株をやってみたいけど少し怖い? 株の怖いところをわかりやすく解説

株をやってみたいけど少し怖い? 株の怖いところをわかりやすく解説 トレード記録

 

 

こんにちわ、自称愛と餅の伝道師・もちこです。

あなたは【株】と聞いてどんなイメージを持ちますか?

「難しそう」「儲かりそう」「こわい」「よくわからない」でしょうか。
あるいは
「パックンが株やってるよね」「株主優待には興味ある」「怖いから手出しするなと言われている」等もよく言われますよね。

 

そうなんです。
なぜか株って、世間では関心を持つ人は少なくないのですが、怖がられているんです。

確かに怖い側面もありますが、株は怖いばかりではありませんよ。
今回は株がなぜ怖いものだと言われているのか、その理由と、株の怖くないやり方をわかりやすく解説してみます。

 

「興味はあるけど、どうしても怖くて……」
と躊躇しているあなたに読んでいただきたいです。

むやみやたらと怖がるのではなく、なぜ怖いのか知ることで「これなら私にもできるかも」と思えるかもしれませんよ。

 

 

株の怖いところはどんなところ?

では早速、株の怖いところを説明します。
大丈夫です。分かりにくいことはないので、肩の力を抜いてご覧ください。

株の怖いところをざっくりとピックアップしてみました。

  • 元本保証がない。
  • 信用取引で資産がマイナスになってしまう。

主にこの二つが怖いところなのですが、1つずつ説明しますね。

 

元本保証がないということ

株には銀行の預金と違って、元本保証がされません。

つまり、100万円投資したとしたら、そのお金が90万円になってしまうことがあるわけです。
その反面110万円になる可能性もあります。
どちらに転ぶかはあなたのやり方次第。

 

基本的に、株だけに限らずどんな投資にもリスクはつきものです。
今ある金額を何が何でも絶対に減らしたくない、という方は株取引はしない方が良いかもしれません。

ただ、多少のリスクは承知のうえで手堅い運用を行うことも可能です。
具体的なやり方は、この先で解説しますね。

 

信用取引で資産がマイナスになってしまうこと

株の取引には現物取引信用取引というものがあります。

現物取引というのは、あなたのお金で株を買う、通常の方法です。

それに対して信用取引というのは、小額のお金を担保にして最大で3.3倍のお金を借りて取引をする方法です。
てこの原理のように、小額の元金で大きい金額を動かすことから、レバレッジ(てこの力)をかけると言われます。
信用取引は買うことは勿論、【売り】から始めることもできます。

 

※売りから始めるとはどういうことかというと、
「この株はここから株価が下がりそうだ」という株を、証券会社から株を借りて売り出し、安くなったところで買い戻して証券会社に株を返すという取引です。
高く売って安く買い戻すことで生まれる差益を狙います。
例:証券会社から100万円で株を借りて売り、80万円で買い戻して証券会社に返す→20万円の利益。

 

信用取引は自分の持つ金額以上の金額で取引ができるので、非常に便利なものです。
が、非常に危険な側面があり、初心者の方にはおすすめできません。

信用取引でレバレッジをかけて取引をした場合、利益はレバレッジの分だけ大きくなりますが、損失が出た場合もレバレッジの分だけ大きくなります。
つまり、元金以上の損失になってしまうこともあり、マイナス分は負債となってしまうのです。

 

例えば、10万円の元金でレバレッジをかけて30万円分の取引をしたとします。

買った株が40万円になれば10万円の利益になります。

ですが、逆に20万円になってしまった場合は10万円の損失になります。
更に10万円にまで下がってしまった場合は20万円分の損失になり、元金の10万円以上の損失(負債)になってしまいますよね。

 

信用取引は利益も損失も大きくなる、ハイリスク・ハイリターンな取引なのです。

現物取引では自分の持つ金額以上の取引はできない(レバレッジをかけられない)ので、元金がゼロになる心配はありますが負債を抱えることはありません。

 

怖くない株の始め方

株の怖いところを踏まえて、できるだけリスクを抑えた初心者さんにおすすめの【怖くなりにくい株取引のコツ】を紹介します。

  • 小額からはじめる
  • 複数の銘柄に分散投資する
  • 銘柄についてとことん調べてみる
  • 投資信託からはじめる
  • プロのサポートを受けながら始める

一つずつ紹介します。

 

小額からはじめる

生まれつき自転車に乗れる人がいないように、株取引も最初は練習と慣れが必要です。
誤解を恐れず言うなら、最初はうまくいかなくて当たり前なのです。

 

このため、最初は小額からはじめて、株取引がどんなものか知り、自分なりに成功したり失敗してみましょう。
徐々に運用成績が良くなってきたら、運用資金を増やすことも検討してみてください。

 

最初から大金をつぎ込んでしまうと、
「何が何だか分からないまま、気づけば投資資金の全てをなくしてしまった……」
ということも起こり得るので、非常に危険です。

 

複数の銘柄に分散投資する

1つだけの銘柄に資金の全てをつぎ込むのではなく、複数の銘柄に投資してみましょう。

1つの銘柄に資金の全てを投資してしまうと、利益になるにせよ損失になるにせよ、大きいものとなってしまうのです。
それと比べて、複数の銘柄に資金を分散させることで、損失が出た場合のリスクを小さくすることができますよね。

このことから、最初は複数の銘柄に分散投資させる方法がオススメです。

 

銘柄についてとことん調べてみる

最初はどの銘柄に投資するのか、全然決まらないものですよね。
どんな銘柄があるのかさえ、よく分からないです。

そこでオススメするのが、身近なものからの連想ゲームで銘柄のセクターを絞り、その中で気になった銘柄をとことん調べてみる方法です。

 

例えば、2020年6~7月ではコロナウイルスが猛威をふるっているので、外出を控える人が多いです。
このため、自宅での生活を充実させるもの、いわゆる【巣ごもり関連銘柄】が注目されました。

例えば、

  • 自炊が増える→スーパーを展開する会社
  • 動画を見る人が増える→動画を扱う会社
  • デリバリーをする人が増える→デリバリーに特化する会社
  • デリバリーを始める会社が増える→プラスチック容器を作っている会社

などに注目が集まりました。

 

こういった現在需要があり、なおかつ利用したことがある身近なセクターを決めて、更にそこから気になる会社をいくつかに絞り込みます。

そこであぶりだした会社をとことん調べ尽くすのです。
株価の推移は勿論、これまでの業績や、現在の会社の価値や、会社ではどんなことに取り組んでいるのか等など、とにかく調べます

会社について自分で調べて知れば知るほど、自分の投資に説得力が出てきますし、納得することもできますよ。

 

投資信託からはじめる

より効率よく、リスクを低く分散投資をする方法として、投資信託というものがあります。

投資信託というのは、様々な株の詰め合わせのような金融商品のことです。

通常の株取引を一種類のクッキーが缶に詰められたものだとしたら、
投資信託はクッキーやマドレーヌなどの様々なお菓子の詰め合わせというイメージです。

 

投資信託にはそれぞれテーマが決められていて、
例えば【日経平均と連動する】株を選んで構成されたものであったり、
【今後成長が見込める新興銘柄】を選んで構成されていたりと、非常に様々です。

これらは、【日経平均と連動しやすいA社・B社・C社・D社の株】の詰め合わせということになるので、1つの投資信託に投資するだけで、複数の株に投資していることになるのです。

 

投資信託の中身は株のプロであるファンドマネージャーが選び、運用しています。
彼らが運用することによって利益がでた場合、その利益を分配金という形で投資家に分配されます。

プロが運用していて、なおかつ間接的に分散投資をしているということで、通常の株取引のような大きなリターンを得ることは難しくなりますが、リスクはある程度下がります。
※ただし、株と同じく元本保証はされません。ご注意ください。

 

プロのサポートを受けながら始める

「基本的な取引方法は知っているものの、どうしても怖い……」
という場合は、最初だけ投資のプロに支えてもらいながら始めてみるのもオススメです。

 

投資顧問という会社では、投資のプロが注目の銘柄を教えてくれたり、取引するにあたって不安なことがあれば相談にのってくれます。

私が利用している投資顧問さんでは、名前とメールアドレスを登録するだけで毎日無料で注目の銘柄をメルマガで送ってくれます。
カード情報や電話番号・住所等は不要なので、どんな会社か興味がれば気軽にメルマガだけ読んでみましょう。

 

株取引をするにあたって、最初は何かと不安なことが多いので
「あの会社の人に頼ってみよう」
という安心感が無料で得られるのは嬉しいです。

 

ただ、将来的には自分で銘柄を探し、地合いを観察する力を身に着けることが重要です。
なので、単純にプロに頼るだけでなく
「プロの人が推奨する銘柄はどこに注目して選ばれたものなのか?」
をよく観察してみてください。きっと役立つときが来ます。

 

正しく理解して怖がる

今回は株の怖いところと、怖くない株のやり方を簡単に紹介しました。
株の怖い部分を正しく理解して怖がることで、リスクはそれだけで低くできます。

 

株に限らず、結局何が怖いのかというと、「よく見えない」「よくわからない」ことが、必要以上に対象を怖く見せるのだと思います。
何がいるか分からない濁った泥沼に手を突っ込む気にはなれませんが、透き通った川の中であれば手を入れてもいいと思えませんか?

 

まずは理解することが、怖い気持ちやリスクを抑えることに繋がります。
今回の記事で【怖い部分は何なのか】をざっくりでも理解してもらえて、むやみに怖がる気持ちが少しでも減っていたら嬉しく思います。

 

では、今回はこのへんで失礼します。

 

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘ (いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

 

↓↓もちこがいつもお世話になっている投資顧問さん↓↓

無料で会員登録すると、市場がやってる日なら毎日無料メルマガで1つ銘柄を教えてもらえますよ。
プロの選ぶ銘柄は勉強にもなるので、よく利用させてもらっています。