目されている旬のテーマに深く関連する銘柄を、俗に【テーマ株】と呼ぶと言いましたが、いまいち想像がつかないかもしれません。

では実際に2018年~2020年までに話題になったテーマを見てみましょう。

  • 2018年=AI・5G・カジノ・全固体電池など。
  • 2019年=AI・5G・バイオ・キャッシュレスなど。
  • 2020年=半導体・水素・新型コロナウイルス感染拡大関連(マスク・消毒液・ワクチン・テレワーク・巣篭もり需要)など。

ご覧の通り、世の中の仕組みが大きく変わる時に導入されるシステムや、国が動かす新たな事業などが材料となり、そのテーマに関連する銘柄が旬のテーマ株と呼ばれるわけです。

どれも人々の関心が非常に高いテーマだったので、これに関連する銘柄は相場を揺るがす程に大きく動き、連日資金が集中していました。

 

旬のテーマ株の特徴

旬のテーマ株というのは、多くの場合【値動きが粗く速い】という特徴があります。
なぜなら、旬のテーマ株というのは世間の流れや国策といった強烈な材料があるため、非常に多くの投資家から注目されているためです。

 

少し想像してみましょう。

旬のテーマ株というのは、その期待値の高さと話題性から、瞬く間に多くの投資家と資金を集め、急激に株価が膨らんでいきます。
更に、それにつられて短期的な利益を狙う投資家も集まるため、もっと大きな流れを作り出すのです。

このように多くの思惑や期待が渦巻いてくると、お金での殴り合いが発生しまして、株価が常に大きく動き続けることになりますよね。
いわゆるボラティリティが高い状態になりやすいんです。

 

そして流行や旬というものは、爆発的な人気が出たと思えば、潮が引くようにあっという間に廃れていきます。
銘柄の場合も同じです。
そのテーマの流行が終わる瞬間も非常にあっけなく、熱狂が嘘のようにすぐ株価が下がります。

もちろん、今後ずっと需要を見込めるようなサービスを提供している銘柄であれば、その限りではありません。
ただ、旬のテーマ株が大相場を築いた後は株価が一旦落ち着く場合が多いです。

 

テーマ株のメリットとデメリット

では、旬のテーマ株のメリットとデメリットは何でしょうか。
【値動きが荒く速い】という特徴ゆえに、決定的なメリットとデメリットがあるため、取引する場合は必ず覚えておいてください。

  • メリット=一瞬で大きな利益が狙える。
    話題性と期待値の高さから短期的に資金が極端に集中するため、短期的に非常に大きな利益を得ることが可能です。
    いわゆるテンバガー銘柄(株価が10倍に膨らむ銘柄)もテーマ株に分類されていることが多いです。

  • デメリット=短期的な急落で大きな損失を抱える可能性がある。
    値動きが荒く、短期的な大きな利益を狙えるということは、同時に短期的な大きな損失となる可能性もあるということです。
    特に初心者の場合は、「株価が天にも届きそう! 乗るしかないこのビッグウェーブ!!」と思って買ったところが天井、ということも起こり得てしまいます。
    テンバガーの逆で、買ったところから株価が1/10になってしまうこともあり得るということです。

 

テーマ株は成長性が不明な銘柄が多い?

話題になって実際に株価が上昇しているテーマ株の中には、時々首をかしげたくなる銘柄が紛れていることがあります。
業績はいまいち、もちろん成長性もいまいち、という銘柄です。

「なんでこんな将来性なさそうな銘柄が注目されてるの?」

と思うかもしれませんが、実はこれに気づくことが非常に重要なことだったりします。

こういった銘柄は【旬なテーマに関連している】というだけで、投資家の期待値が先行し、お祭り状態なっていることがあるんです。

「今はこんな会社だけど、今が旬のテーマに関連した銘柄だし、ここから巻き返せるのでは?」
「この会社がV字回復する前に仕込んでおくのがデキる投資家」

と考える人が多いわけですよ。

 

そのテーマが旬であるうちは良いかもしれませんが、結局さほど成長性がないため、旬がすぎると急速に話題性も人気も失われるので、株価はもちろん下落します。

大きな利益を狙いたい気持ちは分かるのですが、少しでも成長性や業績に違和感を感じる銘柄は、慎重に取引をした方が良さそうです。

 

テーマ株に手を出すならリスク管理は万全に

旬のテーマ株は夢がある分、相応のリスクがあります。
中にはギャンブル性が強い銘柄も含まれているので、取引する場合はリスク管理を万全の状態で挑んでみてください。

特にありがちな状態として、流行が終わってしまったことに気付きながらも「また注目される日が来るかも」と保有を続けることです。
このやり方は塩漬け株を作り、機会損失を招くことになってしまいます。

損切りラインを明確にするなど、あらかじめ考え得る限りの対策をしてみてくださいね。

では、今回はこのへんで失礼します。また今度。

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘ (いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

 

分かりやすく勝てる方法。それは当たり屋につくことです。
直近では[6982]リードで+469.45%という脅威の利益を叩き出すなど、ありえない銘柄を推奨しています。
無料で会員登録すると、市場がやってる日なら毎日無料メルマガで1つ銘柄を教えてもらえますよ。
↓↓もちこがいつもお世話になっている投資顧問さん↓↓

無料で会員登録すると、市場がやってる日なら毎日無料メルマガで1つ銘柄を教えてもらえますよ。
プロの選ぶ銘柄は勉強にもなるので、よく利用させてもらっています。