ダウ理論とは何か?チャート分析の基礎を実践的にわかりやすく解説!

ダウ理論とは何か?チャート分析の基礎を実践的にわかりやすく解説!テクニカル分析

 

 

ダウ理論とはチャールズ・ダウさんという人が作った、チャート分析の基礎にあたる6つの決まり事です。

100年前に考案された相場理論ですが、現在も全てのテクニカル分析はこの決まり事を土台として作られていますよ。

基本中の基本なので、株を始めた人はまず最初に覚えてほしい内容です。
この基本をしっかり押さえることで、
チャート分析がより分かりやすくなり、
株取引でお金を増やす・またはお金を守る術を身に着けることができますよ。

初心者さんはぜひ覚えておきましょう。

 

ダウ理論とは、チャート分析の基本

チャート分析の基本中の基本であるダウ理論は、19世紀後半に活躍した米国の証券アナリストであるチャールズ・ダウさんという方が作り上げました。

チャールズ・ダウさんと聞いて、思い当たった方もいるかもしれませんね。
そうです、チャールズ・ダウさんはNYダウという米国の株式指数を作った人であり、ウォール・ストリート・ジャーナルの創設者でもある人です。
チャート分析の基本まで作っていたんですね。

では、早速ダウさんの考えたダウ理論の具体的な内容を紹介しますよ。

 

ダウ理論の6つの原則

ダウ理論は6つの原則で構成されています。

  1. トレンドには3種類ある。
  2. トレンドは3段階に分かれている。(3段上げ)
  3. チャートには材料が織り込まれている。
  4. トレンドの変化は出来高でも確認されなければならない。
  5. 価格は相互に確認されなければならない
  6. トレンドは終わりのシグナルが出るまで継続する。

この6つです。
では、1つ1つ紹介していきましょう。

トレンドには3種類ある

まず最初に、ダウさん曰く【トレンドには3種類ある】のだそう。
それが下記の3つ。

  • 1カ月~数年単位という長い期間で見たトレンド(主要トレンド)
  • 数週間~数カ月単位で見た時の中期的なトレンド(二次トレンド)
  • そして数時間~1カ月未満単位で見た短期的なトレンド(小トレンド)

例えば、チャートで見ているときに、日足・週足・月足・年足という時間軸の違うチャートを見ることがよくありますよね。

あれで言うと、
月足・年足で見ると上昇トレンドになっているということであれば、長期トレンドは上昇中。
週足で見ても上昇トレンドになっていたら、中期トレンドも上昇中。
分足・日足が下降トレンドだったら短期トレンドは下降中、
という風に判断できるわけです。

すでにテクニカル分析でチャートに触れている人からすると当然のことと思うかもしれませんが、このダウ理論が元になっているわけです。

 

トレンドは3段階に分かれている。(3段上げ)

次にダウさんがいうには、【それぞれのトレンドは3段階に分かれている】のだそうです。
その3段階がこちら。

  1. 先行期
    一番最初は情報が速い人が買います。
    「最近あの会社の様子がおかしい。もしかしたら、何かありそう?」
    「これから上がる予感がしてきた!」
    という人たちですね。
    かなり情報通、もしくは関係者に近い人たちが、何かを察して買っている可能性が高いです。
     
  2. 追随期
    次にトレンドをフォローする人達が、いち早くトレンドを掴んで買います。
    「これは何かあったね」「流れについていこう」「上昇トレンド発見」
    という人たちです。
    ここで急激な買いが集まることが多く、チャートも大きく動きやすいです。
     
  3. 利食い期
    最後に一般大衆が買います。
    「ニュースや雑誌で見ました」「まだ行くのでは?」「集まれ集まれー」
    と、無邪気な大衆が集まり、バブルのような上昇となります。
    そして、丁度この時期に1と2の人たちの利確売りが始める段階なので下がり始め、慌てた一般大衆も売り始めることでトレンドが終わります。

先ほど解説した長期・中期・短期のトレンドの各トレンドの中では、こうした3段階の流れでトレンドを作っているということですね。

 

ダウ理論のトレンドの定義

ダウ理論の大前提として、トレンドの定義というものがあります。

定義は非常に簡単。
株価が多くの場合、波のように上下しながら上昇したり下降していますよね。

その山にあたる高値を切り上げ、谷にあたる安値も切り上げている状態が上昇トレンド。
上昇トレンド

逆に、山にあたる高値を切り下げ、谷にあたる安値も切り下がっている状態が下降トレンドです。

下降トレンド

このトレンドの定義は非常に重要なので、覚えておいてくださいね。

 

チャートには材料が織り込まれている。

3つ目は、【チャートには全ての材料が織り込み済み】というものです。

これもごく単純に、
チャートにはファンダメンタルズ情報や事件・事故などの地政学的リスク、金融政策・またはそれを支える国基盤になる経済の状況、市場に影響をもたらす重要人物の発言などの、
市場に影響を与える要因の全てはチャートに織り込まていますよ
というものです。

 

一般に投資家が知り得ない情報さえ既に織り込まれている、ということでもあるので、チャート分析がいかに大切なものか分かる考え方です。

 

価格は相互に確認されなければならない

4つ目は【価格は相互に確認されなければならない】というものです。
何やら難しそうにも見えますが、大丈夫です。これも難しくありません。

 

元々ダウ理論が作られた米国では、いわゆるダウと呼ばれるダウ工業株30種平均と、鉄道株平均というものがあったんです。
この二つの指標の両方が上昇トレンドにあった場合は、トレンドの信ぴょう性が上がりますよね。
逆に、どちらか一つの指標が下降トレンドになっていたら、そのトレンドに本当についていってもいいのか注意が必要、ということになります。

 

テクニカル的なやり方に置き換えると、
例えばトレンド系の移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表・MACDの全てで上昇トレンドを示していると、現在のトレンドが信ぴょう性の高い上昇トレンドであることが確認できます。

テクニカル系の教えでよく言われる【一つのテクニカル指標だけで判断してはいけない。色んな指標を見てから総合的に判断すべし】ということと同じですね。

 

トレンドの変化は出来高でも確認されなければならない。

次の5つ目は、【トレンドの変化は出来高でも確認されなければならない】というものです。

出来高というのは、その銘柄がどれだけ人気があるのか? が分かるものですよね。
沢山取引されながら大きなトレンドを作っている場合、【多くの人が同じことを考えている】と判断できるので、その流れは信ぴょう性が高いことが証明されています。

逆に、出来高がないのに大きく上下している場合は、少人数の人たちによって取引されて株価が動いている可能性が高いので、あまり信ぴょう性が高いとは言えません。

 

ということで、
【出来高を伴うトレンドは強いトレンド】だと言えるので、
【トレンドの変化は出来高でも確認されなければならない】わけです。

また、ダウ理論では【株価の上昇する局面では出来高も一緒に増加】し、【株価が下降する局面では出来高も一緒に減少する】と考えられています。

※ちなみに、出来高が増えるポイントはトレンドの最初と最後になりやすいという特徴があるので、覚えておくと役立つこともあるかもしれません。

 

トレンドは終わりのシグナルが出るまで継続する

最後の6つ目は、【トレンドは終わりのシグナルが出るまで継続する】というものです。

ダウ理論でいうところのトレンドは、先ほど少し紹介しましたが、
上昇トレンドは【高値を切り上げ、安値を切り上げている状態】、
下降トレンドは【高値を切り下げ、安値を切り下げている状態】
のことでしたよね。

このトレンドの定義から外れるとき、
つまり、
上昇トレンドだったのに安値を切り上げなかった、または高値を更新しなかったときは、上昇トレンドが終わるシグナルとなります。

下降トレンドの終わり

上昇トレンドの終わり

ダウ理論では、この終わりのシグナルが出るまではトレンドが継続するということを言っているんです。

 

投資の基本はトレンドフォローと言われていますが、もしトレンドフォローをしている時にこのシグナルが出たら、手じまいを意識する頃合いということですね。

 

ダウ理論以前に良い銘柄探せない!という場合は

「ダウ銘柄については分かったけど、そもそも上昇しそうな銘柄が分からない!」
「そんなことより大化け銘柄教えなさいよ」

というあなたには、こちらの無料メルマガで市場営業日は毎日もらえる無料銘柄を参考にしてみるのはいかがでしょうか。

新生

無料なのに+20%くらいの騰落率になる銘柄を教えてくれることもあって、私はよく参考にしています。
どうしても勝てない時の頓服薬として、さらに現状の利益で満足できない時にどうぞ。

 

ダウ理論はテクニカル分析の基礎

以上でダウ理論は終わりです。
文章で読んでもいまいち分かりにくい…という時は、あなたが持っている銘柄や保有を検討している銘柄のチャート、または日経等の指数で確認してみると分かりやすいです。

ダウ理論の6つの決まりは、多くのテクニカル分析の基礎になっています。
これを知ることで、様々なテクニカル指標を使うことができるというわけです。

 

株の世界でもFXでも使われるテクニカル指標の基礎になっているので、ぜひ覚えてみてください。
(FXでは出来高が重要視されることは少ないので、出来高の箇所のみ勝手が違うかもしれません)

ダウ理論をばっちりマスターして、より良い取引ができるようになることを願っています。
では、今回はこのへんで失礼します。また今度。

 

 

🥰よく読んでもらえています🥰

モノグサでだらしない私が株で勝つ方法

年収300万OLの悲惨すぎる貯金事情

もう無理…不満が大爆発した節約術

 

ランキングに参加しています! ブログが面白かったらぽちっとお願いします😘

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

「このブログの読者になってやるぜ仕方ないな」という男気溢れる方はこちらをぽちっと。↓

株初心者もちこのゆるゆる株日記 - にほんブログ村