キャッシュフロー計算書とは何か?見方のコツを分かりやすく解説

キャッシュフロー計算書とは何か?見方のコツを分かりやすく解説 株の基礎知識

 

 

キャッシュフロー計算書とは、会社のお金の流れをわかりやすくまとめたものです。
つまり、どんなお金が入ってきて、どんなお金が出ていったのかがわかります。

また、その会社の将来性や、信頼できるお金の使い方をしているのかまで確認できてしまうので、株式投資をするうえでは非常に大切な書類なんです。

 

最初は少しとっつきにくいかもしれませんが、キャッシュフロー計算書は決して難しくありませんよ。
ここでは分かりやすくキャッシュフロー計算書について解説しているので、サクッと覚えて投資に役立ててしまいましょう。

 

キャッシュフロー計算書とは何か?

では早速、キャッシュフロー計算書について解説します。
キャッシュフロー計算書とは…

  • お金の流れをまとめた書類です。
    会社に入ってきたお金、出ていったお金をまとめてあります。
    どれだけ稼ぎ、どれだけ投資をしていて、どうやって資金を調達しているのかを見られますよ。

  • 上場企業は必ず作成する必要があります。
    上場していない場合は作成しなくてもOKです。

  • 財務3表の1つです。
    財務3表=いわゆる【決算書】と呼ばれるもので、貸借対照表(B/S)・損益計算書(P/L)・キャッシュフロー計算書(C/F)のこと。

また、キャッシュフロー計算書は会社の成長性や、会社が持っているキャッシュがどれだけ余裕のあるものなのか確認することもできるので、投資するうえで非常に重要な書類の1つといえます。

貸借対照表や損益計算書と合わせて確認することで、より正確な会社の状況が判断できるようになりますよ。

 

キャッシュフロー計算書には何が書いてあるの?

キャッシュフロー計算書を構成するのは3つの項目です。

  1. 会社にあるお金が、本業でどれだけ稼いだもので(営業活動によるキャッシュフロー)
  2. どれだけ将来のために使っていて(投資活動によるキャッシュフロ-)
  3. 借金と返済しているお金がどれだけあるのか(財務活動によるキャッシュフロー)

まさに会社のお金の流れを分かりやすく見える化しているというわけです。
では、これらについて、細かく見てみましょう。

 

営業活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフローとは、本業でどれだけ稼いでいるのかまとめられたものです。
本業と言うのは、例えば本屋さんだったら本を売るのが本業で、化粧品メーカーだったら化粧品の販売が本業です。

ここがプラスだと本業で順調に稼げており、マイナスだと本業が不調であることを示します。

 

時々、損益計算書では黒字なのに、ここでマイナスになっていることがあります。
それが何を示すかというと、商品やサービスの売上はあるものの、現金が回収できていなくて現金が少ない状態になっている可能性がありますよ。

これが続くと最悪の場合、【黒字倒産】という結末を迎えてしまうこともあるので注意しましょう。
現金がない会社はできることが限られてしまううえ、突発的な出費に耐えられないため、会社が傾くリスクが高くなります。

 

投資活動によるキャッシュフロー

投資活動によるキャッシュフローでは、何にどれだけお金を使ったのか、を表しています。

会社の設備等の固定資産や有価証券(株・債権など)にどれだけ使っているのかを確認できますよ。

つまり、会社の将来を見据えた投資をしているか見ることができるので、ここで盛んにお金を使ってマイナスになっていると、将来性のある会社である可能性がありますよ。

 

財務活動によるキャッシュフロー

財務活動によるキャッシュフローでは、借金がどのくらいあって、返済したお金がどのくらいあるのか、を示します。
つまり、会社がお金を調達した状況を確認できるわけです。

 

株主からもらったお金や、銀行から借りたお金や社債によって調達した資金があればプラスになり、
逆に株主に配当という形で積極的に還元したり、借り入れたものを返済しているとマイナスになります。

かといって
「プラスだから返済より借入が多い! やばい!」
ということではなく、プラスになっていても今後の事業を拡大するために借入を行っている、または多額の借入をできるだけの信頼を勝ち得てきた、という解釈もできるため、むしろ成長性がある場合もあります。

他の項目や、損益計算書、貸借対照表も確認して判断してみましょう。

 

フリーキャッシュフロー

最後に、3つ以外に大切になるのが【フリーキャッシュフロー】です。
これは【営業キャッシュフロー】-【投資キャッシュフロー】によって求めらた数値で、
つまり会社が自由に使えるお金ということになります。

 

自由に使えるお金があるということは、突発的な出費に耐えうるだけの体力があり、借金を返済することも出来ますし、株主へ配当として配ることも、貯蓄をすることもできます。
会社を運営するうえでの体力があるということですね。

逆にマイナスである場合は、会社の体力が少なく、できることが限られているとも言えます。

 

ただし、投資キャッシュフローがマイナスになっていて、非常に積極的に投資を行っているが故に、フリーキャッシュフローがマイナスになっていることもあります。
この場合は、むしろ将来性がある会社であるとの判断にもなりますよね。

フリーキャッシュフローが少ない、またはマイナスだからとって悲観するのではなく、総合的に判断してみてください。

 

理想的なキャッシュフロー

【お金はあればあるほど良い】と思うのは、会社でも個人でも同じです。
なので、キャッシュフローを見ていると、つい【プラスってことは良いってことなんだろう】と思ってしまうかもしれませんが、キャッシュフロー計算書の場合は少し違います。

 

例えば、営業キャッシュフローはプラスである方が良いです。
本業での稼ぎが大きいということですから、ここはプラスが嬉しいです。
ただし、ベンチャー企業の場合はここがマイナスになっていることも珍しいことではありません。

 

更に、投資キャッシュフローでプラスになっていると、投資しているもので利益が出たということで一見良いことに見えますが、会社を大きくするための積極的な投資をしているかどうか、という点では【?】なのです。
むしろ、事業を拡大するために設備投資等を積極的に行っているという意味で、マイナスになっている方が良いと言われています。

 

最後に財務キャッシュフローに関しても同様に、プラスだから良いというわけでは決してありません。

財務キャッシュフローの項目で少し解説していますが、プラスであれば資金を借り入れるだけの信頼を勝ち得たために借り入れていたり、事業を大きくするための資金ということで将来性を感じることができます。
逆にマイナスだとしても借金を順調に返済できていたり、株主に配当金として還元しているという事実が隠れていたりします。

一番良いとされているのは、営業CF+、投資CF-、財務CF-という状況です。
本業でしっかり稼ぎながら、積極的に投資も行い、借金も返済していると判断できるからですね。

 

逆に、投資するにはやや不安なのが、営業CF-、投資CF+、財務CF+という状況です。
本業の利益は少なく、投資も消極的、更に借入金も多いと判断できるためです。

このように様々なパターンが考えられるので、全体を見ながら慎重に判断してみてくださいね。

 

では、今回はこのへんで失礼します。また今度。

 

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘ (いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

 

分かりやすく勝てる方法。それは当たり屋につくことです。
直近では[6982]リードで+469.45%という脅威の利益を叩き出すなど、ありえない銘柄を推奨しています。
無料で会員登録すると、市場がやってる日なら毎日無料メルマガで1つ銘柄を教えてもらえますよ。
↓↓もちこがいつもお世話になっている投資顧問さん↓↓

無料で会員登録すると、市場がやってる日なら毎日無料メルマガで1つ銘柄を教えてもらえますよ。
プロの選ぶ銘柄は勉強にもなるので、よく利用させてもらっています。