上場とは何か?意外と知らない上場の意味を分かりやすく解説

上場とは何か?意外と知らない上場の意味を分かりやすく解説 株の基礎知識

 

 

こんにちわ、もちこです。

突然ですが、あなたは【上場】とは何かご存知でしょうか。
よく【東証1部上場企業】とか言いますが、その【上場】です。

上場というのは、わかりやすく言うと「株式市場で株式を売買できるようになる」ことです。

 

でも、株式市場で株式を売買するというのは、どういうことなんでしょうか。
世の株式会社の全てが上場しているわけではありませんが、上場すると一体何が起きるんでしょうか?

ここでは会社が上場するとはどういうことで、何が起きるのか分かりやすく解説してみますよ。

 

上場とは何か?株式とはなにか?

上場とは、「株式市場で株式を売買できるようになる」ことだというのは冒頭で出てきましたが、では株式とは、株式市場とはなんでしょうか。

株式とは、お金を出した証明書

株式というのは、「あなたの会社にお金出しましたよ」の証明書的なものなんですよ。
ふわっとしていても大丈夫です。
もっと詳しいことはもっと専門家っぽい人が難しいけれど細かく丁寧な記事で書いてくれています。

 

企業って何をするにもお金がかかりますよね。
物を作って売るにしても、物を作るお金がかかるじゃないですか。
新しいサービスするにしても、そのサービスを一緒にやってくれる人が必要で、その人達を雇うお金が必要なわけですよね。

 

そんなわけで、

「私の会社は世間できっと役に立つから、あなたのお金をうちに提供してくれませんか? きっと恩返しはしますよ」

という会社に対して、それに賛同する人が

「面白そうなことしてるね。
じゃあお金出すから、もっと会社大きくして面白いことやってください。
で将来大きくなったら恩返し期待してます」

と言ってお金を渡すわけですよ。

 

そのお金を出した証明書が、【株式】なんです。
株式によって会社の資金を得ているため、【株式会社】なんですね。

 

また、こんな風に将来の会社の価値や利益を見込んでお金を出すことを【投資】といって、
投資をする人のことを【投資家】
株の持ち主のことは【株主】と呼びます。

 

株式をたくさん持つとどうなる?

発行された株式を全体の数%に及ぶほど保有していると、その会社のやり方に意見を言うことができたり、50%まで持っていると経営権を握ることまでできてしまいます。

 

このため、ある程度まとまった枚数は、通常であれば会社の経営陣が保有していたり、会社を立ち上げた人や、その人の親族が持っている場合もありますよ。

株を多く持つということは、その分だけ会社を支えている、と考えてみるとしっくりくるかもしれません。

ただし、基本的に立ち上げたばかりの株式会社の株は、非公開となっていて関係者以外は取引することができません。

 

たくさんの人に株を買ってほしい会社は上場をする

株式は株式会社を立ち上げる時に必ず発行されるものなのですが、一部の株式会社ではその株式を誰でも売ったり買ったりできるのですよ。
その会社に投資すること、経営に関わることができてしまうんです。

誰でもというのは、例えばあなたや私のような一般の人であったり、何らかの会社だったりです。
そうなんです、あなたも私も投資家になれて、株主になれます。

 

資金を募る会社としては、広く色んな人や企業から投資してもらった方が、資金がたくさん集まって嬉しいですよね。
では、私達のような一般の人たちに広く売買してもらうためには、どうしたらいいのかというと
株式市場に【上場】する必要があるわけです。

 

株式市場へ上場するということ

そもそもで株式市場というのは上場した企業の株式を取引する場所のことなんです。
自分の会社の株式を広く色んな人から買ってほしい場合、是非上場したいところですよね。

ですが、どんな会社でも上場できるわけではありません。
各市場の審査を経ることで、はじめて上場することができます。

 

市場ごとの特徴

上場するための審査というのは市場ごとに異なっており、

審査が一番難しいのは東証1部
次に東証2部。
そしてJASDAQスタンダード・JASDAQグロースとマザーズという感じです。
※各市場ごとの特徴は、また別の記事でまとめてみたいと思います。

 

東証1部に上場している会社は、業績が安定しており、これまでの実績も認められているという扱いなので、会社として非常に格好がつくんです。
例えば、【9983】ファーストリテイリング(ユニクロ)、【9984】ソフトバンク、【9433】KDDI、【4452】花王、【7203】トヨタ等、日本を代表するそうそうたる企業ばかりがいますよ。

 

逆に、マザーズは業績は安定していないものの将来性のあるベンチャーが中心で、【4385】メルカリ、【2121】ミクシイ、【4565】SOSEI、【3990】UUUMなんかが上場しています。

 

上場は(時々)つらいよ

上場すると、広くたくさんの人からお金を投資してもらえて、企業としては嬉しいことばかりですよね。
みんな上場したらいいのに。
……と思うかもしれませんが、実は上場するのも案外大変です。

 

上場するということは、色んな人に株式の取引をしてもらえるということだと説明しましたよね。

ただ、株式を公開して上場するということは、こんなことも起きます。

  • 株主の意見を聞かなければならない。
  • 株主に会社の業績等の発表をしなければならない。

株主というのは所謂パトロン的な存在なので、会社の状況を説明したり、彼らの理解を得たり、意見を経営に取り入れなければいけないんですよ。
上場して投資してもらうということは、そういうこともでもあるんですね。

 

また、思わぬ方法で会社に関わってくる存在も出てきます。

  • 自社の株式を大量に買い占められて経営権を奪われる(買収される)可能性あり。

すこし前の項目で
「会社が発行する全ての株式の50%以上を保有していると経営権を握ることができる」
ということを説明したと思うのですが、上場している場合は
「ある日突然会社の株を大量に買われて、経営権を奪われそうになる」
という事態が起こり得てしまうのです。まさに弱肉強食の世界です。怖いですね。

 

上場しない大手企業もあります

株式会社だからといって必ずしも上場しなければいけないということはありません。
先程の項目でも出てきた通り、上場も良いことばかりではないのです。

 

「上場すると下手したら経営権奪われたりするけど、そういうのは勘弁してほしい」
「お金もらえるのは魅力的だけど、自分の会社のやり方に外部の人からあーだこーだ口出しされて、自由に経営できなくなるのは嫌だなぁ……」

と思えば、上場しなくても良いのです。

 

講談社・富士ゼロックス・カルピスなんかは知名度が非常に高く、大きな企業ですが非上場です。

そういった会社の株式は非公開となっていて、私達が取引することはできません。
更に、上場している企業と異なり、財務状況等を世間に開示する義務もありません。

 

上場は会社に箔をつけてくれます

上場企業というとなんとなく格好いい企業のように思いますが、株の取引が行える会社ということだったんですね。
確かに東証1部は上場するのが難しいので、東証1部上場の企業は安定していて信頼できる会社ということで、会社のステータスの一つとなってくれるのでしょう。

 

上場していると広く名前を知られる機会が増え、会社としての信頼感も増すため、一般には良いこととされています。
就活生からの人気も高く、良い人材が集まりやすいのも嬉しいですよね。

知っているようで知らない【上場】ですが、会社の資金を集めたり箔をつけられるものだったんです。
ぜひあなたも気になる企業がありましたら、上場しているのか、またどの市場で上場しているのか確認してみてください。

 

では、今回はこのへんで失礼します。

 

 

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘ (いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

 

「株取引をするのに、どの上場企業を取引したらいいかなんて分からんよー(´;ω;`)」
という方はこちらも参考にしてみてください。
↓↓もちこがいつもお世話になっている投資顧問さん↓↓

無料で会員登録すると、市場がやってる日なら毎日無料メルマガで1つ銘柄を教えてもらえますよ。
プロの選ぶ銘柄は勉強にもなるので、よく利用させてもらっています。