株式分割のメリット・デメリット!株価はどう動くのかわかりやすく解説

株式分割のメリット・デメリット!株価はどう動くのかわかりやすく解説株の基礎知識

 

株式分割とは、1つの株を複数に分割することを言います。
1株をいくつかに分割すると、株価もそれに伴って分割されますよ。

例えばあなたが1株1000円の100株持っていたとして、
1株を2つに分割された場合、保有株数は200株になり、1株が500円になるということです。

 

株式投資を行っていると時折株式分割に遭遇することがありますが、なぜこんなことを行うのでしょうか。
また、株式分割を行うメリットとデメリット、そして株価がどのように推移するのか気になるところです。

では早速、株式分割を行う目的から解説してみますよ。

 

何のために株式分割をするのか? その目的とは

株式の分割なんて、一見するとよくわからないですよね。
やる理由がよく分かりません。

けれど、株式分割は会社にとっても投資家にとっても非常に重要な目的を持っているんです。
目的は主に3つ。

  • 株価を下げて売買しやすくするため。
  • 更に活発な取引をしてもらうため。
  • 上場市場を変えるため。

株式分割を行う目的の1つ目は、株価を下げて、売買しやすくすることです。
例えば1株50,000円の株はなかなか買い手がつきませんが、25,000円だと買いやすくなりますよね。
売る時も同様に、株価が低いほうがやりやすくなります。

 

売買しやすくなることに加え、先程の例のように2つに株式分割をした倍、流通している株の枚数が2倍に増えます。
そうするとどうなるでしょうか?
株の数を多くするとことで、更に活発に取引してもらうことができますよね。
こんな風に、株の流動性を高めることも目的の1つです。

 

更に、現在上場している市場から指定替えをしたい場合も株式を分割することがあります。
例えば、マザーズから東証1部に指定替えをしたいと思ったら、東証1部に上場するための基準を満たす必要があるわけですよ。

その基準の中には【流通している株式数】【売買代金】【株主数】【時価総額】というものがあるので、それを満たすために株式の分割を行うわけです。
発行している株式の数が増えれば、売買代金も株主の数も時価総額も、大きくなりやすいですよね。

 

株式分割のメリット

株式分割は価値を変えないままで株価を下げられるため、投資家にとって多くのメリットがあります。

  • 買いやすくなり、売りやすくなるため、取引が活発になる。
  • 株主優待がある場合は、優待を受けやすくなる。
  • 配当がある銘柄で、1株あたりの配当が変わらない場合、実質増配になる。

目的の部分でも話した通り、株式分割は【株価が下がる=買いやすくなり・売りやすくなる】というメリットがありますよね。
これは会社にとっても有り難いことですし、投資家にとっても非常に嬉しいことです。

 

また、優待がある銘柄の場合、優待が受けやすくなりますよね。
「ここの優待ほしいけど、株価が高い…」と思っていた銘柄が半額になったら非常に嬉しいものです。

 

更に配当がある銘柄の場合は、実質増配になるケースがあります。
例えば1株につき5円の配当があったとして、1000株持っていると5,000円の配当ですよね。

でも、株式分割で1株が2つに分割されると2,000株になり、1株の配当が5円で据え置きになる場合、持っている株の価値は変わらないのに配当は10,000円になります。
株価が下がって売買しやすくなるということは、配当や優待目的の投資がやりやすくなることでもあったんですね。

 

株式分割のデメリット

会社にとっても投資家にとっても良いことだらけに見える株式分割ですが、実はデメリットもあります。

それが【一時的に株価が下がるおそれがある】ということ。

株式分割を行うと、その後の値動きはどうなると思いますか?
「嬉しいことだらけなんだから、上がるでしょう」
と思うかもしれませんが、そうとも限りません。
むしろ下がる場合もあるんです。

 

何で株式分割をすると株価が下がることがあるの?

一緒に考えてみましょう。

例えば500株保有していたとして、株式が2つに分割されたとします。
その場合、保有する数は1000株になりますよね。

すると
「1000株もあるなら少し売ろうかな」
と思う人が出てくることが予想されます。

もしそう考える人が多い場合は、どうなるでしょうか?
売りが強くなり、一時的に株価が下がる可能性がありますよね。

あくまで【需給が売りに傾けば売られる】というだけで、
株式の分割=株価が下がるということではないので注意してください。

 

株式分割をされると株価は上がる? 下がる?

投資家にとっては、株式分割を行うと株価はどうなるのか、が一番気になるところですよね。
まして自分が持っている銘柄だとしたら一大事です。

ですが、こればかりは先程の項目でも出てきた通り、【上昇と下落、両方の可能性がある】という結論になります。

【買いやすくなったから買おう】という買い手、
【保有株数が増えたから少し売ろう】という売り手がいて、
この需給でどちらになるかは実際に起きてみないことには分かりませんし、その銘柄と銘柄を取り巻く環境によってどちらにも転びます。

 

ただ、忘れないでいてほしい前提として、株式分割をするということは【株式分割をしたい程に株価が上昇した銘柄である】という背景があることです。
株価が膨らんだということは、それだけ買いが集まり、成長してきた会社である可能性が高いわけですよ。

このことから、株式分割をする銘柄が【どれだけ成長していて、今後成長できるのか】という基本的な部分に立ち返って眺めて見ると、売買する判断基準となってくれるでしょう。

 

増資と株式分割は似ているようで全く違うので注意

株式が分割されて発行済株式数が増えると聞いて、もしかしたら【増資】のことを思い出した方もいるかもしれませんね。
でも、同じ株式数が増えるといっても、増資と株式分割は似て非なるものです。

株式分割は1株を複数に分割することで、
増資は株を新しく発行することです。

  • 1つのものをいくつかに分けるのが株式分割。
    例えばこれまで1株100円で1000株発行されていた株式を2分割して、
    1株50円で発行枚数が2000株にするのが株式分割です。

  • 新たに増やすのが増資。
    例えば1株100円の株が1000株発行されていたものに1000株を追加し、
    1株100円の株が2000株になるのが増資です。

株式分割の場合は1株の価値は実質変わりませんが、増資の場合は1株の価値が薄くなってしまうんです。
このため、増資を行うと株価が一時的に下落することがよくあります。(上昇することもあるのでケースバイケースです)

 

株式分割は怖くない

株式分割と聞くと何か大変なことが起きたのかと思いますが、どういうことなのか知ると落ち着いて売買ができるようになります。

ちなみに、株式分割の割合は2~5が多いです。
5分割されるなんて、相当株価が小さくなりそうですよね。

 

株式分割が発表時、そして効力の発生した時に株価が大きく動くことが多いので、もし気になる銘柄が過去に株式分割をしていた場合は、過去のチャートを見てみるのも面白いですよ。

では、今回はこのへんで失礼します。また今度。

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘ (いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

 

分かりやすく勝てる方法。それは当たり屋につくことです。
直近では[6982]リードで+469.45%という脅威の利益を叩き出すなど、ありえない銘柄を推奨しています。
無料で会員登録すると、市場がやってる日なら毎日無料メルマガで1つ銘柄を教えてもらえますよ。
↓↓もちこがいつもお世話になっている投資顧問さん↓↓

プロの選ぶ銘柄は勉強にもなるので、よく利用させてもらっています。

 

※当ブログに掲載されている銘柄や投資の情報は株初心者もちこの見解で、売買を推奨するものではけっっっっっしてありません。
仮に売買したとしても
「あいつのせいでお弁当とか餃子についてくる袋に入ったお醤油の【どこからでも開封できます】がぐにゃぐにゃになって開封できなくなった。泣きたい」
ということになりますよ。本当です。
だから全く参考にしないでくださいませ。投資は自己責任でお願いします。