信用残とは何か?買い残・売り残が多いと何が起きるのわかりやすく解説

信用残とは何か?買い残・売り残が多いと何が起きるのわかりやすく解説 株の基礎知識

 

こんにちわ、もちこです。
突然ですが、あなたは買い残売り残とは何かご存知でしょうか。

買い残とは信用取引で買われた株の、まだ決済されていない残りの株数のことで、
売り残も同じく信用取引で売られた株の、まだ決済されていない残りの株数のことです。
この2つは各証券会社のアプリやサイトで閲覧することができるようになっているんですよ。

 

「私は信用取引をしないから関係ないよ! 」

と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、ちょっと待った!
実は信用取引をしていなくても、買い残と売り残は非常に重要な要素なんです。
これを見ているのと見ていないのとでは運用成績にも差が出てくるかもしれません。

そんなわけで、今回は買い残と売り残、そしてその2つを見る上でのポイントをわかりやすく解説したいと思います。

 

売り残・買い残とは何か?

まず、売り残・買い残の見方をかんたんに説明します。
基本的なところですが、各銘柄は信用取引ができる銘柄というのが存在しますよね。

銘柄ごとに信用取引で反対売買がされていない株数の残りを示したものが、買い残と売り残です。

つまり
信用買い建てをして、まだ決済されていない株の数が買い残で、
信用売り建てをして、まだ決済されていない株の数を売り残というわけですね。

 

信用取引には一般信用取引と制度信用取引の2種類があり、
各制度の詳細は省きますが、大体の投資家は6ヶ月という期間中に決済をしなければならない代わりに金利が低い【制度信用取引】を行います。

このため、信用残を確認する場合は、下記の2点に注目してみてください。

  • 買い残と売り残に極端な偏りがないか。
  • 決済する期日がどのくらいに迫っていると予想できるのか。

各項目について詳しく説明してみますよ。
難しくないので大丈夫です。

 

極端に偏りがないか

まず最初に気をつける点は、極端に売り残・買い残に偏りがないか、という点です。

 

例えば、画期的な商品を開発して半年で株価が5倍に膨れ上がり、その後徐々に話題が落ち着き、下落トレンドに入ってしまったA社という銘柄があったとしますよ。
A社の買い残が700万株、売り残が50万株でした。

非常に買い残が多いですよね。
買い残ということは、借金をしてまで買った投資家が多いわけです。
では、「この銘柄は上昇する」と思っている投資家が多いということでしょうか。

でも実はちょっと違うのです。
むしろ、A社が大相場を築いたときに買い残が膨れ上がり、高値で信用買いしてしまって含み損になっている投資家が沢山いる可能性が高いです。
(※もっと厳密に言うと信用残の推移を見て判断します)

 

また、先程投資家の多くは6ヶ月という期間で決済をしなければならない制度信用取引を行うとお話しましたよね。
つまり、大相場から6ヶ月間の間に、膨れ上がった買い残が売りとなって降ってくる可能性が高いんです。

 

なので、この場合
【A社の株価は最低でも大相場を築いたあたりから6ヶ月間は上昇を抑える力が強い可能性がある=リスクが高い】と判断するわけです。

ちなみに、信用買いで買った銘柄が下がって、投資家が損を覚悟で売ることを【投げる】【投げ売り】と呼ばれます。

 

売り残が多い場合

先程の例では買い残が極端に多い例でしたが、逆に売り残が多い銘柄はどうでしょうか。

先程の逆で、売り残が多い=将来の買い注文が増えるということを意味するので、一見売り残が多い銘柄は【買いだ】と思えますよね。

 

ですが、売り残にも注意が必要です。
日経225に採用されている銘柄の場合は、機関投資家による短期的な利ザヤを狙った空売りである場合も多いようで、見た目ほど単純な話ではないようです。

 

また、リスクヘッジとして空売りも入れている投資家も存在しています。
特に機関投資家は上昇と下落のどちらに転んでも利益が出るように両建てしていることがあるため、この場合は「売りが多いぞ!ヒャッハー!!」と飛びつくとウルトラ上手に焼き尽くされる可能性もあります。

 

ちなみに、空売りをしていた投資家が、株価の上昇によって株を買い戻すことを【踏む】、【踏まれる】と呼び、
買い戻す力で上昇する相場のことを【踏み上げ相場】といいます。痛そう。

 

信用残の偏りは普段の出来高と見比べるべし

買い残・売り残がどちらかに偏っている場合は注意が必要ですが、例外として株数が50万株以下であれば、特に気にする程の量でもないと言えます。

 

ただ、普段の出来高と見比べてみて、極端に多い買い残・売り残の場合は注意してください。
普段の出来高からは考えられないほどに買い残が膨れ上がっているとしたら、どこかで非常に買い残が膨れ上がるような出来事があったはずで、それらがどこかで売りに来るはずだと警戒する必要がありますよ。

 

貸借倍率と信用倍率

信用残を見る際に必ず出てくるものに貸借倍率というものがありますが、これは買い残と売り残がどんな比率になっているのか示すものです。

買い残÷売り残で計算されるもので、先程出てきた例でいうA社(買い残が700万株、売り残が50万株)の場合の貸借倍率は14倍になります。

数字に強い方はなんとなくわかったと思いますが、貸借倍率は買い残が多いと1以上になり、売り残が多いと1以下になるので、買い残と売り残のどちらが多いのか一目瞭然です、
(私は数字に明るく無いので1以上→買い残多し、1以下→売り残多しと覚えています)

 

貸借倍率(信用倍率)はセクターによっても異なりますが、大体4倍以上だとリスクが高いと判断できるので、貸借倍率には注意をはらいましょう。

 

また、貸借倍率と似たものに信用倍率というものがあります。
貸借倍率は制度信用で取引された毎営業日の買い残÷毎営業日の売り残で計算された倍率で、
信用倍率は一般信用と制度信用2つの合計の前週末時点の買い残÷前週末時点の売り残で計算された倍率です。

 

決済する期日がどのくらいに迫っていると予想できるのか。

先程の例でも少し出てきましたが、信用残の買い残と売り残どちらかに極端に偏っているとしたら、反対売買を行う期日が非常に重要になります。

 

とはいえ、一つひとつの信用取引の決済期日を確認する方法はないので、その銘柄の普段の出来高と、これまで描いてきたチャートから推察することになります。

基本的には、大相場を築いた時の高値を基準に考えます。
出来高を増やしながら高値をつけたタイミングは、現物・信用共に投資家がたくさん参入してくるタイミングなので、そこから6ヵ月ということですね。

 

信用残はこまめにチェックを

買い残・売り残は日々変化しており、今週はずっと拮抗していたものが翌週はどちらかが多くなっている……という場合もあります。

株価が非常に高くなって信用買いも膨らんでいると、相場のピークや過熱感が分かりやすく見えてくるもあるのです。
大きな流れが変わる様を確認することもできるため、信用残がこれまでどのように推移してきたのかもチェックしてみましょうね。

ここを非常に重視して取引を行う投資家も多いので、ぜひあなたも取引したい銘柄がある場合は注意してみてください。

 

「信用残に偏りがありすぎる! でもどうしても取引してみたい……」
「買い残がお多いけれど中期的な投資をしても大丈夫?」

自分の持つ銘柄の信用残を見てそんな疑問を持ったときは、プロに相談してみるのもおすすめです。
今無料で登録すると、あなたが持っている銘柄のことを無料で相談に乗ってもらえます。

迷いに迷った時の頓服薬として活用してみてください。

 

では、今回はこのへんで。また今度。

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘ (いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

 

↓↓もちこがいつもお世話になっている投資顧問さん↓↓

無料で会員登録すると、市場がやってる日なら毎日無料メルマガで1つ銘柄を教えてもらえますよ。
プロの選ぶ銘柄は勉強にもなるので、よく利用させてもらっています。

 

※当ブログに掲載されている銘柄や投資の情報は株初心者もちこの見解で、売買を推奨するものではけっっっっっしてありません。
仮に売買したとしても
「あいつのせいでお弁当とか餃子についてくる袋に入ったお醤油の【どこからでも開封できます】がぐにゃぐにゃになって開封できなくなった。泣きたい」
ということになりますよ。本当です。
だから全く参考にしないでくださいませ。投資は自己責任でお願いします。