ゆるくて優しい、ちょっと変な音楽が好きな方にオススメ

ゆるくて優しい、ちょっと変な音楽が好きな方にオススメ 音楽

 

こんにちわ、もちこです。

あなたは歌詞がお好きですか?
私はまぁまぁです。
あればあるで読んで、その歌詞を歌うことの意味を考えたり、無ければないで楽しめます。インストも好きです。

全然意味がわからない歌詞の場合はすごく気になりますが、毒にも薬にもならないような歌詞の場合はフーーーーンと受け流すことが多いかも。

 

 

が、今回紹介するバンドは、インストバンドで歌詞がないにも関わらず、そこに何か言葉があるように聴こえる不思議なバンドです。
その名も【SAKEROCK】

 

SAKEROCKのジャンルはよくわかりません。
ロックではないでしょうし、ジャズでもなく、ファンクでもなく……オ、オルタナティブ……?
そんな感じなので、ジャンルは不明です。詳しい人に聞いてみてね。

 

 

SAKEROCKは非常に不思議な音楽を作るバンドです。
バンドサウンドではあるのですが、肩の力が抜けるような、格好いいようなトロンボーンが入っていたり、唐突にマリンバが鳴っていたり。

特にこの曲は不思議な雰囲気とシュールな空気があっておすすめです。

 

SAKEROCK / ホニャララ MusicVideo

 

MVからして不思議。なぜNHK風?
そして【OH! Mikey】あたりを髣髴とさせる謎のドラマも味があって素敵。

 

曲がシュール過ぎて若干現実味がなく不気味であるのも素晴らしいです。
曲だけを聴いてもマイナーな邦画のようなストーリーというか、何かしら台詞のような言葉が見えてくるのが不思議。

 

SAKEROCK / MUDA MusicVideo

 

こちらも楽しそうでゆるくて、そこはかとなく言葉が見えてくるような音楽です。
飾ったところがなく、何気ない日常に寄り添ってくれます。

 

きっとこの曲を作った方は、素直で優しい人なんだろうなぁ、というのが簡単に想像できるような曲です。
「ごはんどこ行く?」って聞いたら、「丸亀がいいなぁ」とか返ってきそう。うどん好きそう。

 

想像してほしいのですが、他のバンドマンだったらそうはいきませんよ。
河村●一に「ごはんどこ行く?」って聞いたら絶対白金あたりのお店を指定してきますって。
ラルクのハ●ドにしても、絶対丸亀は選ばなそうです。

 

 

 

と、ここまで書いておいてアレなんですが、実はこのSAKEROCK、既に解散しているのです。残念過ぎる。

誰にも真似できない独特の音楽を作っていた方々だったのですが、個々での活動も忙しくなり、SAKEROCKでやりたいことがわからなくなってしまったのだそう。

 

けれど、曲と同じくほわりとした優しいメンバーの方々は、最後に脱退したメンバー2人を呼び戻し、オリジナルメンバーの5人でただ楽しく演奏してラストアルバムをリリース。非常にポジティブにバンドを終わらせることを選びました。

 

SAKEROCK / SAYONARA 【Music Video】

最後までやさしい雰囲気で格好いいです。
楽しそうなのが見てて切ないような嬉しいような。

 

今回の記事はSAKEROCKというバンドを取り上げたかったので、あえて深く触れませんでしたが、このバンドはドラマ【逃げるは恥だが役に立つ】で一躍お茶の間に進出し、その主題歌である【恋】で大ヒットを記録した星野源さんがリーダーでした。

また、特徴的なトロンボーンも【在日ファンク】のボーカルであり俳優でもある、ハマケンこと浜野謙太さん。

 

現在は星野さんや浜野さんが好きで、過去に彼らがやっていたSAKEROCKにたどり着く方も多いのだそうです。

 

 

独特な楽曲がもう聞けないのは残念ですが、不思議で優しく、肌になじむ楽曲は今後も消えることはありません。
是非何気ない日常の一コマをSAKEROCKと一緒に過ごされてみてはいかがでしょうか。

 

では、今回はこのへんで!

 

 

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘
(いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 押せ押せもちこ

コメント