株初心者さんに読んでほしい未公開株とは何か?詐欺に注意

株初心者さんに読んでほしい未公開株とは何か?詐欺に注意 株の基礎知識

 

 

未公開株とは、証券取引所に上場していない会社が発行している株式のことです。

通常、私たちが株取引をしている企業は、株式を公開して証券取引所に上場している株式です。
しかし、世の中の大半の株式会社は株式を公開せず、上場していませんよね。
それらは未公開株(非公開株、またはプライベートエクイティ)と呼ばれており、通常の株取引のように株の取引ツール等で取引を行うことはできません。

 

ただ、場合によっては未公開株式の取引は可能で、【未公開株投資】と呼ばれ、通常の株取引よりも高いリターンを期待できることから一部の投資家からは人気があります。

今回は未公開株とはどんなもので、どのように売買するのか、また売買するときの注意点をわかりやすく解説します。
特に未公開株は株式の世界では詐欺にも使われるので、もし「ばく大な利益につながる未公開株がある」なんて話があった場合は、要注意です。
詐欺被害にあわないためにも、未公開株がどんなものか理解しておきましょう。

 

未公開株とは何か?

まず最初に、未公開株とは【株式を公開せず、上場していない企業の株式】です。
証券取引所に上場している企業は株式を公開して、SBI証券や楽天証券などの証券会社を通して取引をしますよね。

でも、未公開株の場合は基本的に公開されていないため、証券会社を通して取引をすることは基本的にできません。
このため、様々な面で上場している株式と違いがあります。

 

公開されている株式と未公開株の違い

通常の公開されている株式とは様々な面で違いがありますが、ざっくり言うとこの3つです。

  1. 保有している人や団体
    公開されている株式の場合は、機関投資家や個人投資家、そして創業者やその親族、関連会社、様々なファンドの中にも組み込まれていたりしますよね。
    会社とは直接関係のない人でも株主になれます。
     
    ですが、未公開株の場合は、株を保有している人たちが圧倒的に少ないんです。
    会社の創業者やその親族、関連会社、そして場合によってはベンチャーキャピタルという会社(または投資ファンド)のみです。
    つまり、直接その会社と関りがある人たちが中心です。
     
  2. 株主という存在
    株式会社の株式を持つと、株主になれますよね。これは公開されていても未公開でも同じです。
    ですが、公開されている場合は、株主に対して自社の情報を開示し、説明し、理解してもらうことが必要になるんです。
    例えば決算の内容が悪かったことに対する説明であるとか、工場を建てたいとか、新たな事業を始めるとか、そういった場合は株主に説明して、理解を得なければいけません。
    なぜなら、保有する株式の多い人であれば「そのやり方はどうなの?」と口を出したり、まして「その案は却下です」と言うことすらできてしまうからです。

    要するに、株主は所謂パトロン的な存在なので、経営に口を出すことができてしまうんですね。何%持っているとこんな権利がある、という決まりもあります。
    ※気になったらTOBの記事に詳しく書いてあるので、ご覧ください。
    TOBとはなに?株価はどうなるの?わかりやすく解説
    こんにちわ、もちこです。 株に関するニュースを見ていて、【TOB】という単語が出てきたことはありませんか? このTOBって何のことなんでしょうか。【T(とっても) O(おいしい) B(ぼたもち)】でしょうか。 実はTOBという...

     
    でも、未公開株の場合は少し違います。
    創業者の他に株主がいるにはいますが、ごくわずかです。その人たちの理解を得るだけで良いので、未公開株の場合は非常に楽です。
    「経営に対して株主からあれこれ口出しされたくない」という理由で上場しない会社もあるくらいです。
     
  3. 取引方法
    公開されている株式の場合は、あなたもご存知の通りSBI証券や楽天証券等の証券会社を通じて、証券取引所の開く平日の09:00~15:00の間に取引ができますよね。
    ですが、未公開株の場合は、取引できること自体が稀であり、取引する際も特殊な方法で取引することになります。
    その会社から直接買うか、稀に未公開株を扱う証券会社で買うか、ベンチャーキャピタルを含めたPEファンドと飛ばれる未公開株を含めたファンドに投資をする等の方法がありますが、後程詳しく解説します。

 

未公開株のメリットとデメリット

未公開なだけに謎も多い未公開株ですが、一部の投資家からは人気があります。
なぜなら、相応なリスクはありますがリターンが非常に大きいためなんです。
ここではメリットとデメリットを説明しますよ。

未公開株のメリット

  • 企業を応援できる
    もしあなたが「この企業に成功してほしい」「応援したい」という気持ちがあれば、株を買って資金提供を行うという形で応援することができます。
    勿論、上場している企業に投資することも同じですが、未公開株式の場合は株式による資金調達が難しくなっているので、より資金援助(投資)の意味合いが強くなります。

  • リターンが非常に大きい
    まだ誰も注目していないような小さい会社に投資したとして、更にその会社が無事に軌道に乗って上場した時に、あなたが持つ株式は大化けすることになります。
    通常の上場している株取引と比にならない程のリターンが返ってくることも多いのだそうです。
     
    新規上場する銘柄のことをIPOと言いますが、大体の銘柄は上場した時につけられる初値が募集価格よりも大きくなります。
    まして募集価格よりも安く手に入れていた場合は、上場した際に売れば大きな利益となってくれることでしょう。

    IPOに関する解説はこちら。
    https://media-b.jp/ipo

  • 買収される心配が少ない
    株式市場を見ていると、時々合意のないTOB、いわゆる敵対的TOBということが起きています。
    敵対的TOBは、簡単に言うと「今からお前の会社の経営権奪えるくらい、お前のとこの株買い占めるからな」という風に、合意のないまま突然株を買い占められて、実質的に会社を買収されてしまうことです。
     
    ※敵対的TOBの詳細はこちらで説明しています。興味があればどうぞ。
    TOBとはなに?株価はどうなるの?わかりやすく解説
    こんにちわ、もちこです。 株に関するニュースを見ていて、【TOB】という単語が出てきたことはありませんか? このTOBって何のことなんでしょうか。【T(とっても) O(おいしい) B(ぼたもち)】でしょうか。 実はTOBという...

     
    上場している以上はどうしても付きまとうリスクですが、未公開なら話は別です。そもそもで取引がほとんどできないので、買収される心配はほぼありません。
    会社としても投資家としても安心ですね。

 

未公開株のデメリット

  1. 流動性が非常に低い
    株式が公開されていないということは、取引をするにしてもいつでも売買が出来るわけではありません。
    運よくどこかで買えたとしても、常に売れるわけではないので現金化が難しいです。
    もし売買する場合は、上場している株式と比べると非常に流動性が低い点は常に覚えておきましょう。
     
  2. 売買に手間も時間もかかる
    未公開株を売買する方法はのちほど詳しく解説しますが、基本的に上場している企業の株式を取引するよりも遥かに大変です。
     
    まず取引する方法が特殊になりますし、取引する際にその企業について細かく調べて自分で判断する必要が出てきます。
    中途半端な知識があるだけでは心もとないうえ、未公開株を買わないか持ち掛ける詐欺も非常に多いので注意が必要です。
     
  3. 企業としての地盤が非常に不安定な場合もある
    未公開株は上場している会社と異なり、会社の地盤が非常に不安定なケースがあります。
     
    例えば、マザーズに上場する銘柄でも時々「ここ大丈夫?」と言いたくなる会社があったりしますが、それでも一応マザーズに上場できるラインの条件は満たしているんです。
    つまり、マザーズの銘柄は証券取引所から「上場するうえで企業として最低限の合格ラインはあるし、将来性があると思う(確信じゃない)」というお墨付きはもらっているわけですよね。
     
    しかし未公開株の場合は、上場するうえでの合格ラインに達しているかどうか、本当に将来性があるかどうかのお墨付きは一切ありません。
    公認会計士や監査法人による会計監査も受けていないことがあります。
    あなたが判断するしかありません。
     
  4. 投資しても必ずリターンがあるとは限らない
    先ほどの【企業としての地盤が不安定な場合がある】ということと関連しますが、未公開株は必ずリターンがあるとは限らないのです。
    むしろ何の前触れもなく企業が倒産してしまって、投資した金額が一切戻らないこともあります。
    上場企業もそれは同じですが、上場企業はまだ情報が開示されていたり、株主に対する説明義務があるため、「そろそろやばそう」という空気を感じ取ることも出来れば、その瞬間に売り抜けてしまうこともできます。
     
    ですが未公開株は違います。
    そもそもで売ることが非常に困難なので、最初からほとんど【お金をあげるつもり】で投資することになります

 

未公開株取引はハイリスク・ハイリターン

メリットとデメリットを踏まえて、未公開株の取引はハイリスク・ハイリターンであると言えます。
返ってくるリターンは非常に大きいかもしれませんが、「数年後にその会社が存在できているのか?」というところから考えてみる必要があります。
もし買うことを検討している場合は、かなり慎重になるべきでしょう。

投資全般の基本として、【投資は無くなってもいいと思える余剰資金で行う】というものがありますが、未公開株の場合は特にこれが重要です。

 

未公開株の取引方法

では次に、未公開株の取引方法を解説しますよ。
普段上場している銘柄で取引をしている方には、どれも馴染みのない方法です。

  • 相対取引
    まず最初は、欲しい株を持っている人から直接譲ってもらう【相対取引】という方法です。
    ただ、多くの方が想像したかもしれませんが、この方法はかなり難しいです。

    現在株を保有している株主に交渉したとしても、株式の保有比率によっては経営権に口出しできるため、そう簡単に譲ることはないでしょう。
    その会社と交渉できるだけの関係性を持っている場合は別ですが、基本的に無関係の個人投資家が交渉しても上手くいく確率は低いので、あまり現実的ではありません。
     
  • 証券会社
    ごく稀ですが、証券会社によっては未公開株を取り扱っていることがあります。
    なぜなら、未公開株を発行している企業から委託されているためです。
     
    しかし、金融商品取引業者の登録がある会社でなければ未公開株を扱うことができないため、もし怪しげな会社から【未公開株を買わないか】と連絡がきたら、必ず金融商品取引業者の登録があるか確認しましょう。必ずです!
     
  • PEファンド
    PEファンド(プライベートエクイティファンドの略)とは、機関投資家や個人投資家からお金を集め、そのお金で上場していない企業に投資を会社を育て、将来的に上場や売却益を狙う投資のことです。
    経営コンサルを提供することもあるそうなので、育てるという意味合いが強いようですね。
     
    基本的にファンドなので、個別の企業に投資をするということはなく、あくまでファンドにお金を渡して、そのファンドを運用したことで発生した利益を投資家に分配しています。
    ただ、非常に多くの資金で投資することになるので、個人投資家には縁遠い仕組みかもしれません。
     
  • 株式投資型クラウドファンディング
    現在一番現実的で、なおかつはじめやすい方法で、【株式投資型クラウドファンディング】というものがあります。
    これは未上場の企業にクラウドファンディング型で投資ができるサービスです。
     
    サイト上で様々な企業のプロジェクトが紹介されており、その中から将来性のありそうなもの、あなたが見込みがあると思ったプロジェクトに投資ができるようになっています。
    クラウドファンディングをやったことがある方なら分かるかもしれませんが、目標金額に達成するとプロジェクトが動き出します。
     
    投資できる金額の上限は50万円に定められており、WEBサイト、またはメールでの手続きしか認められていません。
    もし電話や訪問で【株式投資型クラウドファンディングで投資しませんか?】と言ってくる業者がいたら違法なので相手をしてはいけません。
    また、こちらも金融商品取引業者の登録が必要なので、もし利用を検討する場合は、必ず金商番号を確認してください。必ずったら必ずです。

    日本証券業協会のページも確認してみてください。

 

未公開株を買わせようとする詐欺に注意!!

未公開株はハイリスク・ハイリターンとはいえ、投資家であれば挑戦してみたくなるかもしれませんが、実は株式投資の世界では詐欺の常套手段として【未公開株に投資をしないか勧誘する】という手法が多く使われています。

やり方は簡単です。
「あなただけに非常にお得な情報がある。今なら上場間近の会社の未公開株に投資することができて、これに投資すると高い利益を得られる」
と誘いをかけてくるのです。
でも、実際には投資を持ち掛けてきた会社は金融庁の登録がない無登録業者で、肝心の未公開株について株式の発行元に当たる会社に問い合わせてみても「上場の予定はない」と言われてしまい、投資家のお金は全てだまし取られていた…なんてことになってしまうのです。

 

先ほども解説してきた通り、未公開株というのは個人投資家がなかなか巡り合えるものではありません。まして、よく知らない会社が突然あなたに持ち掛けてくることはほぼありません。
一攫千金的なものを求める投資家にとっては、非常にレアリティが高く魅力的な案件に見えてしまいますが、うっかり騙されないように注意してください。

未公開株はそう簡単には取引できるものではありません。
仮に取引できる機会があったとしても、通常の株式投資よりも会社を分析するための様々な知識が必要となるため、【本当にその企業が成長する見込みがあるかどうか】の見極めが非常に困難です。

金融庁でも注意喚起しています。
https://www.fsa.go.jp/ordinary/mikoukai/

 

未公開株と同じくらいのリターンも夢じゃない?

 

未公開株の魅力というのは、非常に高いリターンにあるわけですが、通常の株取引でも高いリターンを狙う方法がたくさんあります。

トレードに関して勉強をして精度を高めたり、値幅が取れそうな銘柄で的確にトレードができれば、未公開株に匹敵するほどの利益を重ねることもできます。

私がおすすめするのは、今旬な銘柄を知り、冷静に相場を観察すること。
そのうえで、こちらの無料メルマガを毎日参考にしています。

新生

名前(ニックネームOK)とメールアドレス(フリーメールOK)を登録するだけで、毎日無料で1銘柄が配信されるだけでなく、的中率の高い相場解説を読むことができますよ。

退会方法もメールを送るだけなので、非常に簡単です。
無料でも役立つ情報なら受け取らにゃ損損。

 

未公開株の取引は慎重に!

未公開株投資は決して簡単ではなく、取引できる機会に恵まれることもそうそうありません。

近年では株式投資型クラウドファンディングの存在もあるので、もし気になる会社があった場合は株式投資型クラウドファンディングで、どんなプロジェクトをやろうとしているのか確認してみるのは良いかもしれません。

ただ、やはり未公開株取引はハイリスク・ハイリターンであり、投資判断が難しく、詐欺も多いです。
もし興味があって取引をしようと考えた時は、最悪の場合投資したお金が一切返ってこないことも常に覚えておいてください。
間に証券会社を挟む場合も本当に信頼できる会社か確認し、自分で投資判断ができる程の知識を身に着けることをおすすめします。

では、今回はこのへんで失礼します。また今度。

 

 

 

🥰よく読んでもらえています🥰

相場をズルく生き残るとっておきの小ワザ

年収300万OLの悲惨すぎる貯金事情

 

ランキングに参加しています! ブログが面白かったらぽちっとお願いします😘

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

「このブログの読者になってやるぜ仕方ないな」という男気溢れる方はこちらをぽちっと。↓

株初心者もちこのゆるゆる株日記 - にほんブログ村