株初心者女子が解説! 移動平均線の使い方①

株の話

 

あけましておめでとうございます!
ことしも順調に株初心者女子のもちこです。

 

お正月はおばーちゃんの家で、デブ猫と一緒にゴロゴロしてました。
猫は癒やしですね。猫は愛の光であり、真実です。

そんな猫とゴロゴロしながらおばーちゃんの料理食べるという、まさに地上の楽園でした。
お正月って最高では? もうずっとお正月でいいのでは……?

 

 

ところで、今回から移動平均線の勉強をはじめたいと思います。

 

ただ、サラっと調べてみた時点で、アホみたいに難しいし奥深いんですよ。
多分私が1500字くらいにまとめるなんて相当難しいです。

 

そんなわけで、とりあず素人が素人なりにまとめたもの、という認識で読んでもらえるとありがたいです。

どうぞ、ワイン片手にガクトの真似でもしながら、ご覧くださいませ。

 

移動平均線ってなんぞ?

 

まずは、移動平均線とは、前回の記事でも紹介した通り、
一定期間の株価の終値の平均をつないで、線にしたものです。

 

で、これで何を見ているのかというと大まかなトレンドの把握が中心です。

でも、移動平均線には主に三種類あって、それぞれちょとずつ示すものが違うようなので、個別に見てみます。

 

移動平均線の種類

移動平均線は主に、短期・中期・長期的な判断を行うための3種類の線があります。

 

ローソク足に対して移動平均線がどの位置にあるのか、というところが非常に重要で、

 

基本的に

  • 移動平均線より上に株価があれば、一定期間中よりも買われている、ということ。
  • 移動平均線より下に株価があれば、一定期間中よりも売られている、ということ。

さらに、今後どのような流れになるのか、ということをある程度予測することもできます。

 

・5日移動平均線
5日分の平均株価を示します。(5日分の終値を合計して5で割った平均値)
ごく短期間、すぐ先の株価を掴むための線。5日移動平均線より株価が上であれば買いの勢いが強く、目先値上がりする可能性が高い。
5日移動平均線より株価が下であれば売りの勢いが強く、目先値下がりしてしまう可能性が高い。5日移動平均線は株価の上下を頻繁に行き来するので、中長期目線の移動平均線との併用が重要。
・25日移動平均線
25日分の平均株価を示します。(25日分の終値を合計して25で割った平均値)
株価の短期~中期的なトレンドを把握することができる。25日移動平均線より株価が上であれば、中期的な目線で見ると買いの勢いが強く、値上がりが続く可能性が高い。
25日移動平均線より株価が下であれば、中期的な目線で見ると売りの勢いが強く、値下がりが続く可能性が高い。トレンドが変わる可能性があるため、注意が必要。
・50日移動平均線
50日分の終値を合計して50で割った平均値。
株価の長期的なトレンドを把握することができる。50日移動平均線より株価が上であれば、中~長期的な目線で見ると買いの勢いが強く、値上がりが続く可能性が高い。
50日移動平均線より株価が下であれば、中~長期的な目線で見ると売りの勢いが強く、値下がりが続く可能性が高い。トレンドが変わる可能性があるため、注意が必要。

 

ちなみに、この移動平均線の期間ですが、人によって結構様々みたいです。
50日じゃなくて75日移動平均線使ってたり、200日移動平均線の場合もあるそう。
あくまで代表的な例の一つとしてここでは紹介しました。

 

実際の例で見る移動平均線

じゃあ早速、具体的にチャートで移動平均線を見てみますよ。

3ヶ月のチャートの場合


引用:SBI証券

 

これは<7974>任天堂の日足チャートです。
まさにさっき説明したものに近いですね。

 

まずは緑色の5日移動平均線ですが、11/2あたりに5日移動平均先を上抜けて、ちょっとだけ上昇しました。
でも、11/16あたりで5日移動平均線を下抜けて、再び下落しています。

さらに、25日と50日移動平均線はずっと下降トレンドを示しているので、このトレンドは少し続くかもしれません。

 

ただ、直近の1/7を見ると、5日移動平均線を株価が上抜けているので、また直近で少し上昇するかも?

1年のチャートの場合


引用:SBI証券

これも同じく任天堂。

先程のは3ヶ月の日足でしたが、今度は1年で見てみましょう。去年はどうやら、全体的に売りが強い一年だったみたいですね。

9月と10月に一旦上がった以外はちまちまと下げており、現在も下降トレンドが続いています。

 

1月現在はちょっと下げ止まったようにも見えますが、これまでのトレンドを見ていると、ここが底と見るには少し不安です。

 

 

…………とか偉そうに言ってますけど、これは完全に素人判断なので、全然アテにしないでくださいね!

移動平均線は絶対ではないです! あくまで目安!!

ここまで見てると、移動平均線って滅茶苦茶便利そうじゃないですか?

もうこれ知ってれば株なんて楽勝!! みたいに思えますよね。
私は一瞬でもそう思いましたw

 

でも、結局移動平均線は過去のデータを反映しているだけなんです。

全てのチャートに共通して、予測通りに株価が動く保証はどこにもありません。

 

まして業績予想の変化や突発的なニュースがあった場合は、当然これまでの値動きやチャートを無視した値動きをするので、ご注意くださいませ。

 

移動平均線は基本だけど奥が深すぎる

今回はすっごく簡単に、最初に押さえる移動平均線の使い方を説明しましたが、
まだまだこんなもんじゃないです。
もっともっと使い方があります。

ただ、ここで書くと長くなりそうなので、次回に改めてまとめてみたいと思います。

 

まだまだ基本中の基本ですが、以前よりもちょっとだけチャートが読めるようになると楽しい!

更にいろんなことを吸収して、はやく実際の取引がしたいですね。

まだまだ初心者ですが、引き続きお付き合いお願いします!m(_ _)m

 

 

では、またこんど!

コメント