RSIとは何? 株初心者女子が分かりやすくざっくり解説!

基礎知識

 

 

こんにちわ、道明寺と桜餅の違いを最近知ったもちこです。

 

ところで、あなたはRSIというものをご存知でしょうか。
R(利食い)S(すごく)I(いい)の略じゃないです。
※何気なく書いてましたけど、これすごく便利そうですよね。「ナイトレード!RSIRSI!」みたいに使えて便利。

 

 

RSI とはRelative Strength Indexの略で、日本語では相対力指数といいます。
読み方はそのまま、あーるえすあい、です。

 

と言われても、何のことかさっぱり分かりませんよねw
ものすごく簡単に言うと、【売られすぎなんじゃない?】【買われすぎなんじゃない?】 というのを表すテクニカル指標の一つなんです。

 

 

例えば、何週間も株価が上がり続けている銘柄は、「流石に買われすぎだし、そろそろ売りに反転するんじゃない……?」と考える人は多そうですよね。

この【買われすぎ・売られすぎ】なのでは、というところを判断する助けとなってくれるのがRSIです。

 

 

米国のテクニカルアナリストJ・W・ワイルダーさんが開発したテクニカル分析指標で、【売られすぎ・買われすぎ】を測る【オシレーター系】と呼ばれる指標に分類されます。
一本の線で表現されるRSIは非常にわかりやすく見やすいチャートなので人気があります。

ここではざっくりとRSIの解説をしたいと思います。

 

 

RSIの見方

 

まずは現物を見てみましょう。これがRSIです。

SBI_RSI

引用:SBI証券

 

線がジグザグしていますが、この線は真ん中を50%として、70~80%以上で買われすぎ、30~20%以下で売られすぎを示すものなのです。

 

例えば、
線が上向きに伸びて70%を超えてきたので、買われすぎているサイン=そろそろ売りに反転する?
線が下向きに伸びて30%を超えてきたので、売られすぎているサイン=そろそろ買いに反転する?

という風に判断するということですね。
売られすぎを見極めて買う、逆張りの投資法で活用できます。

 

また、RSIが50%以上で推移していると上昇傾向にあり、50%以下で推移していると下降傾向にあるので、50%になったタイミングはトレンドの転換点として見ることもできるのです。非常に便利。

 

 

あくまで目安なのでご注意を!

一見すると非常に簡単で便利な指標なのですが、あくまでも「そろそろこうなるんじゃない?」という目安だということも覚えておいてくださいませ。

 

つまり、
30%以下になったからといって、そこからすぐに反転するとは限りません。
逆に70%以上になったからといって、すぐに売りに反転するとは限らないのです。

 

あくまで目安であり、「この数値になったので反転します!」という強いメッセージというより、「そろそろ反転するかもよ。わからんけど」というサインのようなものだと思ってもらえると、上手にお付き合いできそうです。

 

RSIの算出方法

RSIは下記の計算式で算出することができます。


RSI
期間中の値上がり幅(終値)の合計 ÷ (期間中の値上がり幅の合計+値下がり幅の合計)×100

 

式だけ見てもいまいち想像できないので、実際に計算してみましょう!
株価は全てその日の終値です。

 

前日 100円
1日目 120円(+20円)
2日目 115円(-5円)
3日目 130円(+15円)
4日目 140円(+10円)
5日目 142円(+2円)
6日目 135円(-7円)
7日目 140円(+5円)

値上がり幅の合計
20+15+10+2+5=52

値下がり幅の合計
5+7=12

これを式に当てはめると、

52÷(52+12)×100=81.25 なので、RSIは81.25ということになります!

上記の例でいえば7日間という期間中の場合、52+12で64円の変動がありましたよね。
その中で値上がり幅はどのくらいの割合を占めているのか? ということを、計算しているのです。

 

 

RSIだけを使うのは危険!

RSIは非常に見やすくて便利なチャートではありますが、これだけを見て取引するのはとても危険です。

 

なぜなら、先程の項目で少しだけ解説したように、RSIは一定期間(大体14日間)に変動した株価に対して、どのくらの値上がり幅があったかを算出しているものなんです。

保ち合い(ボックス・レンジ)相場で強みを発揮しますが、強いトレンド(材料が出て極端に株価が上がったり下がったりしているとき)はアテにならないのです。

これはRSIだけでなく、テクニカル分析のすべての指標に言えることですが、様々な指標と一緒に使って判断するほうが良さそうです。

 

 

RSIまとめ

ここまでざっくりと解説してきましたが、内容をまとめてみますよ。

 

■RSIは【売られすぎ】【買われすぎ】を判断するテクニカル指標。
■変動した値幅全体で、値上がり幅がどのくらいあったのか? という数値。
20~30%で売られすぎ、80~70%で買われすぎと判断することが多い。
■ボックス相場で非常に役立つ。
■強いトレンドでは役に立たない。
■あくまで目安であり、「反転しそうじゃない? わからんけど」というサイン。

 

あなたが気になっている銘柄は、今どのようなRSIになっているでしょうか?
もし20~30%であれば、そろそろ買いに反転するかもしれないので、監視銘柄に入れておいてもいいかもしれません。

逆に、あなたがもっている銘柄でRSIが80%を超えていたら、売るタイミングを逃さないようにこまめに見守ってあげると良いかもしれません。

 

私も最近やっと使い方を覚えたので、これからどんどん活用する予定ですw

では、今回はこの辺で失礼します。

 

 

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓押して応援お願いします三└(┐Lε:)┘
(いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

コメント