もちこのクソゲー日記~The Immortal~

ゲーム_theimmortal ゲーム

 

 

こんにちわ、もちこです。

平成も今日で終わりだというのに、今回はクソゲーの話です。

 

 

これまで紹介してきたゲームは日本のゲームばかりでしたが、今回は洋ゲーにしてみました。

 

ゲームがまだまだ一部のファンのものだった頃は、洋ゲーといえば謎に濃いグラフィックや残酷表現・ゲームバランスの崩壊したものが多い印象があったのですが、私はその独特さが結構好きです。

 

今回紹介するのも独特な雰囲気のある洋ゲーで、わりと有名な死にゲーの一つです。

 

タイトルは【ウィザード・オブ・イモータル(The Immortal)】

1993年にエレクトロニックアーツビクターから発売されている、アクションアドベンチャーゲームです。機種はメガドライブ。

 

 

 

主人公である魔法使いが師匠を助けに迷宮に挑む、というお話なのですが、とにかく即死系の罠が多すぎるうえに、ちょっとした残酷表現のオンパレード。

 

しかも【英語を無理やり日本語に訳した感】が強く、エキサイト翻訳のようなカチカチの日本語が多いです。

洋ゲーらしい独特の雰囲気と合わさって、何ともいえないゲームに仕上がっています。

 

 

 

 

 

ゲームスタートすると、主人公は迷宮の入り口と思しき部屋に立っているのですが、テーブルの上にあったろうそくの煙が師匠のモーダミアさんの幻に変わり、主人公に告げます。

 

「ダンリック、私を助けに来たか。私は地下深くにいるから来てくれ」

 

なるほど、主人公のおじいちゃんはダンリックさんという方なんですね。

 

しかし、ここでプレイヤーに驚きの内容が告げられます。

 

「しかしメッセージには おかしなことが・・・

あなたの名前はダンリックではないのだ。

 

どうやら主人公は【ダンリック】じゃないらしいです。じゃあ誰なんだ?

 

 

ちなみに、この部屋にある穴の近くで2秒ほどぼーっとしていると、突然【移動した方がいいかもしれない!】というメッセージが流れて、巨大ワームのようなものに瞬殺されます。わけがわからない。

 

でも、このゲームは終始こんな感じで、「どの脈絡からこんな死に方しなきゃいけないの?」という罠だらけです。製作者はとにかく主人公を殺したかったのでしょうか。

 

 

 

 

とりあえず部屋を出ると、可愛げの全くないゴブリンと戦う羽目になるのですが、戦闘方法がかなり独特。

まずおじいちゃんと敵は正面から結構な至近距離で向き合っています。距離近くない?

 

そして、主人公のおじいちゃんは一応魔法使いのはずなのですが、「ヴァフン、ヴァフン」という敵の掛け声に合わせて左右に避けつつ、敵が疲れてきたところでナイフでざくざくと相手を切り刻みます。魔法は?

 

相手の体力が尽きる最後の一撃はやっと魔法を使ってくれるのですが、非常に残酷な技ばかりです。

 

相手の頭を杖でこつ、とつつくと相手の頭が爆発四散したり、相手の頭から胴までナイフで縦に真っ二つにしたりと、無駄にグロいうえにバリエーション豊富……。

おじいちゃんの必殺技は容赦がありません。

当時のゲームなので、内臓や流血表現があるため結構気持ち悪いです。

 

 

 

 

 

物語が進むと様々なアイテムが手に入るのですが、そのどれもが説明がなさ過ぎて何に使うのかよくわからないうえに、ちょっと間違うだけですぐにおじいちゃんが死にます。

 

あとほぼマップの全面に脈絡のない罠があるので、片時も油断なりません。

一例を紹介すると…

 

・移動する落とし穴のようなものに落ちて即死。

・間違った場所できのこ栽培を始めると即死。

・スライムに溶かされて即死。

・空飛ぶ絨毯のスピードが早すぎて即死。

・「アミュレットに書いてあるルーンを読め」と言われて素直に読んだら即死。

 

こんな感じで即死罠がとにかく多く、死にゲーと呼ばれるだけのことはあります。

おじいちゃんの残基がスナック感覚で減っていくので、段々楽しくなってきます。

 

 

 

 

しかも、とにかくやるせないのが、劣悪で唐突で理不尽な罠をかいくぐり、頑張ってゲームクリアをしても短くてそっけない後日談しか出てこないことです。

何度も燃やされたり溶かされたり喰われたりしたのに!

 

 

ましてストーリーが結局よくわからないまま終わるうえ、主人公が一体誰だったのか、なんという名前の人物なのかは最後まで明かされません。とりあえずダンリックじゃないのは確かなのですが……。

 

ドラクエのように自分を投影しろということなのでしょうか。

おじいちゃんに自分を投影するのは、ちょっと無理があります。

 

 

 

 

ここまででもかなりお腹いっぱいなのですが、このゲームを更に濃いものにしているのが、独特の音楽にあります。

終始暗くて変な曲ばっかりです。

 

ちょっと口では説明ができないので、是非音楽は聴いてみてください。

本当に独特で、【暗い変な曲】としか言いようがないのですが……。

 

Mega Drive Longplay [040] The Immortal

 

 

 

 

 

私は理不尽な展開や超展開・心折設計であればあるほど好きになってしまうのですが、このゲームもかなりいい具合に興奮させてくれました。

 

なにせ最初から「あなたはダンリックではないのだ」なんて言われるうえに、ラスボスも割と主人公の扱いが雑なんですよ。

 

基本的に何かアクションをするときは、大体一回は主人公が罠にかかったり理不尽な仕様に引っかかりますし、そのへんの酷さが本当に好きです。

1人で落ち着いて、紅茶でも飲みながら、まったりと実況を見ていたいゲームですね。

 

 

 

 

 

では、またこんど。

 

 

 

 

もし記事が面白かったら、ブログ村のボタン↓↓押して応援お願いします三└(┐Lε:)┘

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

コメント