もちこのホラーゲーム紹介~Letter To A Friend~

もちこのゲーム紹介~ホラーゲーム~ ゲーム

 

 

こんにちわ、もちこです。
あなたは古い白黒の無声映画がお好きですか?

当時のフィルムの特徴なのか、雨が降っているような独特のポツポツというノイズが入り、酷くざらつきながら揺らぐ画面にかろうじて像を結ぶ世界は、他にはない魅力があるものです。

そんな白黒映画を再現したホラーゲームがあります。
それが今回紹介する【Letter To A Friend】
2015年にChristoph Freyさんという方が開発した作品で、PCでプレイできるフリーゲームです。

非常に短くシンプルなゲームで、音も映像も朧げな世界を彷徨うのみですが、なんともいえない魅力に溢れています。

 

終電を待つ駅のホーム

ことの始まりは、あなたは友人から一通の手紙を受け取ったことでした。
どうやらその友人は画家のようで、深夜の駅で不思議な経験をしたのだそうです。

その手紙を読み進めながら、あなたは友人の目線になって駅のホームを彷徨います。
時刻は深夜1時過ぎ。友人はアトリエから自宅のアパートに帰るために、終電を待っていました。
電車が来るには時間が早かったので、夜の静寂を楽しみつつスケッチをしていましたが、このホームには不思議な存在がいるようです。

 

時折見える微かな人影も、通り過ぎる電車も、街灯の灯りも、ホームの中にあるベンチも、すべてがざらついて粗い映像で表現されているため、正体が何もかも曖昧で、幽霊や幻想・または過去の残像のように見えます。
【確かなものはない】ということを表現するうえで、この映像はかなり適したものであると言えるでしょう。

また、ホラーゲームでありながら、無声映画を意識したものなので、BGMも効果音もほぼありません。
ポツポツとしたノイズと、フィルムが回るような音ばかりです。

 

全体的に非常に静かで、正体の見えない怖さが表現されています。
本当に短い作品で、20分もあればクリアできます。

映像と同じくストーリーもほんの僅かなものでしかありませんが、独特の雰囲気は非常に良く出来ています。
ゲームというよりもショートムービーや映像作品にも近いですが、一つの表現方法として優れたものであることは間違いありません。

フリーゲームなので、ぜひあなたもプレイしてみてくださいね。

 

では、今回はこのへんで失礼します。また今度。

Letter To A Friend

DLはこちらから。

Game Jolt - Games for the love of it

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘ (いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ