日経平均株価に寄与度の高い銘柄を調べてみた~2019年7月~

日経平均株価に寄与度の高い銘柄を調べてみた~2019年7月~ 株の話

 

 

みなさんこんにちわ、もちこです。

今日も日経平均株価、見てますか?

 

 

私は取引中にようやく確認するクセがついてきました。(時々忘れることもあります)

指数を見たからといって指数と個別銘柄の動きが必ずしも連動するとは限らないのですが、いわばその日の景気というか、出来高や売買代金を知るうえで非常に重要だということが、ようやく分かり始めました。

 

なんですが、見ていて私はふと疑問に思ったのです。

今の時点での日経平均に寄与度の高い銘柄は、どれなのだろうか? ということを。

 

 

勿論、上位のものだけは何となく知っています。
ファストリ、それからSB、そしてファナックですよね。
でも、それ以降はほとんど知りませんし、どんな業種の企業がいるのかも知りません。

 

日経平均の寄与度の高い銘柄を押さえておけば、日経平均に採用されている225銘柄が全体的に調子がいいのか、あるいは特定の銘柄が日経を牽引しているのか? ということが、すぐわかるはず。

 

 

そんなわけで、2019年7月下旬現在の日経平均に寄与度の高い銘柄、上位20位までをまとめてみることにしました。

 

これは寄与度の高さであって時価総額の大きさではないので、企業の大きさということではありません。ご注意ください。

※このデータは2019/07/29まとめたものです。
半年後や一年後には入れ替わっている可能性もあるので、あくまで現時点での日経の寄与度が高いもの、としてご覧ください。

 

① 9983 ファーストリテイリング
業種:小売業

言わずとしれたユニクロの会社ですね。
寄与度が高いだけあって、よく日経と連動して激しい上げ下げをしています。
私が見ている時点(2019/07/29)でも株価は66,750円。つまり1単元で6,675,000円……(・_・;)

ちなみに、2003年1月時点では、たったの4,270円で買えました。
現在は大体15倍くらいの株価になっているので、テンバガーを軽く超えていますw
16年前にファストリを500株も買っておけば今頃億り人だったんですね。

 

② 9984 ソフトバンクグループ
業種:情報・通信業
おなじみ情報・通信といえばソフトバンクです。
野球の親会社であったり、様々なインターネット関連企業から携帯電話の電気通信事業者を傘下に置く持株会社。

同じ東1に9434 ソフトバンク(株)がいますが、これは昨年の12月に上場しています。
こちらはソフトバンクG内のソフトバンク事業を受け持つ携帯電話、電気通信事業のみのソフトバンクです。(ソフトバンクがゲシュタルト崩壊しそう)

 

③ 6954 ファナック
業種:電気機器
普通に生活していたら、あまり馴染みのない会社かもしれません。
世界的に有名な会社で、工場の自動化設備に特化したメーカーです。
工作機械用CNC装置で世界首位であり、産業用ロボットでも世界首位の会社。

 

④ 8035 東京エレクトロン
業種:電気機器

 

⑤ 9433 KDDI
業種:情報・通信業

 

⑥6971 京セラ
業種:電気機器

 

⑦ 6367 ダイキン工業
業種:機械

 

⑧ 4543 テルモ
業種:精密機器

 

⑨ 4063 信越化学工業
業種:化学

 

⑩ 6098 リクルートホールディングス
業種:サービス業

 

⑪ 8028 ユニファミリーマードホールディングス
業種:小売業

 

⑫ 9735 セコム
業種:サービス業

 

⑬ 6857 アドバンテスト
業種:電気機器

 

⑭4452 花王
業種:化学

 

⑮ 6762 TDK
業種:電気機器

 

⑯ 4911 資生堂
業種:化学

 

⑰ 4519 中外製薬
業種:医薬品

 

⑱ 4503 アステラス製薬
業種:医薬品

 

⑲ 9613 NTTデータ
業種:情報・通信業

 

⑳ 7203 トヨタ自動車
業種:輸送用機器

 

 

■業種まとめ
電気機器:5
化学:3
小売:2
情報通信:2
サービス業:2
医薬品:2
輸送用機器:1
機械:1
精密機器:1

 

 

日本株では機械関係がものすごく強いんですね。
「何を今更」というお話ですが、自分であーだこーだと調べたものを眺めていると、日本という国の輪郭がやけにリアリティのある状態で目の前に出てきたように見えて、少し驚きました。

 

電気機器・化学・医薬品……並べてみると、日本はかなり理系寄りの産業が中心なんですね。
私の中で日本は【文学の国】だと思っていましたが、どうやら【科学の国】みたいですw

 

 

そして、早速これらの銘柄を日経の寄与度の高い銘柄として、アプリに登録してみました。

日経に寄与度の高い銘柄

これを見れば、日経が何故上下しているのか、多少は想像がつくのではないでしょうか。

 

早速明日から活用してみる予定です。
このデータは勿論更新が必要となるので、ひと月に一度くらいアップデートしてあげた方が良さそうですね。

 

では、今回はこの辺で失礼しますm(_ _)m

 

 

 

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓押して応援お願いします三└(┐Lε:)┘
(いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

コメント