もちこのゲーム紹介~ホラーゲーム4~

もちこのゲーム紹介~ホラーゲーム4~ ゲーム

 

 

こんにちわ、もちこです。
今回はホラーゲームの紹介です。

あなたも大好きですよね。ホラーゲーム。
年がら年中ホラーゲーム見ててもいいくらいお好きですもんね。

 

今回は古いゲームだけでなく、最近出たばかりの注目のホラーゲームも一つ紹介してみます。

 

 

___________________

 

DEAD RISING

まず最初に紹介するのは【DEAD RISING】
ゾンビが湯水のようにわんさか湧いてくることと、主人公が強すぎることで有名なゾンビゲームです。
2006年にカプコンより発売されたゾンビパラダイスアクションで、対応機種はXbox360、XboxOne、PS4、Windows。CERO-Zの作品なので、18歳未満の方は購入・プレイしちゃダメです。

お話の舞台はウィラメッテと呼ばれる田舎町。
フリージャーナリストの主人公フランク・ウェストはその町で何か重大な事件が起きていることを知り、町を封鎖する軍の目をかいくぐってヘリでウィラメッテのショッピングモールに降り立ちます。
そこで彼が見たものは、町を徘徊する大量のゾンビたちの姿でした……。

 

と、ここまで見ると、ごくごく普通の、よくあるゾンビ映画のような状況なんですが、とにかくこのゲームは主人公のフランクさんが色んな意味で強すぎるのです。

 

ゲームの舞台は巨大なショッピングモールなのですが、その中にとにかくゾンビがいます。朝の東京駅とか新宿駅東口くらいの人口密度でゾンビがいます。

非常に絶望的な状況に思えますが、なんと主人公のフランクはショッピングモールに転がっている物をなんでも武器にしてゾンビを殴って倒し、レベルがあがるとプロレス技等の肉弾戦でゾンビをなぎ倒します。まさに無双。

 

しかも主人公はショッピングモールに売っていた様々な服に着替えることができるので、子供服や女性もののセクシーなドレスを着ることもできます。
その衣装はムービー中も引継ぎされるので、物凄く真面目なシーンでピッチピチの子供服を着た主人公が真面目な受け答えをする姿も見られるなど、非常にシュール。
お話自体はシリアスかつ悲惨で気持ち悪い展開もあるのですが、主人公の衣装によって台無しにすることもできます。

 

 

とはいえ、このゲームの場合は出血や人体が破壊される表現、発狂してしまった生存者の状況と常軌を逸した行動がかなり派手に描写されています。
苦手な方はご注意ください。

非常に人気のある作品なので、ナンバリングタイトルも4まで出ています。

 

※18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。

#1【デッドライジングPS4版】ただのジャーナリスト・フランク登場!

 

 

___________________

 

 

Neverending Nightmares

モノクロの線画で描かれた世界観の、絵本のようなゲームです。
エドワード・ゴーリーの絵本にかなり近いかもしれません。(製作者が幼少期にエドワード・ゴーリーの絵本が好きだったそうなので、影響を受けているのでしょう)

Infinitap Gamesが開発・販売しており、PC(Mac/Win)・PS4・PS Vita・iOSでプレイすることができます。

 

このゲームは主人公が自身の悪夢の世界を彷徨うゲームです。
製作者の方の強迫性障害とうつ病の経験を再現した作品で、全体的に非常に陰鬱。

実体験に基づいているだけあり、絵柄のかわいらしさとは裏腹に言い表せない恐怖を感じることができるでしょう。

 

何度も何度も夢から目覚め、そして目覚めた世界も現実ではなく、結局何が本当のことかわからなくなってきます。

主人公にとって非常に重要なキーパーソンとなる妹が繰り返し登場するのですが、彼女も時に妻であったり、娘であったり、精神科医であったりと、立場が安定していません。

 

夢の中特有のうまく走れない感覚や、形容できない化け物、次々に起きる非現実的で理不尽な出来事が、夢の世界を上手く表現しています。

終わらない悪夢の果てに、主人公は何を見るのでしょうか。

繰り返される悪夢 Neverending Nightmares:01

STEAMでのDLはこちら。

Steam:Neverending Nightmares
Experience true psychological horror as you explore nightmares inspired by the creator's struggles with depression and OCD. The defenseless protagonist must avo...

 

iOSのアプリはこちら。

‎Neverending Nightmares
‎本作は、恐ろしい悪夢の中にあなたを閉じ込めることで、 精神的な恐怖を与えるホラーゲームです。開発者自身が精神の病に苦しんでいた感覚をそのままゲームに反映しています。 あなたは主人公トーマスを操作します。彼は、悪夢を見ています。 その悪夢から目覚めたとしても、そこにはまた悪夢が広がっています。 より深い夢の奥へ、深い精...

 

 

___________________

 

 

Blasphemous

最後は非常に精緻で美しく残酷な世界観を持つアクションゲーム【Blasphemous】。今の私のイチオシの作品なのです。

2019年9月10日にSTEAMでリリースされたばかりなのですが、既に人気を集めています。
スペインのインディーズデベロッパー、The Game Kitchenが開発したPCゲームです。

 

舞台はとある教会が治める土地で起こった悲劇からはじまります。
大司教に異変が起こり、世界の各地で教会の信徒達が狂暴な化け物に変わり果ててしまいました。
主人公は「悔い改める者」と呼ばれる放浪者で、邪悪な化け物とたった一人で戦い、悪夢のような世界を救う役目を任されています。

 

なんといっても壮麗なピクセルアートが素晴らしく、様々な宗教画に影響を受けたステージ、暴力的でありながら美しいキャラクターの動きは本当に見事です。
さらに、陰鬱で厚みのある素晴らしい音楽、恐ろしくも壮大な敵の造形、濃密なストーリー、どれをとっても素晴らしい完成度です。

特にボス戦はつい見入ってしまう程の迫力と、化け物になってもなお残る信仰心のためなのか、神聖な空気を残しつつ独特の不気味さがあります。
巨大な敵に一人で挑まなければならない絶望感があって素晴らしいです。

 

ただし、過激な四肢の切断や内臓・流血表現等がありますので、苦手な方はご注意ください。この辺は洋ゲーらしさが色濃くでています。

 

まだ日本語版がリリースされていないので不明な点も多いのですが、日本語版のリリースも予定されているとのこと。今から楽しみです。

 

※流血表現・ゴア表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。

Blasphemous – Kickstarter trailer

STEAMでのDLはこちら。

Steam:Blasphemous
Blasphemousは、奥行きのある刺激的なストーリーに、高速展開のハックアンドスラッシュを融合させた、手ごたえ抜群のアクションプラットフォーマーです。無作為に交錯するレベルで構成された広大な世界を探索していくことで、物語が展開していきます。

 

 

___________________

 

 

今回は以上です!
ホラーゲームは定期的に見たりやったりしたくなりますよね。

 

DEADRISINGのような日本のゲーム会社が作った安定して面白いホラーも良いのですが、最近はインディーズゲームも負けていません。

むしろ【これは売れなさそうだけど面白い】という作品がそのまま発表されていたりするので、目が離せません。

では、今回はこのへんで失礼します。

 

 

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘
(いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

コメント