出来高は大切です。

出来高は大切です。 トレード記録

 

こんばんわ、もちこです。
今日は地合いが悪い一日でした。

 

先週の金曜はトランプさんがイラクに対する攻撃を承認していたという件で緊張感が高まり、ダウ・NASDAQ・S&P500が揃って下落しました。

それをうけて日経平均も下がるかと思われましたが、意外なことにそこまで下げず、むしろ今日は小幅なプラスで終えています。

 

東証一部の売買代金が1兆4,115億円と非常に薄商いでしたが、JASDAQ S・JASDAQ G・マザーズは金曜から大幅な変化はなかったので、新興市場の取引は活発だったのかもしれません。

 

 

 

ちなみに、私が今日監視していたのはこんな銘柄でした。

6月24日監視銘柄

最近の悩みなのですが、朝の時点でどれが大きく上昇するのか、なかなか想像がつかないのです……。

 

どうやったらわかるかなぁと思ったので、一番動きが良かったREMIXと新日本電工とリプロセルと比較してみることにしました。

 

 

 

 

まずはこれがREMIX(3825)。

REMIX

引けにかけて下落していますが、10時頃にインして14時ころに売れたら最高でしたね……。

たらればの話をしても仕方ありませんが、ここでインするためにはどうしたら良かったでしょうか。

 

10時過ぎに流れが反転する直前に大陰線を引いていて、14時より少し前に大陽線を引いているのが気になりますね。

うーん、しかも大陰線と大陽線は、出来高も伴っていて多くの人が売買したってことですから、流れが変わる可能性が高いということになるのでしょうか。

次に気になる銘柄を取引する際は、出来高・大陰線・大陽線に注目ですね。

 

 

 

次に、新日本電工(5563)を見てみましょう。

新日本電工

 

5分足がかなり特徴的な形をしていますが、これは5分という時間の中でも1円ずつしか動いていなかった=取引量、つまり出来高が少なかったということですよね。

私のような初心者が、この銘柄でデイトレをするのはかなり難しかったと思います……。

 

 

 

さらに、今度はリプロセル(4978)です。

リプロセル

これも出来高が少なかったようですね。
5分足で見てもかなり少ないことがわかります。

これもデイトレは難しい銘柄といえそう。

 

 

 

 

さて、3つの銘柄を見てきましたが、この中で一番値幅が取れて私にとって現実的な取り引きができそうなのはREMIXでした。

なぜなら、出来高が非常に多いから。

リプロセルが新日本電工の場合は、先が読みにくい上にREMIXに比べると出来高が少ないのが気になります。

 

そんなわけで、今後は朝の出来高も重視して取引に挑戦してみようかと思います。

 

 

 

 

と、言いながら、実は私は日足で見て良さそうと思った新日本電工を100株だけ買ってみました。

今回はデイトレではなくてスイングくらいで考えています。

 

買った理由はごく単純で、直近の高値だった205円を超えていて、なおかつこの地合いでも健闘していたためです。(最後は前日比-1で引けているのが気になりますが……)

 

ちなみに、新日本電工は特に材料は出ておらず、今は恐らく需給のみで動いています。

どうなるのか楽しみですね。

 

 

では、またこんど。

 

 

 

 

 

 

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓押して応援お願いします三└(┐Lε:)┘
(いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

コメント