酒田五法とは何か?わかりやすく解説~三法編~

酒田五法とは何か?わかりやすく解説~三法編~ テクニカル分析

 

 

こんにちわ、もちこです。
今回は酒田五法の最後の1つ、【三法(さんぽう)】を紹介したいと思います。
山・川・空・兵ときて、最後はです。やっぱり格好良いですね。

 

三法とは、5つのローソク足でNのような形を描くチャートパターンで、有力な売買のサインとして考えられています。

早速解説してみますね。
できるだけわかりやすく解説しているので、気軽にご覧ください。

 

 

三法とは?

三法とは、5つのローソク足によって構成されるチャートパターンで、主に売買のサインを示すものです。

最初に出現した大陽線・大陰線の始値・終値を支持線・抵抗線として考え、5つのローソク足によって構成されています。
買いのサインである【上げ三法】売りのサインである【下げ三法】の2種類に分かれます。

酒田五法_三法

  • 上げ三法は【大陽線→陰線3つ→大陽線】というNを描くようなチャートパターンで、買いのサイン。
  • 下げ三法は【大陰線→陽線3つ→大陰線】というNをひっくり返したようなチャートパターンで、売りのサイン。

保ち合いでの取引ではなく、転換点を超えた地点での売買を呼びかけるサインであるとも言えます。
詳しく見てみましょう!

 

上げ三法

【上げ三法】とはNの字を描くようなローソク足のチャートパターンのことで、買いのサインです。

上昇相場の時に

  1. 大陽線を引いたあと、
  2. 最初の大陽線の範囲内に収まる短い陰線を三つ引いて下がり、
  3. 最初の大陽線の終値を超える形で再度大陽線を引く。

という形です。

酒田五法_上げ三法

最初の大陽線の終値を、最後の大陽線が上抜いたときが買いのサインとして判断されます。

つまり、最初の大陽線の始値を支持線、終値は抵抗線として考えて、抵抗線を明確に上抜けることで、買いのサインと見るわけですね。

酒田五法_三法_支持線と抵抗線

 

注意が必要なのが、大陽線と大陽線の間に挟まった陰線です。
この3つの陰線は厳密に言うと小さい陰線2本陽線1本というものでも構わないのだそうですが、その場合やや上昇する力が弱くなることもあるのだとか。

 

また、3つの陰線が最初の陽線の始値を超えてしまった場合は、三羽烏(黒三平)と判断され売りのサインになりますし、
最後の大陽線が最初の大陽線の始値を下回る始値の場合も、上げ三法とは判断できません。
ご注意ください。

 

下げ三法

上げ三法とは逆で、Nの字を反転させた形を【下げ三法】といいます。売りのサインです。

下落相場の時に

  1. 大陰線を引いたあと、
  2. 最初の大陰線の範囲内に収まる短い陽線を3つ引いて上昇し、
  3. 最初の大陰線の始値を超える形で再度大陰線を引く。

というチャートパターンです。

最初の大陰線の終値を、最後の大陰線が下抜いたときが売りのサインです。

つまり、最初の大陰線の始値を抵抗線、終値は支持線として考えて、支持線を明確に下抜けることで、売りのサインとして成立します。

酒田五法_下げ三法

こちらも上げ三法と同じく、大陰線と大陰線の間に挟まった陽線にご注意ください。

3つの陽線が最初の陰線の始値を超えてしまうと、まだ上昇する力があることを示しており、
更に最後の大陰線が最初の大陰線の始値を上回る場合も、下げ三法とは判断できません。

 

 

特定のローソク足の形になる・特定のチャートの形になる意味とは

三法だけでなく、テクニカル分析に用いるチャートパターンを形として覚えることも非常に重要ですが、
陽線・陰線を引く意味・そのチャートの形になる市場心理が何を示すのか
ということを念頭に置いておくと、より理解が進みやすいかもしれません。

 

例えば、下げ三法に似た形で、最初に大陰線を引き、その次に最初の大陰線を超える陽線が3つ上昇しながら出現したとしたなら、まだまだ買いたい人が多いということを示しますよね。
陽線が3つ並んでいるのなら、むしろ赤三平で買いのサインとなるかもしれません。

こんな具合に【なぜその形が売買のサインになるのか】を考えてみると、一層理解が深まるのでおすすめです。

 

 

三法まとめ

ここまで紹介した内容をまとめてみますね。

■三法とは、5つのローソク足によって作られる、売買のサインを示すチャートパターン。
上げ三法・下げ三法の2種類が存在する。
最初に引いた大陽線・大陰線の始値と終値を支持線・抵抗線として考え、支持線を上抜けるor抵抗線を上抜けることで売買のサインとして判断する。

  • 上げ三法
    上昇中に【大陽線→最初の大陽線の範囲内で小さい陰線3つが下落しながら出現→最初の大陽線の下値を上値を切り上げる大陽線】というNのような形でローソク足を引くチャートパターン。買いが集まりやすい状況を示す。
    ※最初の大陽線に対して、最後の大陽線が下値・上値を切り上げていることが重要。
    また、大陽線に挟まれた陰線3つは、最初の大陽線の範囲内に収まっていなければ上げ三法とは判断されない。

  • 下げ三法
    下落中に【大陰線→最初の大陰線の範囲内で小さい陽線が3つ上昇しながら出現→最初の大陰線の上値と下値を切り下げる大陰線】という形でローソク足を引くチャートパターン。
    売りが出やすい状況を示す。
    ※最初の大陰線に対して、最後の大陰線が上値・下値を切り下げていることが重要。
    また、大陰線に挟まれた陽線3つは、最初の大陰線の範囲内に収まっていなければ下げ三法とは判断されない。

酒田五法の中でも判断が難しいとされていますが、味方につけることができれば頼れるものです。
是非似たような形を見つけたら、それが三法に当てはまるものなのか、慎重に判断してみてくださいね。

 

これで酒田五法は全て紹介し終わりました。
有力であり、簡単で、しかも一度覚えてしまえば様々な場面で活用することができる技法なので、ぜひ覚えてみてください。

 

そして毎回まとめで付け加えていますが、酒田五法を含む全てのテクニカル分析にも共通して、
【サインが点灯したからといって、必ずしもサイン通りに推移するとは限らない】
ということを忘れないでください。
これは非常に重要なことで、相場は様々な情報や外部要因でどんな姿にも変身します。

 

完璧な上げ三法の形が完成したからといって、地合いが悪化していれば売りが強くなりますし、大陽線の出来高が異様に低ければ信憑性が低いローソク足である可能性もあります。
ましてその前後で何か材料が出ていれば、全く違う値動きになるでしょう。
テクニカル分析は、あくまでも【そうなる可能性がある】というだけです。

 

ただ、間違いなく1つ言えるのは、覚えておいて損はないということだと思います。
是非、酒田五法を活用できそうな場面を見極めて、相場と長いお付き合いを楽しんでみてください。

 

では、今回はこのへんで失礼します。

 

 

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘ (いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

 

「酒田五法だかあほの坂田だか知らないけど良い銘柄教えれー!!(´;ω;`)ウゥゥ」
というあなたにはこちらがおすすめ。
↓↓もちこがいつもお世話になっている投資顧問さん↓↓

無料で会員登録すると、市場がやってる日なら毎日無料メルマガで1つ銘柄を教えてもらえますよ。
プロの選ぶ銘柄は勉強にもなるので、よく利用させてもらっています。

↓↓もちこがいつもお世話になっている証券会社↓↓