PBRって何? PERとどう違うの?

株の話

 

こんにちわ、もちこです。

 

この前はPERについて書いていましたが、今日はPBRについて調べてみました。
ややこしいですよね、PERとPBR……。

 

しかもこの2つは更にややこしいことに、どちらも割安・割高を判断するための数値なんですよ。

 

でも、とりあえずはPBRとはなんぞや? というところから見てみましょう!

 

 

 

PBRとは、Price Book-value Ratio(株価純資産倍率)の略で、

【会社の持ってる純資産に対して、今の株価が割安か割高かを判断するための数値】のことです。

て言われてもパッと思いつきませんよね……。

 

 

 

まずは、PBRを算出するうえで基準にしている純資産から説明しましょう。

純資産というのは、自己資本、つまり会社の資産のこと。
株主からもらった資金や、これまで自分で出してきた利益の貯蓄なんかのことですね。

 

 

この純資産に対して、1株あたりの株価が純資産の何倍になったものか示したものがPBRです。
1倍を基準として、

・1よりも数字が大きければ割高。

・1よりも数字が低ければ割安。

と判断しますよ。

 

 

 

東証1部企業の場合は純資産が多いため、PBRが低いことが多いです。
逆に、マザーズに上場しているような若い企業の場合は純資産が少ないため、PBRが高いことが多いです。

 

また、PBRは業種によって平均が大きく異なりますので、銘柄を比較する時は必ず業種別の平均値も確認してみましょう。

 

 

 

ちなみに、PBRを求める計算式は↓↓です。

【PBR=株価÷BPS(1株あたりの純資産)】

でも、これを計算するにはBPSと呼ばれる1株あたりの純資産を算出する必要があります。
BPSを求める計算式は↓↓です。

【BPS=純資産÷発行済株式総数】

とはいえ、特にこれは覚えておかなくても大丈夫かもしれません。
自分で計算しなくても、証券会社のアプリやyahooファイナンスで数値を確認できます。

 

 

 

でも、ちょっと待ってください。

 

 

 

冒頭でも言いましたけど、株価が割安か割高か判断するなら、PERが既にありますよね。

PERとPBRはどう違うのでしょうか?

 

違いは案外簡単です。

PERは純利益を基準にして、割安・割高を判断するのに対し、
PBRは純資産を基準にして、割安・割高を判断しています。

 

 

PERの場合は純利益が基準なんですね。

ちなみに純利益というのは、企業の純粋な利益のことです。

会社で稼いだ利益って、そのまんま全部が利益にならないことは何となくわかってもらえると思います。
通常は会社が得た利益の中から、法人税・消費税・住民税など税関係や人件費、その他諸々の経費なんかが引かれます。
それで最後に残った純粋な利益が純利益です。

 

 

 

 

色々わかりにくいかと思いますので、社会人に置き換えて考えてみましょう。

・PBRはその人の貯金額です。
・PBRの数値が低ければ貯金が多く、数値が高ければ貯金が少ないということ。

 

・PERはその人の稼ぐ能力です。
・PERの数値が低ければ、稼ぐ能力がありますが、数値が高ければ、稼ぐ能力が低いということになります。

 

つまり、現在のもちこの場合なら、
PBRは高く20倍くらい、PERは普通で15倍くらいです。(多分)

 

 

 

 

 

 

PERの話もそうですが、PBRは難しいですね……。
私も完全には理解しきれていない部分もあるのですが、決算を見慣れているともう少し理解しやすいのかも。

こういうデータを見るうえで「目が慣れる」ことが大切、とかよく言いますが、本当に慣れるのかなw

でも、株は今後も長く楽しみたいので、徐々に慣れていきたいものです。

コメント