もちこのバカゲー日記~ストリートファイター~RBOF~

もちこのバカゲー日記~ストリートファイター~RBOF~ ゲーム

 

 

こんにちわ、もちこです。

あなたは格ゲー、お好きですか?
私は結構好きです。

 

今回は王道の格ゲーでありながら、なぜか道を逸れてしまってバカゲーとなってしまった興味深いタイトルを紹介します。

タイトルは【ストリートファイター Real Battle On Film
そうです、あのストリートファイター系のゲームです。
1995年にカプコンより発売されています。

 

これはただのストリートファイターではなく、実写のストリートファイターです。

とはいえ、普通なら「ストリートファイターの名を冠しているのだし、ゲームとして安定してそう」だと思いますよね。
実際に、ゲームとしては非常に安定しており、普通に遊べるゲームです。何の問題もありません。

 

が、このゲームは数あるストリートファイターシリーズの中でも実写という点を除いたとしても異色の存在で、とにかく【サワダ】というキャラクターの存在感が凄まじいものとなっています。(別名【サワダゲー】と呼ばれることも)

恐らくプレイした人のほとんどは、サワダのことしか考えられなくなるのではないでしょうか。

 

サワダとは誰なのか、
何故ストリートファイター系のような王道のゲームがバカゲーと呼ばれてしまったのか、
ここではざっくり紹介したいと思います。

 

 

■映画から全てははじまった

このゲームは「ストリートファイター」というタイトルで作られた非常に独特な映画を元にして作られたゲームです。
ガイルが主人公で、ガイル役をジャン=クロード・ヴァン・ダムが演じています。

 

この映画を元にしているため、ストリートファイター系の中では珍しく実写の格闘ゲームなんですね。
キャラクターも全て映画に出てきたキャスティングのままなので、「ストリートファイター」の映画が好きな非常に奇特な趣味の方にとっては嬉しいゲームだったのではないでしょうか。

 

ちなみに、冒頭でも出てきた【サワダ】という人物は、映画にだけ出てくるオリジナルのキャラクターだったりします。

 

※実はこれの前に実写のストリートファイターのゲーム【ストリートファイター ザ・ムービー】がアーケードのみで稼働していたのですが、それがかなり面白い(ひどい)仕上がりでした。
それをかなりまともにしたついでに、なぜか少しバカになってしまったのが今作です。

【ザ・ムービー】の方はリュウが【ライユー】という名前で呼ばれていたり、

技を出すときの
「ハドゥーゲン ( 波動拳 )」
「ショ—リュケン ( 昇竜拳 )」
「タヅマギセンプギャ—ク ( 竜巻旋風脚 )」
というダミ声があまりにもアレだったりして有名なので、是非機会があれば御覧ください。

 

 

■見た目はとにかくとして

見た目はとにかくとして、格ゲーとしては普通に遊べるくらいの完成度になっています。見た目はとにかくとして。

ストリートファイターシリーズに【スーパーストリートファイターⅡX】という良作として有名なタイトルがあるのですが、それを元にしているため、スーパーコンボ(ゲージを消費して発動する超必殺技)も搭載されています。

BGMも特に違和感がなく、格ゲーのBGMとして魅力的なものが多いです。
そうなんです。案外ゲームとしては普通に楽しく遊べます。

 

が、ただ一人のキャラクターがこのゲームを更に楽しく、より強烈なインパクトを残すバカゲーにしてしまったのでした。

 

 

■神秘のサムライ……その名もキャプテン・サワダ

このゲームの見どころ、そしてバカゲーたるゆえんは、キャプテン・サワダというキャラクターの存在が大きいです。
そうです、冒頭からチラホラでてくる【サワダ】です。

 

この人物は先ほども少し解説しましたが、ゲームの元となっている映画に出てきたオリジナルキャラクターなんです。
役割としては、主人公・ガイルの右腕として作戦を遂行する真面目な軍人。
残念ながら映画では出番が少なく、そこまで目立ったことはしていませんでした。

 

しかし、

なぜかこのゲームの中では一人だけ異様な空気をまとっており、その圧倒的な存在感で見るものを虜にしてしまう程に魅力的に描かれてしまいました。
彼の魅力を知るべく、まずは彼の非常に衝撃的な技の数々を紹介します。

 

 

■サワダの技(奇行)の数々

サワダの技には衝撃的なものが多く、多くのストリートファイターシリーズのファンとバカゲーファンをメロメロにしてしまったのです。
早速紹介してみます。

 

 

●百殺イズナ斬り
青白く光った手刀で斬る技で、サワダの一番スタンダードな技です。
百烈張り手や百裂脚と同じような連打系の攻撃。

 

 

●獄殺自爆陣
「ハラキリ!」と言いながら切腹して、斜め上に噴き出した血しぶきで攻撃するという大技。

やっていることからして自爆技と思われるかもしれませんが、ハラキリで大量に出血してもサワダにダメージは一切ありません。何度でも切腹できます。

見た目も獄殺自爆陣(ごくさつじばくじん)という名前もかなり強烈な技。

なんで小学生が考えたようなタイトルにしたんでしょうね。ごくさつじばくじんて……。
徹夜した時のテンションで考えられたような技です。

 

 

●サワダスペシャル’95
タイトルからして強烈ですが、入力は難しいものの決まれば強烈な連続蹴りの技です。流石サワダスペシャル。
ロメロ・スペシャルみたいにしたかったんでしょうか。

 

 

●忍法神隠し
手で印を結びワープしてしまう技です。
超必殺技を使うやめのゲージを貯めることができて便利……なんですが、なんで忍術使えてしまうんでしょうか。流石サワダ。

サワダは映画では主人公の作戦を陰で補佐する軍人役だったのですが、このゲームでは神秘の武士(サムライ)と紹介されていて、しかも忍術まで使えてしまうんです。
多分そういうものを全部含めて【サワダ】なんでしょうね。

 

 

●カミカゼアタック
獄殺自爆陣とカミカゼアタックは、まさにサワダをサワダたらしめている技といえるでしょう。

「カミカゼ!!」と言いながら両手を上に上げた姿勢のまま、直立不動ですーーーーーっと前進してきます。

 

両手を上げているだけなので胴ががら空きなのですが、カミカゼ中はハイパーアーマーといって攻撃されても(ダメージは受けますが)止まることなく突き進んでいけます。

このカミカゼで相手をK.Oすると「バンザーイ!」と言い放つので、海外版では「Kamikaze Banzai」という技名にされています。

両手を上げただけですーーーーーっと移動する様が非常にシュールであり、何かとセンシティブなネタを容赦なく突っ込んでくるため、色んな意味で大技といえるでしょう。

 

 

■勝利して嬉しいときのサワダ

相手に勝利すると、サワダの勝利デモの台詞を聴くことができます。
こちらも非常に味があるので、勝利して何度でも聴きたくなること間違いなし。

 

「故郷のみんな、俺はまた勝ったぜ!」
「やっぱり、銃よりもこっちがいいねえ!」
「俺の弟子にならないかい?」
「これがサワダ流ケンカ殺法だぜ!」
「東洋の神秘、思い知ったか!」

 

サワダはサワダ流ケンカ術と忍術を使う(参考:https://game.capcom.com/cfn/sfv/column/131459)という紹介がされているので、銃よりもサワダ流ケンカ術を使いたいのでしょう。
忍術という名のワープは銃よりも強そうに見えますし、ケンカ術で腹切りされちゃたまんないですけどね。

でも、自分のとんでもない技の数々を【東洋の神秘】で片づけてしまうざっくりした感性はすごく良いです。

 

 

■サワダ以外にも見どころ沢山

このゲームは見た目の濃さとサワダのキャラクター渦巻くカオスなゲームと思われがちですが、他にも面白いところは沢山あるのです。

 

例えば、
映画にかなり忠実に作られていて、ステージの背景と映画を見比べてみると面白かったり、
キャラクター紹介の時の【Dee Jay】の発音が【ピーマン】に聴こえたり、
ブランカが色んな意味で失敗しているとか、
春麗があんまり可愛くないうえに、勝つとうねうねと変な踊りをしてくれるとか、
面白いところは沢山あります。

 

忘れてはならないのが、リュウの有名なキャッチコピーに「俺より強い奴に会いに行く」というのがありますよね。
あれが「俺より強い奴に会わせてくれ」になっていたりします。自分で会いに行ってくれ。
(とはいえ、リュウは元になった映画で小悪党のようなことをやっている脇役なので仕方ないかもしれません)

 

そんなこんなで面白い要素が沢山詰め込まれているうえ、格ゲーとしてはストリートファイターシリーズなだけあって完成度は高いのです。
これはもうやってみるしかないですよね!

 

あなたも是非やってみてください。サワダも弟子を募集しているそうですしね。

(コメ付き)【実写格闘ゲーム】ストリートファイター サワダでプレイ 1/3【切腹】

 

では、今日はこのへんで失礼いたします。

 

 

 

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘ (いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

 

↓↓もちこがいつもお世話になっている投資顧問↓↓


無料で会員登録すると、市場がやってる日なら毎日無料メルマガで1つ銘柄を教えてもらえますよ。
プロの選ぶ銘柄は勉強にもなるので、よく利用させてもらっています。

↓↓もちこがいつもお世話になっている証券会社↓↓