為替って何?為替と株にどんな関係が?わかりやすく解説

為替って何?為替と株にどんな関係が?わかりやすく解説 株の基礎知識

 

こんにちわ、もちこです。

一般的に【為替】というと、国と国の通貨を交換することを言います。
よく「1ドル100円」と表現されたりする、アレのことです。

この為替というのが株と深い関わりがありまして、日本円の価値が下がる円安になれば日本株は上昇しやすく、逆に価値が上がる円高になれば下落しやすいという特徴があります。

 

でも、なぜこんなことが起きるのでしょうか。
そもそも、為替について分かるようなわからないような……。

 

そんなわけで、今回は知っているようで知らない為替について、わかりやすく解説したいと思います。
わかりやすく書いているので大丈夫です。肩の力を抜いてご覧ください。

 

為替とは何か?

まず最初に為替とは何のことでしょうか。
実は本来の為替の意味とは、「現金を使わずにお金をやり取りする方法」のことなんです。

 

例えば、現在も郵便局に郵便小為替というのがありますが、これも立派な為替の一つです。
郵便小為替とはどんなものか、例を出して説明してみましょう。

 

AさんがBさんから何か商品を購入したとして、その料金を支払いたいとします。
でも、2人は遠く離れた場所に住んでいて、直接会って現金を支払うことが難しかったんです。

そこで、商品を買ったAさんが、郵便局で商品の値段分の【郵便小為替】というものを買って、その郵便小為替をBさんに送りました。
そして、郵便小為替を受け取ったBさんは、最寄りの郵便局で小為替を現金化して、商品の料金を受取ることができるんです。

まさに「現金を使わずにお金をやり取り」をしましたよね。これが為替です。

 

この一連の流れ、【商品の値段分の為替を買う→相手に為替を送付→受け取った相手が為替を現金化】という方法は、日本でも江戸時代頃からあったのだそうです。
手形や小切手なんかも為替の一種ですよ。

直接現金を送るよりも安全で確実な方法として重宝されており、現在も続いている素晴らしい方法なんですね。

 

国同士の通貨を交換する外国為替取引

では本題に戻って、冒頭でも出てきた「1ドル100円」のようなアレは何? と思うかもしれませんが、あれは【外国為替取引】というものなんです。

先程例に出てきた為替は、日本国内で日本円を使った個人間での取引でしたよね。
でも、違う国同士の通貨を交換するのが、【外国為替取引】です。
商品が通貨に変わって、取引をする相手が国に変わったんですね。

例えば、よく言う【1ドル100円】というのは、「アメリカドルの1ドルは日本円にすると100円の価値がある」ということなのですが、交換しながらその価値を決めているのです。

今では一般的に【為替】というと、この【外国為替取引】を指すことが多いです。

 

為替は需要と供給で動く

外国為替取引では常に通貨の取引が行われていて、取引が成立するごとに通貨の価値が変わります。

例えばドル円が1ドル100円だとして、101円で売りたいという人と101円で買いたい人の注文が合致すれば101円になりますし、99円で売りたい人と99円で買いたい人の注文が合致すれば99円になります。(これはあくまで例で、ドル円は通常小数点以下の銭の単位で動くことが多いです)

つまり、買いたいと思う人が多ければ多いほど通貨の価値が上昇し、売りたいと思う人が多ければ多いほど価値が下がるという、需要と供給で価値が変動するんですね。

為替の取引は土日を除いて24時間動き続けており、毎秒ごとに刻々と値段が変わり続けます。

 

需給が動くタイミング

本質的には先程の項目で出てきた通り、需要と供給で動きますが、どんなタイミングで需給は変化するものなのでしょうか。

それは投資家の心理に大きな要因があります。

 

例えば、アメリカのさらなる成長を促す強烈な金融政策が発表されたとしたら、アメリカの景気が良くなることが期待されるので
「メイクアメリカグレートアゲインのイエスウィーキャンっしょ」
と考える人達によってドルが買われ、ドルの価格が高くなります。
米国の価値が上がると期待されると、通貨も高くなりやすいんですね。

また、経済指標が発表されるタイミングでも大きく動くことが多いです。
代表的な経済指標では、米国の雇用統計(米国内で農業以外の仕事についている人の人数や、失業率などをまとめたもの)や、GDP(国内総生産)があります。

更に、紛争や国家間の緊張、災害等によっても大きく動くので、大雑把な言い方になりますが【国の期待や価値の変動=為替が動く】とも言えます。

 

メモ:通貨ごとの特徴

余談ですが、各国の通貨にはそれぞれ特徴があります。

例えば、日本円・スイスフランは安定資産として認識されていて、有事の際に買われることが多いです。
「世界が終わるー! 日本円を買えー!」ということです。
金融危機が訪れたり、災害が起きたりといった時は買われます。

 

逆に、新興国や発展途上国の通貨はハイリスク・ハイリターンなので、金融市場がイケイケドンドンな時に買われる傾向があります。
「世は大バブル時代!! 乗るしかないこのビッグウェーブ!! 新興国通貨買うぜ!!」
ということです。

 

また、日本や米国等の先進国の多くは、通貨が安くなったり高くなったり刻々と変動する【変動相場制】ですが、レートを一定の幅に抑える【固定相場性】を導入している国もあります。

 

円安・円高とは

為替といえば、「円安・円高・ドル高・ドル安」なんて言葉をよく聞きますよね。
業界人ぽくて格好いい語感です。「今日は円安だったもんなァ」なんて言われたらシビレます。

そんな格好のいい円安や円高ですが、少しこんがらがる可能性があるので、わかりやすくいきましょう。

まず、1ドルを日本円にすると100円だとします。
10ドルのものを買うのに必要な日本円は1,000円ですよね。

でも、値段が変わって1ドルが90円になったとします。
すると、10ドルのものを買うのに必要な日本円は900円になります。

 

何となくピンときたかもしれませんが、1ドルに対して日本円が100円から90円になったということは、日本円の価値が上がったということなんです。
つまり、円高なんです。
100円から90円になったので、見た目では円安かと思いますが、1ドルの価値に対して日本円の価値が高くなったんですね。

逆も考えてみましょう。
1ドルが100円から、1ドル110円になったとします。
すると、10ドルのものを買うのに1,000円だったのに、110円になってしまうと1,100円必要になるんです。
ドルに対して日本円の価値が下がってしまったということで、円安になるんですよ。

 

ドル高やドル安も同じ意味です。
円高・ドル安と表現されることもありますが、先程の例でいえば、
1ドル=100円だったものが、1ドル=90円になった状態は円高ドル安です。

 

為替と株の深い関係・円安になると株高になる?

為替と株には非常に深い関係があり、株をやる人ならほぼ為替も見ていることでしょう。
なぜなら、日本株は円安になると株高になりやすいのです。

自国の通貨の価値が下がるのに、なぜ株高になりやすいのでしょうか。
それは日本の経済が輸出産業によって支えられているからなんです。

 

改めて考えてみると、日本は本当に資源の少ない国ですよね。
石油も出ませんし、大規模な農地を作るほどの国土もありません。
このため、日本は材料を輸入して、それを加工し、海外に輸出するという加工貿易によってここまで成長してきた貿易大国です。
それは現在も同じで、自動車や電子機器・精密機器などの輸出産業が多いんですね。

 

つまり、円安になると商品の値段を安くして沢山海外に輸出することができるので、日本の得意な加工貿易をするうえで非常に有利になります。
ことのことがあるため、円安になると株も高くなりやすいんです。

 

ただ、勿論円安になって安くなる銘柄もありますよ。
主に輸入することが重要になる銘柄では、円安の状況だと仕入れ値が高くなってしまうので不利です。

 

世界経済と為替と株

金融市場は何かと複雑な用語が多い上に、日常的に関わることが少ないととっつきにくいですよね。

為替は海外旅行をする人ならまだ少し分かるかもしれませんが、旅行をしない人にはちんぷんかんぷんの世界だったりします。
ですが、蓋を開けてみると意外と単純です。

  • 国と国同士の通貨を交換しているのが【外国為替取引】。
    ※もともとの【為替】は現金を使わないでお金を支払う方法。
  • 需給の変化によって為替相場は動く。
  • 円安はドルなどの通貨に対して円の価値が下がること。
    例:1ドル100円→1ドル110円。
  • 円高はドルなどの通貨に対して円の価値が上がること。
    例:1ドル100円→1ドル90円。
  • 日本は輸出産業が強いので、円安になると株高になりやすい。

ざっくりとこれだけ覚えておけば十分です。

ぜひあなたも為替相場を見てみてください。
今までとは少し違う目線で見れるかもしれません。

では、今回はこのへんで。また今度。

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘ (いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

↓↓もちこがいつもお世話になっている投資顧問さん↓↓

無料で会員登録すると、市場がやってる日なら毎日無料メルマガで1つ銘柄を教えてもらえますよ。
プロの選ぶ銘柄は勉強にもなるので、よく利用させてもらっています。