迫りくる死

落ち込みもちこ トレード記録

 

 

こんにちわ、もちこです。

不穏な空気いっぱいというか、もはや一面焦土と化したような相場になりました。
まさに歴史的な一日です。本当に関ヶ原です。
こんなに激しい下落相場に直面するのは、ついているのかついていないのか、多分両方なのかもしれません。
この歴史的な日に相場にいることが、いっそ少し面白く感じてきます。
日経を見ても、「ハンッッwwwww」というよくわからない悲鳴しか出てきません。

 

 

まさかここまで巨大な暴落に巻き込まれることになるとは思いませんでした。
リセッションが本当に来てしまうのかもしれません。
つい先日まで、毎日のように米国主要指数の史上最高値更新されていたのが、本当に遠く感じます。あれは何だったの……? MABOROSHI……?

 

 

今日はトイレで日経を確認するたびに、一人で【あしたのジョー】スタイルでうなだれることは間違いないでしょう。
まさに真っ白な灰になるまで日経はやられています。ボコボコです。

クロトンはどうするのでしょうか。この状況で一体何をするんでしょうか。
私がクロトンだったら、昨日に引き続き布団の中でカービィでもやっています。ププランドから出てきません。

辛いと思いますが、クロトン頑張って。本当に頑張って。

 

 

日経は一瞬だけ16,000円を割る場面もありつつ、前引け時点では17,081.14円。前日比は-1,478.49円で-7.97%です。
東証1部の値上がり銘柄数は全体の0%。6銘柄のみ。
他の市場もほぼ値上がりしている銘柄はありません。

同市場の売買代金は既に2兆を超えており、引けまでに4兆までいくかもしれません。

 

 

昨晩のダウが悲惨過ぎました。阿鼻叫喚地獄どころではなく、まさに生き地獄の様相です。
この短期間で再びサーキットブレーカーが発動し、-9.99%の下落率となりました。

恐怖指数は75.47
リーマンショック時で過去最高の89.53、VIXショックで50.30でしたから、今回のコロナウイルスによるパンデミックがどれほど恐ろしいものなのかが分かります。

ただ、気になるのはドル/円で105円台になっていることです。
これは何が起きているのでしょうか。円安になっていてもおかしくないと思うのですが。

 

 

中国や日本等、早期にコロナウイルスの脅威に晒された国ではすっかり解決の兆しが見えているように思いますが、世界に目を移すと、解決の兆しどころか日に日に状況が悪化しているように見えてなりません。
日本の五輪開催も心配になってきます。

とにかく不安な材料しかない相場が続きますが、歴史的な暴落など、そうそう経験できるものではありません。
勉強できることばかりの状況と言い換えることもできるので、引き続き観察を続けたいと思います。

 

では、また夜に。

 

 

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘ (いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

 

退場するのはちょっと待った! こちらのレポートを読んで、少し落ち着いてみましょう。
↓↓もちこがいつもお世話になっている投資顧問さん↓↓

無料で会員登録すると、市場がやってる日なら毎日無料メルマガで1つ銘柄を教えてもらえますよ。
プロの選ぶ銘柄は勉強にもなるので、よく利用させてもらっています。

 

↓↓もちこがいつもお世話になっている証券会社↓↓