フィボナッチの使い方をわかりやすく解説!株の世界の黄金比とは

フィボナッチの使い方をわかりやすく解説!株の世界の黄金比とは テクニカル分析

 

フィボナッチとは、自然界の様々なところに見られる数列・比率のことです。
相場の世界においてはテクニカル分析の一つとして、主に押し目・戻りの判断材料、またはレジスタンスライン・サポートラインとして利用されます。

【人間は無意識に美や調和を感じる位置で売買をしやすい】という習性を利用したもので、実際にその通りになることが多いんです。
「胡散臭い話がはじまった」「どうせ最後に幸せになれる絵画買わせるんでしょ」と思うのは少し待ってください。

確かにフィボナッチは占いや都市伝説のような要素がありますが、覚えておいて損はありません。
ぜひあなたも、【美や調和を利用したテクニカル指標】を覚えてみましょう。
星占いや血液型占いを信じない人も、騙されたと思って最後まで読んでみて下さい。

 

フィボナッチとは調和と美を支配する数値

そもそもフィボナッチとは何かということを解説する前に、あなたにクイズです。
下記の数字をご覧ください。

1.1.2.3.5.8.13.21.34.55

これの数字の続きは、何になるでしょうか。

 

きっと勘のいい方ならすぐわかったことでしょう。(私は最初分かりませんでした)
答えは89です。

これは、1つ前と2つ前の数字を足した数が続いているんです。

1+1=2
1+2=3
2+3=5
3+5=8
5+8=13
8+13=21

つまり、1.1.2.3.5.8.13.21.34.55.89.144.233…と続くわけです。

 

この数列を、フィボナッチ数列というんです。
12世紀のイタリアの数学者レオナルド・フィボナッチさんが見つけた数列で、自然界にはフィボナッチ数列が数多く潜んでいるのです。
例えば花の花弁の数、うさぎが子どもを産んで新たに生まれる番の数、木の枝の数など、驚くほど様々な場面で発見することができます。

 

フィボナッチの描く螺旋

これを応用したものに、フィボナッチで描く螺旋があります。
1辺の長さをフィボナッチ数列にした四角形にして並べると、アンモナイトのような螺旋を描くんです。

フィボナッチのらせん

だいたいこんな螺旋です。

この螺旋は非常に合理的かつ調和がとりやすいのか、台風の渦巻き、植物や生物、絵画、建造物、宇宙の事象の中にさえも在るんです。私たちの持つDNAの二重螺旋にさえ含まれています。
生命や世界の調和を保つために、一番最適な形なのかもしれません。

また、人間は無意識のうちにこの形に美と調和を見出しているのだそうです。
オカルトちっくな話ですが、不思議ですね。

 

株にも通じる黄金比、フィボナッチ比率

「株の話はまだかいな」と思われるかもしれませんが、実はここからが大事です。

先ほどのフィボナッチ数列を並べて、
前の数字を次の数字で割ると、数値は徐々に0.618に近づき
前の数字を次の次の数字で割ると、数値は徐々に0.382に近づくんですよ。

実際に計算してみましょう。

■1÷2=0.500 2÷3=0.667 3÷5=0.600 5÷8=0.625 8÷13=0.615 13÷21=0.619 21÷34=0.618 34÷55=0.618 55÷89=0.618 89÷144=0.618 144÷233=0.618

■1÷3=0.333 2÷5=0.400 3÷8=0.375 5÷13=0.385 8÷21=0.381 13÷34=0.382 21÷55=0.382 34÷89=0.382 55÷144=0.381 89÷233=0.382

この先の数値も、ずっと0.618と0.382になるんですよ。
疑っていますか? 実際に計算してみてください。本当にそうなります。
※場合によっては次の次の次の数字で割ることで近づく数値0.236を含めることもあります。

 

さて、0.618と0.382を足すと、1になりますよね。
この1を0.618対0.382に分けられていることを、黄金比率(黄金分割)というんです。
ピラミッドや名画、ミロのヴィーナスといった、人間が美しいと称えるものの中に、この黄金比は高確率で潜んでいます。

そしてこれは、相場の世界でも同じなんです。

 

相場で使うフィボナッチ

フィボナッチとは、自然界で調和を保ちながら合理的で、人が美しいと感じるものに共通する数値というのは分かりましたね。

じゃあこれをどうやって相場の中で利用するのかというと、主に押し目と戻りの判断材料、それからレジスタンスライン・サポートラインとして利用するんですよ。

なぜなら、フィボナッチラインは人間の心理的に一番美しく、バランスの良い、または調和が取れていると感じるラインなので、ここを売買の境目として意識されやすいからです。

 

フィボナッチラインを引くためには、ある特定の期間の推移の幅を1として考え、そこへ先ほどの数値をあてはめます。
では具体的な使い方を見てみましょう。

 

押し目・戻りを判断するためのフィボナッチリトレースメント

上昇トレンドの最中に一時的に下落している局面のことを押し目下降トレンドの最中に一時的に上昇する局面のことを戻りといいますが、
なんとこのフィボナッチを使うことで、押し目と戻りを判断するうえで判断材料となってくれるのです。
この方法のことを、フィボナッチリトレースメントといいますよ。

 

まず押し目の場合から見てみましょう。
上昇を開始した位置を1、山のてっぺんを0とします。
図に起こすとこんな感じです。

フィボナッチの押し目

上昇トレンドからてっぺんをつけて下落局面を迎えて、大きな山を描きますよね。
その大きな山を1として、上から38.2%(下から61.8%)の位置、これがまさに押し目となり反発しやすい位置なんです。

これと真逆の、戻りの場合も同じです。
下落を開始した地点を1、底をついた場所を0とします。
図に起こすとこんな感じです。

フィボナッチの戻り

下降トレンドから底をついて上昇局面に変わり、えぐれたような谷を描きますよね。
その大きな谷を1として、下から38.2%(上から61.8%)の位置が戻りとなりやすい位置なんです。

押し目・戻りを判断するためのラインは、38.2%(3分の1)、50.0%(半値)、61.8%(3分の2)の場所に引くこともあります。

細かくラインを設定することで、【そのトレンドがどれだけの強さを持っているのか】、さらに【次の押し目・戻りはどの辺りになるのか】の判断材料になってくれるんですよ。

例えば、一旦下落して底をついた後の上昇局面で38.2%のラインで跳ね返されれば、まだその段階では下落する勢いが強い可能性を示しますよね。
でも、その後再度上昇して61.8%を超えてくると、もう戻りではなくトレンドの転換を感じさせます。

ただ、注意したいのがフィボナッチリトレースメントは、必ずしも押し目・戻りを保証するものではありません。
よーくよーーーーく観察し、他の指標も取り入れたうえで判断してみましょう。

 

3分の1・半値・3分の2という節目

38.2%(3分の1)、50.0%(半値)、61.8%(3分の2)という基準は非常に大切で、

  • 38.2%の位置で【3分の1戻し(3分の1押し)】
  • 50.0%の位置で【半値戻し(半値押し)】
  • 61.8%の位置で【3分の2戻し(3分の2押し)】

と言ったりします。
ほぼ半値まで戻す、または押している局面だと、ほとんどトレンドの転換として意識され始めることが多いです。

 

レジスタンスライン・サポートラインとなるフィボナッチライン

唐突ですが、あなたはトレンドライン・サポートライン・レジスタンスラインという線は引くでしょうか。
基本的にあれらのラインというのは、【局面が変わりやすい場所】のことですよね。

例えば、
「この一カ月間で下落しかけた時に反発するのは、いつも大体この辺だよね」という場所に引くのがサポートライン、
「ここ数カ月はずっとここで跳ね返されている」という場所に引くのがレジスタンスライン、
「このトレンドは大体この辺から始まって、このくらいの値幅で推移している」というところに引くのがトレンドラインですよね。

だからこそ、これらの線を上抜いたり下抜いたりしたときは、「ここを抜けたということは、新しい局面を迎えるのか?」と意識されるわけです。

これと同じように、特定の期間中のチャートにフィボナッチラインというラインを引いて、レジスタンスライン・サポートラインとして判断材料にするんです。
やっていることは、先ほどのフィボナッチリトレースメントとほぼ同じと考えて大丈夫ですよ。

 

フィボナッチラインの引き方

フィボナッチラインを引くのは簡単です。

まず最初は特定の期間のチャートを1として決めておきます。
特定の期間の最安値と最高値を1として考え、23.60%、38.20%、50.0%、61.80%、78.60%のところに線を引けば完成。

引用:Yahoo!ファイナンス

使い方は通常のトレンドラインやサポートライン・レジスタンスラインと同じです。

例えば、上昇する株価がラインに当たるタイミングではレジスタンスラインとして意識され、
それを突き抜ければ局面が変わり、今度は下値を抑えるサポートラインに変わります。

基本的にトレンドライン等は各銘柄のチャートごとで変わりますが、フィボナッチの場合は
特定の期間を設定すれば、あとは機械的に線を引くだけで完成します。

 

ただし注意したいのが、通常のレジスタンスラインやサポートラインと同じく、フィボナッチラインも期間が長いほど精度が上がり、逆に期間が短いほど精度が低くなる傾向があることです。
つまり、5分足より日足、日足よりも週足、週足よりも月足の方が精度が高くなりやすいということ。
なぜなら、週足や月足といった長い時間足の方が、より多くの情報が詰め込まれており、信頼できるデータといえるためですね。

 

フィボナッチラインと他の指標を一緒に使って精度UP

これはすべてのテクニカル指標に言えることですが、指標を一つだけ使って売買の判断をするのは非常に危険です。
フィボナッチラインも同じく、他の指標と合わせて使用するのが基本です。

トレンドが発生していればトレンドラインやトレンド系の指標を使い、
ボックス相場の場合はレジスタンスライン・サポートライン、さらにオシレーター系のテクニカル指標を使う等、工夫してみましょう。

 

フィボナッチなんぞ知らん!とにかく手っ取り早く勝ちたい!

「フィボナッチなどまだるっこしいわ!」
「信じられるのは富・権力・力のみ」
という世紀末な思想のあなたは、ぜひこちらも利用してみてください。

こちらに無料登録すると、株のプロが選んだ銘柄が、市場営業日は毎朝送られてきます。
無料ですし、経験豊富な人が選んだ銘柄なので、ある意味フィボナッチより怪しくないかもしれません。

無料で配信された【4169】エネチェンジが数日後に+60.8%まで上昇したこともあります。

 

フィボナッチを制する者は世界を制するか?

怪しげなのに不思議と当たることも多いフィボナッチですが、使い方は非常に簡単です。
投資界隈ではこういったオカルトチックなものを好きな人と嫌いな人で明確に分かれている印象がありますが、
ぜひ食わず嫌いせずに使ってみてください。

黄金比だ美だバランスだと言われても怪しさしか感じないのは分かりますが、それにしては当たることも多いです。
たまには見えないものを見ようとして午前二時にフィボナッチを覗き込んでみましょう。

では、今日はこのへんで失礼します。また今度。

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘ (いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

 

分かりやすく勝てる方法。それは当たり屋につくことです。
ネット投資顧問は銘柄を見る目を鍛えつつ利用して継続的にお金を増やすこともできるので、もちこは常に参考にしています。
また、はめ込まれない投資をしたいと思ったときに有効なので、登録しておいて損はなさそうです。SNSや掲示板等の煽りを信じるよりも建設的。
朝夕の無料メルマガには注目の銘柄がたくさん掲載されているので、とても参考になりますよ。↓↓

[6982]リードで469.45% UP、[7863]平賀で225.81% UP等の推奨実績もあるようです。旬の銘柄…。