ダブルインバースとは何? 初心者さんに向けてわかりやすく解説

ダブルインバースとは何?-初心者さんに向けてわかりやすく解説 基礎知識

 

こんにちわ、もちこです。

突然ですが、あなたの性格は素直でしょうか。

私は多分普通程度にひねくれています。
チワワとかトイプードルよりも、コーギーの食パンのようなお尻を見ている方が好きな程度でしょうか。

 

あなたはひねくれてそうですよね。
前に私に「学園ものの恋愛映画観るくらいならインドムービー観る」て言ってましたもんね。

そんなひねくれているあなたにピッタリなのが、今回紹介するインバース型ETFです。

 

インバースとは、株価指数と反対の動きをするETFのこと。
日経平均のような特定の株価指数があるとして、その株価指数が下がると利益が出るんです。
指数が下がると利益になるなんて、不思議な感じがしますね。

今回はこのインバース型ETFについて解説したいと思います。
大丈夫です。わかりやすいので、安心して読んでください。

 

インバースってなんぞ?

まず最初に、【インバース】という聞きなれない単語の意味を調べてみました。
インバースというのは英語の【inverse】のことで、【逆の、反対の、転倒した】という意味なのだそうです。(weblio⇒https://ejje.weblio.jp/content/inverse)

まさにインバース型ETFも、【逆の動きをするETF】なんですよ。ひねくれてますね。

 

例えば、日経平均という株価指数がありますよね。お馴染みの日本を代表する株価指数です。
この日経と連動するETFというと、通常は日経が上昇するごとに連動して上昇するETFを想像しますよね。

 

でも、インバース型の場合は逆になるんです。
つまり、日経が下がれば下がる程にインバース型ETFの値段は上がっていきます。なんてひねくれた子なんでしょう。

 

インバース型ETFはインバース・インデックスという指数に連動する

インバース型ETFを知るうえで重要になるのが、インバース型の株価指数の存在です。

 

ちょっと話は逸れてしまうんですが、株価指数って色々とありますよね。

代表的なところだと、日経新聞社が算出・公表している【日経平均株価】。
それと、東京証券取引所が算出・公表している【TOPIX(東証株価指数)】も有名ですよね。
個人投資家なら新興市場の銘柄をさわることが多いので、【東証マザーズ株価指数】もよく見ているかもしれません。
ちょっとマイナーなところだと、東証1部の中で時価総額・流動性の特に高い30銘柄のみで構成された指数である【TOPIX Core30】なんてものもあります。

 

こんな感じで様々な指数があるわけですが、この中に【特定の株価指数と逆の動きをする(インバース型の)指数】というものがあるんです。

それの代表格となるのが、日経新聞社が算出している
【日経平均インバース・インデックス】
【日経平均ダブルインバース・インデックス】
です。

 

更に、日経・東証・日本取引所グループで共同算出している指数にも、【JPX日経400インバース・インデックス】【JPXダブルインバース・インデックス】等のインバース型の指数があるんですよ。

 

 

もうお分かりかもしれませんね。

インバース型ETFは、これらの【株価指数と逆行するタイプの指数】と連動するように作られているんです。

 

 

インバースとダブルインバースの違い

ところで、先ほどの指数のところでも出てきましたが、ただのインバースダブルインバースというのがありましたよね。これはどう違うのでしょう。

この差は非常に簡単です。
日経平均インバース・インデックスと日経平均ダブルインバース・インデックスで考えてみましょう。

 

日経平均が前日比で+5%となった場合、
日経平均インバース・インデックスは5%下落します。

ダブルインバースの場合は、その動きがダブル、つまり2倍になるだけです。

例えば日経平均が前日比で+5%となった場合、
日経平均ダブルインバース・インデックスは10%下落するということ。

 

逆も同じです。
日経平均が-5%になったとき、
日経平均インバース・インデックスは+5%となり、
日経平均ダブルインバース・インデックスは+10%となるわけです。

本当にひねくれてますね。
流行の音楽をオススメされればされるほど昭和歌謡聴きたくなるみたいな感じでしょうか。

 

株価指数が下がった時こそインバース型ETFに注目が集まる

株価指数と逆行する、という特徴を持つインバース型ETFは株価指数が下がるときに注目されます。

 

たとえば、先ほども例で出てきた日経平均インバース・インデックスと連動する【1571】日経インバースというETFがあります。
日経の調子が悪く、相場全体が下落傾向にある時にこのETFを買っておけば、上昇して利益を得られる可能性が高くなるためですね。

 

代表的なインバース型のETFをいくつか紹介します。

【1356】TOPIXベア2倍上場投信
【1357】日経ダブルインバース
【1360】日経平均ベア2倍上場投信
【1571】日経インバース

これらのチャートを見てみると、ほぼ基にしている指数と逆の動きをしていることがわかると思います。ひねくれてて面白いですね。

 

インバース型ETFで下落相場でも利益を狙え!

インバース型ETFは【指数を信用売りしている状態】に近いですが、信用取引をするよりもリスクは低く、非常に人気があります。

市場全体・或いは特定の指数が下げている日の値上がり率や出来高ランキングを見てみると、インバース型ETFの名前が入っていることもありますよ。
SNSでも「インバ」「ダブルインバ」と呼ばれて、よく話題になっています。(指数の下落によって得られる利益が2倍になるため、ダブルインバの方が人気があるようですね)

 

特にインバース・ダブルインバースのETFは下落している場面でも利益が出せるので、信用口座を持っていない方や、信用取引は怖くてやっていない方の強い味方です。
市場全体が下げそうな日には、是非インバース型ETFの存在を思い出してくださいませ。

では、今日はこの辺で失礼します。

 

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘
(いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

 

↓↓もちこがいつもお世話になっている投資顧問です↓↓
「インバース型ETFだかリナ=インバースだか知らないけど、手っ取り早く勝ちたいんじゃー!(´;ω;`)ウゥゥ」
という方にオススメです。
無料登録すると毎朝無料メルマガで銘柄を一つ教えてもらえます。やったね。

 

↓↓もちこがいつもお世話になっている証券会社↓↓
BBSでもなければBS-1でもないです。SBIです。



コメント