貸借対照表とは何か?初心者でもわかりやすい見方を解説!

貸借対照表とは何か?初心者でもわかりやすい見方を解説! 株の基礎知識

 

貸借対照表とは、会社の全財産の内訳を表にしたものです。
Balance Sheetの略でBSとも呼ばれています。
いわゆる決算書と呼ばれるものの1つで、企業にとって非常に重要な資産がまとめられた表です。
財務3表と呼ばれるものの1つでもあります。(残りの2つは損益計算書・キャッシュフロー計算書です)

会社が持つ財産の全て(資産)
返す必要のない自社の資産(純資産)
返す必要がある資産(負債)
の3つに分けられ、会社が持つ資産の全てがわかるようになっていますよ。

 

個人に置き換えると、持っている土地や家、貴金属、現金がどのくらいあって、その内の何割がお給料で、どのくらいが貯蓄なのか。
また、銀行やカード会社からのローンや借金がどのくらいあるのか、ということを表にされていると、自分の資産を分かりやすく眺めることができますよね。

他の財務諸表と一緒に見ることで、その会社がどれだけ健康なのか、どれだけ成長できる見込みがあるのかというところまでわかってしまいます。

今回は貸借対照表をばっちり覚えて、決算書から会社の未来を予測してみましょう。

 

貸借対照表とは何か

では早速貸借対照表を解説してみますよ。
貸借対照表は大きく3つに分けられています。

  • 資産
    全財産の内訳です。
    流動資産と固定資産に分けられていて、表の左側に位置しています。
    資産の合計は必ず負債と純資産の合計と同じになります。
  • 負債
    返さなければいけない資産のことです。他人資本とも言います。
    流動負債と固定負債の2つで構成されており、表の右側にあります。
  • 純資産
    返さなくても良い資産、会社の持つ純粋な資産のことです。自己資本とも言います。
    株主からもらった資金や、事業で生まれた利益の貯蓄等がここにあたります。

では次に、それぞれを細かく確認してみましょうね。

 

資産の内容は流動資産と固定資産

資産の項目では、【会社が持っている資産がどんな形のものか】がまとめられています。
資産と言っても現金だったり土地だったり設備であったりと、様々な形があるため、その会社がどんな財産を集めているのか、株主としては気になるところです。

ここでは、現金でいくら持っていて、売掛金がいくらで、土地や建物でいくら持っているという内容を確認できるようになっています。

資産は大きく分けて2つに分けられていて、

  • 1年以内に現金化できる流動資産
  • 現金化する時に1年以上かかる資産・長期間使用する物が含まれる固定資産

の2つに分けられています。
上から順に流動性の高い(現金化しやすい)資産となっていて、下に行くほど流動性が低いです。

流動資産

1年以内に現金化できる資産は、【流動資産】としてまとめられています。
現金・預金、受取手形、売掛金、商品及び製品、棚卸資産、有価証券等が含まれます。
経理のお仕事に関わっていない限り、各項目は何のことかピンときませんよね。
もう少し内容に踏み込んでみますよ。

 

現金・預金

会社が持っている現金や預金のことで、小切手もこの中に含まれます。
現金や預金を多く持っていると、思いがけない出費があっても安心で、なおかつ新しい事業を始める際に様々なことができるので、多い方が良いとされています。

売掛金

売掛金はサービスや商品を売って、その代金を受け取るという約束のことです。
例えば私がお餅を売ったとして、売った相手と「料金は1週間後に払いますよ」という約束をしていることが売掛金に当たります。

受取手形

売掛金を手形という形にした物が受取手形です。
手形という形にしているので、売掛金よりも拘束力が強くなります。

商品及び製品

商品も製品も同じ物に思えますが、貸借対照表でいう商品と製品には違いがあります。
【商品=他社から仕入れたもので、そのまま販売できる状態のもの】
【製品=その会社で作ったもの】
という扱いです。

棚卸資産

業種によっては材料や商品・製品等の在庫を抱えている場合がありますが、それらが棚卸資産にあたります。

棚卸資産とは企業が抱える在庫のことなのですが、実はかなり細かく在庫を確認することができます。

まず、【原材料】というのは製造するために必要な材料のことです。
そこから制作を開始して、【仕掛け品】という制作途中のものになります。
さらに制作が進むと【半製品】という状態になり、一応そのままでも販売可能な品物へと変わります。
そして最後は自社で作った【製品】になって完成という流れですね。

他にも【貯蔵品】というのがありますが、これは製品を作るうえで必要になる消耗品の中で、まだ使っていないもののことを言います。
【原材料】と【貯蔵品】は違うので、注意してください。

 

※例えば卵焼きを作るとします。
卵が【原材料】で、火を起こす燃料やフライパン等の作るための消耗品の未使用のストックが【貯蔵品】です。
溶き卵が【仕掛品】で、半熟のスクランブルエッグが【半製品】、卵焼きの形に成形して完全に火が通った状態の完成品が【製品】です。

 

棚卸資産を異常に多く抱えている企業というのは、株主からするとやや不安かもしれません。
なぜなら、棚卸資産はあくまで販売しなければお金にはならないからです。
できるだけキャッシュを持っている方が安心です。

 

他にも企業によっては様々な流動資産を保有しています。
業種によって保有する流動資産が変わるので、その業種ごとにどのような流動資産があるのか調べてみると企業に対する理解が深まることでしょう。

 

固定資産

流動資産の逆で、1年以内に現金化できないもの、または長く使用・保有するものは固定資産として表にまとめられています。
土地・建物・設備・特許権・営業権・ソフトウェアなどが固定資産として扱われます。

ただし、不動産のように土地や建物のそれ自体を売買する場合は、流動資産として扱われることもあります。
あくまで長期にわたって使用したり、保有する資産が固定資産です。

負債

いずれ必ず返さなければならない負債をまとめた項目です。
他人資本とも呼ばれます。
銀行をはじめとした金融機関から借りた資金や、社債などで調達した資金がまとめられています。

こちらも資産と同じく流動と固定の2種類で構成されています。

  • 1年以内に返済・支払う必要のある流動資産。
  • 返済・支払いまでの期間が1年以上ある固定資産。

資産と同じく、早く支払う順に上から並んでいます。

流動負債

1年以内に支払い期限がある負債です。
支払手形や買掛金、未払金がここに入ります。

買掛金

商品やサービスを購入した時に、「代金は後で支払います」という約束のことです。
売掛金の逆と考えるとわかりやすいです。

支払手形

商品やサービスを購入した時に、「代金は後で支払います」という約束を手形にしたものが支払手形です。
こちらも受取手形の真逆と考えるとわかりやすいです。

短期借入金

1年以内に返さなければいけない借入金のことです。
ここがかなり多額になっていると、財務的に少し不安がある状態と見る場合があります。
なぜなら、1年以内に多額の支払いが生じるので、会社を運営する資金が少なくなることが想定されるためです。
※ただし、ここだけではなくて総合的に判断します。

固定負債

返済・支払期限が1年以上の負債は固定負債としてまとめられます。
主に社債・長期借入金で構成されていることが多いです。

社債

会社が資金調達をするために発行する債券のことで、支払期限が1年以上のものが多く固定負債として扱われることが多いです。
※社債というのは国債の会社バージョンと考えるとわかりやすいです。

長期借入金

支払期限が1年以上の借入金のことを長期借入金と言います。

どんな会社にも負債はつきもの

負債とは要するに【借金】のことなので、良いイメージは持てないかもしれませんが、どんな会社でも負債は抱えているものです。

なぜなら、会社で事業を行うということは、ある程度大きな資金が必要で、それに伴って借入を行うことになるためです。

ただし、それを過剰な固定資産に充てたりしていると、いわゆる無駄遣いになってしまいますよね。
家計簿と同じで、無駄を省き、必要以上の出費を防ぐことで、 自己資本を守ると同時に負債を抱えない工夫をして、健全な財務体質を作ることができるというわけです。

※ただし、負債がゼロである会社は安全なのかというと、そう簡単なことではないようです。
なぜならその会社に信用がなく、お金を貸してくれる金融機関がないという可能性もあるためです。
もし極端に負債が少ない会社があったとしたら、現金・預金の項目でどのくらいキャッシュを持っているのか、過去に金融機関との取引実績があるのか、という点を必ず確認してみましょう。

純資産

純資産というのは株主から出資されたお金や、会社で行なってきた事業の中で生まれた利益の貯蓄分です。
返す必要のない資産であり、自己資本とも呼ばれます。
以前自己資本の記事でも解説しましたが、自己資本が高いほど会社としては安心安全だといえます。
(※ただし先程も出てきましたが、自己資本比率100%は危険です)

  • 資本金
    株主から出資されたお金というのは、会社を始める時に株を売って作ったお金のことです。
  • 利益剰余金
    資本金を使って会社を立ち上げ、事業によって生み出された利益が利益剰余金となります。

債務超過にご注意!

純資産を見るうえで注意したいのが、債務超過です。
債務超過とは、純資産の合計額ががマイナスになってしまっている状態のことです。

どういうことかというと、利益剰余金がマイナス、つまりこれまで積み立ててきた貯金を切り崩して全て使い切り、マイナスになってしまったとします。
更に、そのマイナスが資本金や資本準備金といった他の純資産の合計よりもマイナスになってしまうと、純資産がマイナス=債務超過の完成です。

上場企業の場合は、3期連続で債務超過となってしまうと上場廃止が決まります。
上場廃止となる可能性のある銘柄は、初心者にとっては非常に危険です。
債務超過に気付かずに投資しないよう、純資産がマイナスになっていないか確認してみましょう。

 

怖い会社に投資したくない!というときは

「債務超過や財務体質が悪い会社には投資したくない!」
「今私が持っている銘柄のお金の管理って本当に大丈夫?」
というのが自分で見ても分からない、または自信がない場合は、プロに相談してみるのも良いです。

こちらでは無料登録するのみで保有銘柄の相談ができたり、プロの目線で選ぶ成長の見込みがある銘柄を教えてもらえます。
分からないことが多く、不安なときは頼ってみるのも1つの手段です。
無料の銘柄や銘柄の相談のみであればずっと無料なので、お金はかかりません。(私も毎日のデイトレやスイング銘柄を参考にさせてもらっており、ずっと利用させてもらっています)

 

貸借対照表はバランスが大事!

バランスシートと呼ばれるだけあって、貸借対照表はバランスが非常に重要です。

例えば流動資産と流動負債を見てみましょう。
流動資産と流動負債は、同じ一年という期限の中で現金化できる資産、支払わなければならない負債のことでしたよね。
流動負債よりも流動資産が少ない場合は、入ってくるお金よりも出て行くお金が多いと考えることができるので、会社の財務にやや余裕がないかもしれません 。

逆に、流動負債よりも流動資産が多ければ、出ていくお金よりも入ってくるお金が多い、健全な財務体質であることが予想されます。

また、純資産に対して負債が多く、なおかつ固定資産よりも流動負債が多い状態で固定資産が多くなっていると、かなり無理をして固定資産を買っている可能性があります。
自分たちの貯蓄は少なく、1年以内に返さなければならない借入金を使って大きなお買い物をしてしまったということですね。

このように、貸借対照表から読み取れる情報は非常に多く、会社のお金の使い方から財務体質までわかってしまうんです。
ぜひあなたも貸借対照表から、その会社が投資対象として安全かどうか確認してみてくださいね。

 

では、今回はこのへんで失礼します。また今度。

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘ (いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

↓↓もちこがいつもお世話になっている投資顧問さん↓↓

無料で会員登録すると、市場がやってる日なら毎日無料メルマガで1つ銘柄を教えてもらえますよ。
プロの選ぶ銘柄は勉強にもなるので、よく利用させてもらっています。

 

※当ブログに掲載されている銘柄や投資の情報は株初心者もちこの見解で、売買を推奨するものではけっっっっっしてありません。
仮に売買したとしても
「あいつのせいでお弁当とか餃子についてくる袋に入ったお醤油の【どこからでも開封できます】がぐにゃぐにゃになって開封できなくなった。泣きたい」
ということになりますよ。本当です。
だから全く参考にしないでくださいませ。投資は自己責任でお願いします。