もちこのバカゲー日記~Super Bunny Man~

もちこのバカゲー日記~Super-Bunny-Man~ ゲーム

 

こんにちわ、もちこです。

あなたはウサギが好きでしょうか。私は好きです。
可愛いですよね、ウサギ。
きっとあなたもウサギが好きでたまらないことでしょう。

 

そんなあなたに紹介したいのが、【Super Bunny Man】というゲームです。
ニュージーランドのCatobyteという会社が開発したゲームで、2017年にSteamにてリリースされているアクションゲームです。対応機種はPC。

このゲームを一言で表すと、【動きも見た目もクレイジーなウサギをブラックホールに押し込む】です。

 

 

■クレイジーなウサギの見た目

ウサギのアクションゲーム、というと、マリオのウサギバージョンのように思われるかもしれませんが、マリオほど可愛くもないし生易しくもありません。

 

まずウサギの見た目が【ウサギの着ぐるみを着た男性】にしか見えないのです。
顔だけは人間に近く、太り気味でお腹が出ている着ぐるみの身体がなんとも可愛くなくて可愛いです。
ボディがパステルカラーというのも、可愛いような、可愛くないような。

ちなみに、ステージにある穴から落ちると「アアーッ」という悲鳴をあげたり、地面を蹴ってジャンプするときに「ハッ」という野太い声を発します。やはり男性のよう。(そういえばタイトルでも【man】て言ってますもんね)

 

 

■クレイジーなウサギを転がしてブラックホールを目指す

ウサギはなぜか腕を前に突き出した空気椅子のような姿勢がデフォルトで、転がったりやたらと強力なジャンプで前進します。
不思議な体勢であるうえに、独特の操作性なのでアホほど難しいです。

ウサギの見た目や操作性で酷く腹が立つので、以前紹介した壺男のゲーム(https://media-b.jp/getting-over-it)と似たようなテンションを感じます。

 

このゲームには各ステージごとにゴールとなるブラックホールが用意されており、そこにウサギを押し込むとクリアとなります。

 

また、新しいステージに行くには、各ステージに必ず一つ落ちているニンジンを掴んだ状態でゴールしなければなりません。
が、ニンジンを掴むと床やオブジェクトを掴むことができないので、更に難易度が上がります。

難しく腹立たしいことが計算されているので、非常に遊びがいがあるゲームといえるでしょう。

 

 

■複数人で遊ぶとよりカオスに

複数人で遊ぶこともできるのですが、その場合は相手の身体を掴んで、一緒に移動することもできます。
ただ、掴んだ相手の行動を邪魔することにもなるので、掴むのが必ず良い結果をもたらすとは限りません。

上手く協力プレイができれば難易度は大幅に下がりますが、息が合わなければ逆に難易度が上がるのが面白いです。

また、ステージにいるプレイヤーの一人でも死んでしまうとゴールが消えてクリアできなくなってしまうので注意。

 

 

■腹立たしいのに可愛い。腹立たしいのに面白い。

近頃はあえて独特の操作性を楽しむゲームが増えましたが、このスーパーバニーマンもまさにそういったゲームの一つです。
プレイしていると派手なリアクションになりやすいため、非常に動画向けのゲームともいえます。人気に火がついたのも、とあるYOUTUBERの方の動画が面白かったためなのだとか。

 

誰かと一緒に騒ぎながら遊ぶのも良いですし、一人で黙々とゴールを目指すことも面白いでしょう。

ぜひシュールな世界観と【クリアできなくはないけど、身体がむずむずしてくるほど操作性が悪い】ゲームを楽しんでみてください。
壺男ほど強烈な難しさではないので、きっと楽しめる方も多いと思います。

そして最終的にこのウサギが可愛く見えてきたら、その頃にはあなたも立派なスーパーバニーマンです。おめでとうございます。

 

では、今回はこの辺で失礼します!

 

 

Super Bunny Man – Coming to Steam Early Access!

 

 

Super Bunny Man のダウンロードはこちらから。

Steam:Super Bunny Man
スーパーバニーマンはフィジックスベースのプラットフォーム型ゲームです。ストーリモードはローカル/オンラインで最大2人まで、ローカルマルチプレイは最大4人まで同時に遊べます。

 

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓押して応援お願いします三└(┐Lε:)┘
(いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

コメント