株上手になる秘密があるかも? 相場の格言を集めてみた

株上手になる秘密があるかも? 相場の格言を集めてみた 株の話

 

こんにちわ、もちこです。

 

私は日々株について勉強中なのですが、色々調べる中でいつかはまとめたいと思っていたものがあるんです。

それは

 

【相場の格言】

 

なんです。

私は典型的な不真面目OLなので、上手な人に手取り足取り教えてもらいたいなーと日々考えておりまして、丁度良く今の師匠を捕獲できたので日々習っているところなのです。

師匠のお言葉は非常に有り難いものが多く、ザラ場中に何度救われたかわかりません。
師匠最高です。師匠万歳。師匠よ永遠に。桜吹雪のサライの空です。

 

 

でも、そこで私は気づいたのです。
師匠のアドバイスにメチャクチャ救われているということは……

 

相場格言を集めまくって片っ端から覚えていけば、一気に上達するのでは?

 

ということに。

 

そんなわけで、今回は相場格言を紹介してみようと思います。
勿論、色んな財務指標やテクニカル分析の方法、キャッシュフローの見方を覚えることも大切です。

でも、肝心の取引をする際に陥りやすい場所をカバーしておけば、有利とまではいきませんが非常に役立つのではないかと思います。

 

では早速紹介してみます(`・ω・´)ゞ

 

 

 

「落ちてくる剣はつかむな 地面に刺さってから抜け」
下落しているタイミングで今後上がるだろうと予測した上で買う、逆張りの投資を行う際によく使われる格言です。
【落ちてくる剣】=【株価】のことで、ちゃんと底をついたことを確認してから買いましょう、ということ。特に初心者は安易な逆張りで大損することがあるそうなので、私も忘れずにいたいです(`・ω・´)ゞ

 

「売り買いは腹八分」
最安値で買い、最高値で売ろうと思わないで、という意味と、
相場で使うお金はそこそこにしときなよ、という意味があるのだそうです。

 

「頭と尻尾はくれてやる」
「売り買いは腹八分」と似たような格言です。
最安値で買い最高値で売るのは非常に難しいことなので、最安値より少し高く、最高値より少し安いところで売るくらいで、一番美味しいところだけで利益を出しましょ、ということ。

 

「当たり屋につけ」「曲がり屋に向かえ」
感性が相場とピッタリ当てはまり、何をしてもうまくいく人のことを当たり屋といいます。
逆に、何をしてもてんでうまくいかない人が曲がり屋。
当たり屋はいずれ曲がり屋になりますが、調子のいいときは追随することで簡単に利益が得られます。
曲がり屋はいつも「向かう(反対売買をする)」方がうまくいく。ということ。
曲がり屋に向かう方が成功率は高いとかなんとか。

 

「売るべし買うべし休むべし」
相場を見ているとずっと売買したくなるものですが、休まず売買している人に限って、なかなか儲かっていない場合も多いのだそう。
つまり、相場は程よく休みながらやるのが丁度いいのだよ、ということです。他にも「売り買い休みの三筋道」・「休むも相場」という格言もあります。
更に、「疑わしいときは何もするな」という格言もあるため、ひたすら焦らないことを推奨しています。

 

「相場は明日もある」「売り買いは3日待て」
材料が出る等で株価が急騰している銘柄に飛びつき買いをせず、明日も買えるのだからちょっと待ちましょうという意味です。
先程の格言と同じく、冷静であることを教えています。

 

「閑散に売りなし」
激しい値動きの後に急激に出来高が減り、保ち合い相場となって閑散とすることがありますよね。
値動きが少ないので見ているのも非常に退屈で、つい手放したくなるものですが、保ち合い相場のあとは急激な値動きとなることが多いのだそう。
だから、「いくら動きが無くて退屈でも、閑散相場で決して売ってはいけないよ」ということです。ただ、これは底値圏で起きた場合で、高値圏で保ち合いとなった場合は急落する可能性もあります。
高値圏で保ち合いとなった場合は注意しましょう。

 

「名人になるより素人らしく」
わかったフリをしたり、わかった気になっていたり、名人を気取ることは間違いの元になるのだそう。
いつも素人らしくいる方が賢明ですよ、ということです。

 

「人の行く裏に道あり花の山」
有名な格言なのでご存知の方も多いかもしれませんね。
株は群集心理が反映されており、また投資家も群集心理で動きがちです。
ただ、それではいつまで経っても成功をおさめることはできないので、人の行く方とは別の方向に向かってみなさいよ、ということです。
他にも「相場師は孤独を愛す」「人が売るときに買い、人が買うときには売れ」というものもあります。「当たり屋につけ」の真逆の考え方ですが、当たり屋が当たっている最中は当たり屋につき、普段は「人の行く裏」を行くのが良いのでしょうか。人によって考え方が分かれそうなところです。

 

「暴落相場の赤札銘柄は買い」
株が全面安となっている場面で、さり気なく逆光してプラスになっている銘柄を赤札銘柄といいますが、これを買うと後々何か材料や買いが集まるニュースが出ることが多いのだそう。
また、全体相場の勢いに逆行できるだけの何かがあるということも示しています。

 

「遠くのものは避けよ」
【遠い】=【よく知らないもの】は避けなよ、ということ。

 

「利食い千人力」

含み益になっていたとしても、利確するまでは含み益は含み益のままです。
例えわずかな利益であっても損をする前に利確する方が賢明であり、「利食い(利確)することは千人の力を得るようなものですよ」という意味。

 

「咲いた株から散って、散った株からまた咲く」

花が咲くと、早く咲いた花から枯れていくものですよね。
株もそれと同じで、相場全体を牽引するほど買われた銘柄から天井をつけて、同じセクターや業種にいる2番手、3番手の銘柄が買われる流れとなることが多いのです。
そして、一番最初に天井をつけた銘柄から下がり、この場合も2番手、3番手と続きます。
更に、次の相場が来ると、下げて調整していた銘柄から買われていきます。相場全体を牽引していた銘柄の推移を見ることで相場全体を見ることができるわけですね。

 

 

今回は以上です。

見ていてほほーーーうと思ったものを中心に選んでみましたが、お役に立ちそうでしょうか。
相場格言というのはとにかく数が多く、とても一回では全て紹介しきれるものではありませんでした。

 

でも、ざーっと読んでおいて、いつかふと思い出して役立つこともあるのでしょうし、完璧に暗記するとまではいかなくとも、少しずつこうしてまとめらたらいいかなと思います。

自身で考えて技術を磨くことも土台として必要ですが、本を読んだり上手い人の話を聞くというのも、上達する近道の1つなのだと思います。(若干ズルというか、チートっぽくもありますが、この際気にしないw)

 

そんなわけで、今回はこの辺で失礼します(`・ω・´)ゞ

 

 

 

 

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓押して応援お願いします三└(┐Lε:)┘
(いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

コメント